こたつの処分は4つの捨て方から賢く自由に選ぶ!

こたつの処分を検討している方は、「故障した」「もうひとサイズ大きいものが欲しい」「新しい機能が気になる」とさまざまな理由を胸に秘めていると思います。こたつは日本の冬の風物詩ともいえ、近年は省エネ性にも優れてエアコンよりも電気代が安いことから、積極的に購入している方も多いです。ところが、いざ処分するとなると捨て方に困りませんか? 「テーブルだから粗大ゴミ?」「 でも布団もあるし……」と頭を悩ませてしまうと思います。そこで、まだ寒さも厳しいこの時期に、一足早くこたつの処分方法を記事にまとめてみました。

  1. 近年のこたつ事情
  2. こたつの処分~自分で捨てる~
  3. こたつの処分~販売業者の下取り~
  4. こたつの処分~リサイクルする~
  5. こたつの処分~回収業者に頼む~
  6. こたつの処分にかかわるよくある質問
  7. まとめ

最後までお読みいただければ、こたつを処分する正しい知識がわかり、自分に適した捨て方を選ぶことができます。「難しいことは考えたくない」という方もご安心ください。情報は簡潔にかみ砕いて提供します。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!