キャリーバッグの捨て方決定版! 便利でお得な処分方法!

1.キャリーバッグを捨てる前に基本を学ぼう

最初に、キャリーバッグの基本を学びます。何ごみに当たるのか、についても理解しておきましょう。

1-1.キャリーバッグとは

キャリーバッグとは、底に移動用のキャスターが付いたバッグのことです。日本では、スーツケースと同様の意味を持ちます。重い荷物を楽に運ぶことができることから、旅行用に向くバッグです。また、持ち手部分は伸縮できるものが多く、使う人の身長に合わせて調整できます。素材は、ハードプラスチックや布製・革製が多く、デザインも豊富です。

1-2.キャリーバッグは何ごみか

キャリーバッグは、素材や大きさによってごみの種類が異なります。詳しくは、お住まいの自治体に確認してください。大きさにかかわらず粗大ごみとするところもあれば、縦・横・高さがすべて50センチメートル以下の大きさなら燃えるごみで処分できるなど、自治体によって異なります。ごみとして出すときは、必ず自治体のルールに従ってください。

2.キャリーバッグを自分で捨てるには

キャリーバッグを自分で捨てるときについて必要なことを学びましょう。自治体によって分別(ぶんべつ)方法が異なるので注意してください。

2-1.自治体の分別(ぶんべつ)方法をチェックしよう

キャリーバッグを解体し、素材ごとにわけることで、燃えるごみ・不燃ごみなどとして出すことができます。ファスナーやカギなどの金属部品・キャスター部分などのプラスチック部品や布などそのほかの素材にわけましょう。それぞれの素材を自治体指定のごみの日にわけて出せば完了です。燃えるごみや不燃ごみなどで出すことができれば回収費用は掛かりません。

2-2.キャリーバッグの解体について

解体作業をするときは、はさみやペンチなどの工具を使って進めましょう。作業中は、金属やプラスチックの部分で指などを切らないように気を付けてください。なお、燃えないごみや不燃ごみとして出すためには、自治体が指定する大きさ以下にすることがコツです。まずは、自治体の規定を確認してください。

2-3.自治体に処分を依頼するときの手数料

自治体に粗大ごみとして出す場合は、手数料が必要になります。なお、手数料の金額は、自治体ごとに設定が異なるので確認してください。

  • キャリーバッグ1個に付き:数百円程度

2-4.キャリーバッグを自分で処分するときのメリット・デメリット

自分で捨てるときのメリットとデメリットを学びましょう。

2-4-1.メリット

  • 1個だけなら処分費用が安い(粗大ごみの場合でも1個数百円程度)
  • 自治体が確実に処分してくれるので安心

できるだけ処分費用を安く済ませたい人には、自治体に処分を依頼するメリットが大きく感じることでしょう。

2-4-2.デメリット

  • 自分で集荷場所に運ぶ必要がある
  • 粗大ごみの場合、キャリーバッグの個数分の手数料が必要
  • 集荷日時・場所を自分で指定できない
  • 粗大ごみの集荷手続きが面倒

キャリーバッグを粗大ごみとして出す場合は、何かと手間や面倒が多いことがデメリットと言えます。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!