座椅子は粗大ゴミ? 処分方法・回収・買取・リサイクル情報のまとめ

テーブルやチェアがあっても、やはり床や畳の上でゴロゴロしたいのが日本人ですね。座椅子は、そんな日本人の感性にあった家具といえます。しかし、床上での生活は、ホコリを多く吸ってしまったり腰に負担がかかったりと、マイナス面もあるのです。床上生活をやめて座椅子を手放したい・引っ越しのため座椅子が不要になったという方のために、座椅子の処分方法についてまとめました。

  1. 座椅子の処分について
  2. 座椅子の処分方法~自治体の回収について
  3. 座椅子の処分方法~リサイクルに出す
  4. 座椅子の処分方法~不用品回収業者に依頼する
  5. 座椅子の処分についてよくある質問
  6. まとめ

座椅子は粗大ごみ? 大きい座椅子はどう処分したらいいの? などの疑問の解決につながる情報をもりこみました。リサイクル・買取・回収などについても詳しくご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.座椅子の処分について

1-1.座椅子の種類について

一口に座椅子といっても、さまざまな種類があります。主な種類をご紹介しましょう。

1-1-1.形状別の座椅子種類

  • ベッドタイプ(座椅子の上で寝られるくらいの大きなもの)
  • 二人用
  • 折り畳みタイプ
  • 足つきタイプ
  • 回転式・正座で使用するタイプ

1-1-2.素材別の座椅子種類

  • メッシュタイプ
  • ふわふわ系
  • 低反発タイプ

1-2.座椅子は何ごみか

自治体によって異なりますが、粗大ごみとして取り扱われることがほとんどです。分解してサイズを小さくすれば不燃ごみとして出せる地域もあります。しかし、粗大ごみの定義を「使用時の状態(大きさ)」としている地域では、この方法では回収してもらえません。そうなると分解作業が無駄手間になってしまうので、最初から粗大ごみで出したほうが楽です。また、布カバーは古布として出せることもあります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!