意外と知らない灯油の処分法! 余った灯油はどうすればいいの?

灯油といえば寒い冬の必需品。去年の冬もお世話になった方が多いのではないでしょうか。しかし、灯油は使いきれないことが多く、処分に困っている人も多いようですね。

そこで、今回は灯油の処分方法について中心にご紹介します。ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

目次

  1. 灯油が少しだけ余ったときの処分方法
  2. 灯油がたくさん余った場合の処分方法
  3. やってはいけないNG処分法
  4. 来年まで保管することは可能?

1.灯油が少しだけ余ったときの処分方法

灯油はなかなかピッタリと使いきるのが難しいと思います。これは、ストーブのタンクに給油する際、入れる量にばらつきが出るからです。

余った量が1リットルなどある程度の量があれば使い道なども出てきますが、100CCや200CCだと困ってしまいますよね。では、中途半端に余ってしまった少量の灯油はどうやって処分すれば良いのでしょうか?

1-1.少量の灯油は新聞紙を使って捨てよう!

少量の灯油を処理する上で1番簡単な方法は、新聞紙を使った方法です。ただし、自治体によっては認めていない場合もあるので、念のためホームページか電話で確認した方が良いでしょう。

  1. 新聞紙に灯油を染み込ませる。
  2. 吸い取った新聞紙を新しい新聞紙で何重かに包み、ビニール袋に入れる。
  3. 可燃ゴミとして出す。

1-2.廃油処理ボックスを利用する

廃油処理ボックスというのは、主に車のエンジンオイルなどを捨てる際に使われているものです。特殊な吸収材を使っているので、数リットルもの廃油を吸い取ってくれます。吸い取った後は、可燃ゴミとして捨てられるので、処分も簡単です。

ただし、新聞紙を使った方法と同様に、自治体によっては可燃ゴミで出すことを認めていないことがあります。めったにありませんが、一応確認しておいた方が良いでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!