【2017年版】こたつの処分は4つの捨て方から賢く自由に選ぶ!

こたつの処分を検討している方は、「故障した」「もうひとサイズ大きいものが欲しい」「新しい機能が気になる」とさまざまな理由を胸に秘めていると思います。こたつは日本の冬の風物詩ともいえ、近年は省エネ性にも優れてエアコンよりも電気代が安いことから、積極的に購入している方も多いです。ところが、いざ処分するとなると捨て方に困りませんか? 「テーブルだから粗大ゴミ?」「 でも布団もあるし……」と頭を悩ませてしまうと思います。そこで、まだ寒さも厳しいこの時期に、一足早くこたつの処分方法を記事にまとめてみました。

  1. 近年のこたつ事情
  2. こたつの処分~自分で捨てる~
  3. こたつの処分~販売業者の下取り~
  4. こたつの処分~リサイクルする~
  5. こたつの処分~回収業者に頼む~
  6. こたつの処分にかかわるよくある質問
  7. まとめ

最後までお読みいただければ、こたつを処分する正しい知識がわかり、自分に適した捨て方を選ぶことができます。「難しいことは考えたくない」という方もご安心ください。情報は簡潔にかみ砕いて提供します。

1.近年のこたつ事情

お持ちのこたつはどんなタイプなのか、処分方法に触れる前に知っておきましょう。一般的なこたつの基礎知識をご紹介します。

1-1.こたつとその種類

こたつとは、座卓の内部に熱源を組み込んで、上から布団で囲んで暖を取る暖房器具です。種類は主に“座卓”と“ヒーター”で分けられます。下記で簡単にまとめますのでご覧ください。

1-1-1.座卓

  • 長方形(1番人気があり、メーカーも数多くの製品を販売しています)
  • 正方形(見た目にもかわいく、コンパクトで1人暮らしの方に最適)
  • 円形(大人数で使用できますが、広い空間が必要となります)

さらに、上記の中で脚が“折り畳めるタイプ”と“固定タイプ”とに分かれます。サイズは4.5畳~10畳などと豊富に用意されており、こたつの中心となる座卓はメーカーでもさまざまな商品を販売しているのが特徴です。

1-1-2.ヒーターの種類は3つ

  • 石英管ヒーター(遠赤外線が主で、寿命は約7000時間)
  • ハロゲンヒーター(近赤外線が主で、寿命は約8000時間)
  • コルチェヒーター(近赤外線・遠赤外線を放出させ、寿命は約10000時間)

1-2.近年の傾向

座卓の形はおよそ変わりません。ですが、最近のこたつはヒーターが劇的に進化を遂げています。一昔前では考えられなかった温度の“自動調整機能”をはじめ、フラットヒーターと呼ばれる超薄型の電熱線も販売されているのです。横になったときに腰のあたりがヒーターに当たることもありません。

1-3.こたつの寿命

こたつは10年が寿命といわれています。ただし、コードがねじれたまま使用したり、こたつの中で洗濯物を乾かしたりすると故障の原因となるので気を付けてください。こたつは安全性を考慮して設計されています。ですが、熱源を備えているわけですから火事の可能性を否定できません。使用しないときは極力電源を落とし、通常の用途を逸脱した使用は控えましょう。なお、数年しか使っていないのに電源を入れても温かくならないときは、同じメーカー製でコードを交換してみてください。故障しているか否かの判断材料となります。交換しても使用できない場合はヒーターを取り換えるなどの対応が必要となるため、販売店、もしくはメーカーに問い合わせてみましょう。

1-4.新商品に買い替える時期のおすすめ

こたつに限らず、家電製品は毎年新製品が販売されます。そして、その際に注目するべきは1つ前のモデルです。およそセール品となっています。常に最新のものが良いという方は3年を目途に“新商品”に買い替えると希望に添えるでしょう。ただ、1つ前のモデルでしたら大きく性能が異なることもありません。家計を考慮して選んでみてください。基本的に、新商品が販売される2~3か月前に“1つ前のモデル”がセール品として出回る傾向にあります。

1-5.こたつは何ゴミ?

こたつを大きく分けると「天板・テーブル・布団」となりますが、基本的にすべて粗大ゴミとなります。自治体によって一部燃えるゴミとする地域もあるので確認してみてください。天板とテーブルは“こたつ”とし、布団はそのまま“布団”として回収することになります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!