ゴミ箱から漂う異臭を解決! 生ゴミの臭いを解決する方法

ゴミの処理で困るもの。その中に、生ゴミがあるかと思います。生ゴミは、ゴミ箱に入れても異臭を放ち部屋中に漂うもの。そんな嫌な臭いは、すぐにでも無くしたいですよね。そこで、生ゴミの臭いを取る方法について紹介しましょう。
この記事では、生ゴミの臭いを取る方法についてまとめました。

  1. 生ゴミの臭いの原因
  2. ゴミ箱の生ゴミ臭を消す方法
  3. 生ゴミの臭いを予防する方法
  4. どうしても取れない臭いを除くには
  5. まとめ

1.生ゴミの臭いの原因

生ゴミから漂う臭い。その臭いが発生するには原因があります。まずは、原因を知っておきましょう。

1-1.雑菌が原因

生ゴミが臭うのは、「嫌気性微生物」という雑菌が原因と言われています。この雑菌は、生ゴミを分解する途中で悪臭や有害物質を発生するのです。
この嫌気性微生物は、酸素のない状態だと活発に動きます。そのため、プラスチック容器やフタ付きのゴミ箱で密閉状態にすると臭いがひどくなるのです。

1-2.夏場にひどくなる理由

生ゴミの臭いは、三角コーナーが最も身近だと思います。夏場は特に、この場所から臭いが漂ってくるものです。
生ゴミから発生する雑菌は、この暑さによって活発になります。活発になるとゴミの腐敗がすすんで悪臭も発生しやすくなるのです。特に、梅雨のジメジメした時期から夏本番は雑菌が活動しやすい環境となります。

1-3.水分も原因です

生ゴミの臭いの原因には、水分量も影響しているのです。
食べものが腐る原因は、水分と温度が関係しています。水分が多いと生ものは腐りやすくなるのです。生ゴミの水分を切らずに三角コーナーへ放置すると臭いが発生します。その上、暑さまでプラスされると悪臭になるのです。
特に、ベランダや屋外に生ゴミを置く人は注意しましょう。暑さと共に水分があると臭いが漂ってしまいます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!