【お役立ち】キャリーバッグの捨て方決定版! 便利でお得な処分方法!

2.キャリーバッグを自分で捨てるには

キャリーバッグを自分で捨てるときについて必要なことを学びましょう。自治体によって分別(ぶんべつ)方法が異なるので注意してください。

2-1.自治体の分別(ぶんべつ)方法をチェックしよう

キャリーバッグを解体し、素材ごとにわけることで、燃えるごみ・不燃ごみなどとして出すことができます。ファスナーやカギなどの金属部品・キャスター部分などのプラスチック部品や布などそのほかの素材にわけましょう。それぞれの素材を自治体指定のごみの日にわけて出せば完了です。燃えるごみや不燃ごみなどで出すことができれば回収費用は掛かりません。

2-2.キャリーバッグの解体について

解体作業をするときは、はさみやペンチなどの工具を使って進めましょう。作業中は、金属やプラスチックの部分で指などを切らないように気を付けてください。なお、燃えないごみや不燃ごみとして出すためには、自治体が指定する大きさ以下にすることがコツです。まずは、自治体の規定を確認してください。

2-3.自治体に処分を依頼するときの手数料

自治体に粗大ごみとして出す場合は、手数料が必要になります。なお、手数料の金額は、自治体ごとに設定が異なるので確認してください。

  • キャリーバッグ1個に付き:数百円程度

2-4.キャリーバッグを自分で処分するときのメリット・デメリット

自分で捨てるときのメリットとデメリットを学びましょう。

2-4-1.メリット

  • 1個だけなら処分費用が安い(粗大ごみの場合でも1個数百円程度)
  • 自治体が確実に処分してくれるので安心

できるだけ処分費用を安く済ませたい人には、自治体に処分を依頼するメリットが大きく感じることでしょう。

2-4-2.デメリット

  • 自分で集荷場所に運ぶ必要がある
  • 粗大ごみの場合、キャリーバッグの個数分の手数料が必要
  • 集荷日時・場所を自分で指定できない
  • 粗大ごみの集荷手続きが面倒

キャリーバッグを粗大ごみとして出す場合は、何かと手間や面倒が多いことがデメリットと言えます。

3.キャリーバッグの捨て方:業者の下取りによるもの

キャリーバッグを業者に下取りしてもらうことも可能です。条件や方法・手数料など、メリット・デメリットを比べて検討してみましょう。

3-1.キャリーバッグは下取りできるのか

人気メーカーや状態のいいキャリーバッグは、下取りしてもらえることがあります。業者が下取りサービスを行っていることを確認してから利用しましょう。ただし、下取りサービスを行っていても、対象となるメーカーや条件の指定があることがあるので確認してください。

3-2.リサイクルショップなどの下取りについて

リサイクルショップなどでは、中古品として再販することを目的にキャリーバッグを下取りしていることがあります。ただし、何でも下取りしてもらえるわけではありません。たとえば、カギの部分が壊れている・大きな傷や汚れがある・全体的に傷みが激しいなど、下取り不可と言われることもあるので注意しましょう。なお、リサイクルショップでは処分だけの取り扱いはありません。下取り不可の場合は、持ち帰る必要があります。

3-3.キャリーバッグで人気のメーカーについて

主な人気メーカーは、以下のとおりです。

  • サムソナイト
  • リモワ
  • エース
  • タイタン
  • デルセー
  • ブリックス

人気メーカーのキャリーバッグは、中古でもほしがっている人がたくさんいます。業者の下取りでも査定で有利になることが多いので覚えておきましょう。

3-4.キャリーバッグを下取りしてもらう方法・手数料

キャリーバッグを下取りしてもらうためには、新しいものを購入することが条件です。そのため、キャリーバッグを購入する店舗に、下取りしてほしいものを持ち込みしてください。下取りの場合は、手数料は無料のことが多くなります。理由は、下取りが新しいキャリーバッグを購入してもらうためのサービスだからです。また、業者や条件によっては数千円程度のキャッシュバックがあります。

3-5.キャリーバッグを業者に下取りしてもらうメリット・デメリット

業者にキャリーバッグを下取りしてもらう場合、どんなメリットやデメリットがあるのか解説します。

3-5-1.メリット

  • 新規購入と同時に処分できて無駄が無い
  • 業者に持っていくだけなので手続きが簡単
  • 手数料が無料、さらにキャッシュバックがあることもある

下取りサービスは、キャリーバッグの買い替えを考えている人に大きなメリットがあると言えます。

3-5-2.デメリット

デメリットもしっかり学んでから利用を検討してください。

  • 条件によっては下取り不可のこともある
  • 新規購入者以外は利用できない
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!