残置物の処分はどうすべき? 撤去方法や業者選びのポイントについて

賃貸契約で入居者が設置して住んでいたもの、退去する際に残していった設備のことを「残置物(ざんちぶつ)」と言います。代表的な残置物は、エアコン・冷蔵庫・洗濯機・ガス台・電子レンジなどですが、以前住んでいた人が使っていたものをそのまま残しておくわけにもいきません。また、次に入居する人が、残置物の責任を負わなければならないケースもあります。残置物を処分しなければならなくなった場合、どのように廃棄すれば良いのでしょうか。そこで、本記事では、残置物の基礎知識や処分・撤去方法について説明します。

  1. 残置物の基礎知識
  2. 残置物の処分について
  3. 残置物の処分~撤去方法について
  4. 残置物の処分~業者に依頼する方法
  5. 残置物の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、残置物の処分方法や廃棄の注意点などについて知ることができます。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.残置物の基礎知識

残置物とは何なのか、どんなものがあるのか、「設備」との違いについてチェックしておきましょう。

1-1.残置物とは

残置物とは、入居者が大家さんの承諾をもらって設置し、退去時に残していったもののことです。設置する際は、大家さんに許可をもらった場合ともらっていない場合があります。もともと、部屋についている設備かどうかは、契約書を見ると分かるでしょう。契約書に「設備一覧」と示した箇所があるので、記載されていない・「無」に丸がついているもので部屋に設置されている場合は、残置物の可能性があります。

1-2.どんなものがあるか

残置物として多いのは、エアコン・照明器具・ベッドなどの家具・ガスコンロ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジなどです。ほとんどが運搬や処分が困難な生活家具・家電となります。引っ越しをする際にいらないものを、そのまま残して退去する方が増えているのです。

1-3.「設備」との違いとは?

残置物と設備には大きな違いがあります。設備は、元から賃貸物件についているものです。不動産屋で部屋を借りるときに、「重要事項説明書」という書類があります。重要事項説明書には物件に付属している設備が記載されており、これは貸主側で設置したものです。過去の入居者が置いていったものとなるため、貸主側のものではありません。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!