キッチンの収納アイデア4つ~散らかりにくいキッチンにするためには?

キッチンの収納アイデアをお探しではありませんか?
機能的で広いキッチンでも、いつの間にか散らかってしまうのは一体なぜでしょう。
調理器具や調味料、食器などをうまく収納できず、いつもごちゃごちゃしている…。
そんなキッチンでは、気持ちよく料理する気持ちになれないでしょう。
まずはキッチンが散らかる原因を知り、上手に片付けられる収納術をマスターしてみませんか?

  • キッチンがいつも散らかっている
  • キッチンの収納アイデアを知りたい
  • 冷蔵庫やシンク下を使って収納する方法とは?

そんな悩みを解決して、使い勝手のよいキッチンを手に入れましょう。

1.キッチンが散らかる原因

まずは、キッチンが散らかる原因について考えてみましょう。
原因を知ることで片付けのコツが分かってくるはずです。

1-1.使用頻度を考えて収納していない

キッチンを使うときに「使いにくさ」を感じることはありませんか?
もしあるとしたら、収納に失敗している証拠です。
機能的なキッチンは、毎日使うものがいつも取りやすい位置にあるはず。
使いたいときにすぐ取れる場所にないということは、収納場所を変える必要があるでしょう。
まずは、ものの使用頻度を見直してみてください。
たとえば、お正月だけ使うもの、ケーキやパンを作るときだけ使う道具などは、取り出しやすい場所にしまっておく必要はないでしょう。
そういったものが取り出しやすい場所を占領していると困ります。
「最近いつ使ったか」を思い出し、本当によく使うものだけを取り出しやすい場所に収納するようにしましょう。

1-2.ものが多すぎる

キッチンが片付けないのは「ものが多すぎる」という理由もあるでしょう。
必要以上のものがあふれていると収納スペースに入りきりません。
収納スペースには限りがあり、そこに入りきるだけのものしか置くことはできないのです。
キッチン道具は油断するとどんどん増えてしまいます。
購入する前に「本当に必要か」「似たようなものを持っていないか」を確認し、ものを増やさないように注意しましょう。

1-3.定位置が決まっていない

キッチンの収納をきれいな状態に維持するためには、使ったものを元の場所に戻す必要があります。
いつも同じ場所に同じものをしまっていないキッチンは、すぐに散らかってしまうのです。
どこにしまうか決まっていないため「とりあえず違う場所に置く」という習慣が付いてしまうのでしょう。
ものの定位置を決め手、必ずそこに戻すこと。
このシンプルな習慣こそが、収納上手なキッチン作りには大切なのです。

2.キッチンの収納アイデア

では、常に片付いていて使い勝手のよいキッチンにするためにはどうしたらよいのでしょうか。
おすすめの収納アイデアをいくつかご紹介します。

2-1.調理器具は吊(つる)して収納

キッチンで最も増えやすいものと言えば、調理器具でしょう。
便利に料理をするために必要なものがたくさんあるはずです。
そんな調理器具は、吊(つる)して収納することで見た目もすっきりします。
また、使いたいときにすぐ取り出すことができ、片付けやすいというメリットもあるでしょう。
吊(つる)せる場所がないときは、タオルハンガーや突っ張り棒を設置してみるのもおすすめ。
工夫すれば鍋のふたなども吊(つる)すことができるため、収納スペースが広く空(あ)くことになるでしょう。
ワイヤーネットとS字フックを利用すれば、自分の好きなように吊(つる)すことができて便利ですよ。

2-2.調味料は容器をそろえて並べる

調味料も種類が多いため、袋のまま収納しようとすると場所を取りますよね。
そんなときは、おそろいの容器に移し替えて並べて収納してしまいましょう。
キッチンの出窓や棚に並べておくと見た目にもおしゃれですよね。
並べる場所がないときは、自分で棚を取り付けてしまいましょう。
または、調味料を入れた容器のふたに接着剤でマグネットを取り付け、冷蔵庫の側面などに張り付ける方法もおすすめです。
意外な場所を活用して、おしゃれに調味料を収納することができますよ。

2-3.収納グッズを活用する

キッチンをできるだけすっきりと片付けるためには、収納グッズを欠かすことができないでしょう。
たとえば、ファイルボックスを活用した収納方法がおすすめです。
さまざまな用途で使えるファイルボックスは100円ショップにも売っています。
使用場所がキッチンということを考えて、洗える素材のものを選ぶようにしましょう。
キッチン雑貨や調味料、ボトル類、缶ビールなど、あらゆるものの収納に使用できます。
キッチンの引き出しに深さがあると調理器具などが出しづらくなるため、そんなときもファイルボックスで仕切りを作ると便利です。
ほかにも、カゴやバスケットなどがあると食品のストックやお弁当グッズを収納するのに使えます。

2-4.デットスペースを有効活用

実は、キッチンにはデッドスペースがたくさんあります。
たとえば、冷蔵庫と食器棚の間に突っ張り棒を取り付けて、新たな棚を作ることもできるのです。
また、シンク下にある扉の後ろにレールを取り付ければ、邪魔になりがちな鍋のふたを収納することができるでしょう。
S字フックがあれば空間や壁も有効活用することが可能です。

3.収納の注意点

最後に、キッチン収納の注意点についてご紹介します。
ぜひ参考にして、おしゃれできれいなキッチンを手に入れてください。

3-1.「隠す収納」と「見せる収納」をうまく使い分ける

キッチンは散らかりやすい上汚れやすい場所であるため、基本的には「隠す収納」がおすすめです。
たくさんあるキッチン用品の中でも、お気に入りのものだけは「見せる収納」を取り入れましょう。
たとえば、レトロな鍋やかわいい水差し、おしゃれな調理器具などは、いつでも見える場所に飾るように置くようにしてください。
キッチンにいるだけで楽しい気分になれるでしょう。
家の中でも、最も「隠す収納」と「見せる収納」を使い分けるべきなのがキッチンなのです。
また、見せて収納する場合は、色や素材をそろえると統一感が出てすっきりします。

3-2.できるだけものを減らす

「キッチンがもともと狭い」「収納スペースを増やせない」という場合は、ものを減らすしか方法はありません。
キッチンを使い勝手のよいものにするために、不要なものは処分しましょう。
よく見ると「あまり使っていないもの」「なくても困らないもの」がたくさんあるはずです。
この機会に仕分けしてみてはいかがでしょうか。
処分したいものが大量に出てきた場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。
電話1本で自宅まで回収に来てもらえるため、とても便利でしょう。
また、分別の必要もありません。
捨てるのに手間がかかる大型のものでも、まとめて引き取ってもらえます。
まずは、無料見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか?

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
使い勝手の悪い散らかったキッチンを何とかしたい、と思っている人は多いと思います。
キッチンは毎日使う場所だからこそ、いつもきれいにしておきたいものですよね。
キッチンの収納アイデアにはさまざまなものがあります。
その中から、自分に合った方法をぜひ探してみてください。
きっと快適なキッチンを手に入れることができるはずですよ。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!