ビデオカメラの寿命は何年ぐらい?買い替えの目安とは?

家族のいろいろな行事を手軽に撮影できるビデオカメラ。
子どもが生まれたのをきっかけに購入する方も多いでしょう。
しかし、久しぶりにビデオカメラを使おうとしたら、うまく撮影ができなかったということも多いのです。
そこで、今回はビデオカメラの寿命についてご説明します。
実は、ビデオカメラの保管方法によっては寿命が短くなる場合もあるのです。
また、不要になったビデオカメラの処分方法もご紹介しましょう。
ビデオカメラの買い替えを検討している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. ビデオカメラの寿命を左右するものとは?
  2. ビデオカメラの寿命が近づくと起こりがちなこととは?
  3. ビデオカメラを処分する際の注意点とは?
  4. ビデオカメラを処分する方法とは?
  5. おわりに

1.ビデオカメラの寿命を左右するものとは?

まず始めに、ビデオカメラの寿命を決める部品をご紹介します。
劣化しやすいものとしにくいものの違いは何でしょうか?

1-1.ビデオカメラが使えなくなる原因の第1位とは?

ビデオカメラが使えなくなる原因の多くが、バッテリーの劣化です。
久しぶりにビデオカメラを使おうと思ったら、バッテリーが充電できなくなっていたり充電してもすぐになくなったりすることも少なくないでしょう。
また、バッテリーの中から液体が出て内部がダメになってしまっていたという例もあります。

1-2.使用状況が劣化を招くこともある

ビデオカメラはいろいろな場所で撮影します。
中にはとても暑い場所、寒い場所で撮影したり撮影時に強風が吹いていて、空気中にいろいろなものが混じっていたりすることもあるでしょう。
さらに、撮影後のカメラを温度変化が激しい場所に置いておくと部品が劣化して使い物にならなくなることもあります。

1-3.記録媒体が古くなることもある

現在のビデオカメラはHDD録画が主流です。
しかし、10年ほど前まではDVD録画が主流でした。
その前は、ビデオテープに録画していたのです。
つまり、ビデオカメラの記録媒体は約10年ごとに入れ替わっています。
ですから、めったに使わないため新品同様なビデオカメラでも、記録媒体が手に入らずに使い物にならなくなることもあるのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!