エレクトーンの寿命はどのくらい?買い替えの目安や処分方法とは?

2.エレクトーンの寿命とは?

エレクトーンはピアノなどと違い、電気がなければ動きません。
楽器であると同時に電化製品でもあるのです。
ですから、調律さえしっかりと行っていれば、100年近くはもつピアノに比べると、やはり寿命は短いでしょう。
毎日数時間使っていると、10年ほどで部品が劣化してきます。
鍵盤を押しても音が出なくなったり、ボタンを押しても音が出なくなったりするのです。
また、今のエレクトーンは、フラッシュメモリーに音色やリズムを記録しておけます。
この読み取り機能が壊れてしまったというケースも多いでしょう。
さらに、電源部分が壊れてしまうこともあります。

3.古いエレクトーンでは演奏が不可能になる?

エレクトーンの寿命は使い方によって差が出てきます。
演奏家などは毎日数時間エレクトーンを使いますから、10年前後で寿命がくるというケースも珍しくありません。
しかし、週に何時間か使うくらいならば、20年以上前のものでも問題なく動くものもあります。
また、エレクトーンは電化製品でもありますから、古いものほど性能が劣るのです。
エレクトーンは、1970年代に登場し、90年代までに大幅な進歩をとげました。
現在のエレクトーンは90年代の製品をベースに音質や性能をアップさせたものです。
ですから、古いエレクトーンほど満足な演奏ができにくいでしょう。
エレクトーンの機能に全く問題がなくても、寿命を迎えることもあるのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!