形見を悔いなく処分するには? 遺品整理をスムーズにすすめるために

遺品整理をしていてよくあるのが、「形見の処分方法に困っている」という問題です。遺品の中には処分に困るものもたくさんあり、「処分の仕方が分からなくて遺品整理がすすまない」というケースも珍しくありません。故人が残した形見を処分することに、抵抗を感じる人も多いでしょう。この記事では、形見の処分について詳しくご紹介します。処分方法の工夫や供養の方法、遺品整理業者の選び方なども、ぜひ参考にしてください。

  1. 形見とは?
  2. 形見の処分について知っておくべきこと
  3. 形見処分の仕方
  4. 遺品整理業者について
  5. 形見の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、形見を処分する際に知っておくべきことが分かるはずです。ぜひ参考にして悔いのない遺品整理をしてください。

1.形見とは?

まずは、形見にはどのようなものがあるのか、残されて困る形見などについてまとめました。

1-1.亡くなった人が残したもののこと

形見とは故人が残したもののことで、日常的に使用していた家具や家電・衣服や、宝石や貴金属・骨とう品などさまざまなものがあります。故人が愛用していた趣味のアイテムや写真など、思い出深いものも形見として遺族で分け合う場合が多いでしょう。

1-2.残されて困る形見も

中には、形見として残されても困るものもあります。たとえば、価値が分からない書籍や大量のアルバム・コレクショングッズなどは、処分の仕方に悩むことも多いはずです。捨てるには抵抗があるけれど残しておいても場所をとるようなものなどは、適切な処分方法を考えなければなりません。

2.形見の処分について知っておくべきこと

形見は処分してもよいのものなのか、処分方法の工夫にはどのようなものがあるのかなどをご紹介しましょう。

2-1.形見は処分してもよいのか?

形見を処分することに抵抗を感じる人は多いでしょう。故人が普段使っていたものや大切にしていたものを捨ててしまうと、後悔が残ってしまいそうな気がしますよね。特に、家族の写真や愛用していた趣味のアイテムなどは処分しにくいものです。しかし、すべての形見を残しておくことは難しいでしょう。特に思い入れのあるものだけを手元に残して、あとは処分しなければなりません。適切な処分方法をしっかりと考えることも故人への供養と考えましょう。

2-2.処分方法の工夫も必要

処分方法を工夫することで、悔いの残らない遺品整理ができるはずです。たとえば、大量の写真はデータにして残しておく、まだ使えそうな家具や家電は買取に出すなど、さまざまな方法があるでしょう。ただ捨ててしまうには抵抗があるものでも、工夫することで処分しやすくなるはずです。

3.形見処分の仕方

よくある形見の処分例をご紹介します。供養する方法もあるため、ぜひ参考にしてください。

3-1.着物

着物は着ない人にとっては、残されて困る形見の一つでしょう。しかし、故人が着ていた姿を思い出すと捨ててしまう気持ちにもなれませんよね。そこで、廃棄以外の方法で処分するのがおすすめです。欲しい人に譲るか、リメイクして再利用するか、買取に出すことを検討しましょう。着物の買取先には、質屋やリサイクルショップ・不用品買取店などがあります。それぞれ査定を依頼して比較してみてください。

3-2.家具・家電

親族や友人に引き取り手がないものは、廃棄するか買取に出すか考えましょう。廃棄する場合は、自治体ごとにルールが異なる場合もあるため、事前に確認が必要です。動作に問題がなく使用年数が短いもの、状態がきれいなものであれば、買取してもらえる可能性は十分にあります。リサイクルショップや不用品買取店・ネットオークションなどを利用して買取に出しましょう

3-3.衣類

衣類は大量にあることが考えられるため、まずは仕分けをしましょう。形見分けをして残ったものは、廃棄するか買取に出す方法が一般的です。ブランドものの服や使用感の少ない服であれば、買取の対象になる可能性が高いでしょう。家具や家電同様、リサイクルショップや不用品買取店・ネットオークションなどを利用して買取を依頼してみてください。また、古着の寄付を募っている団体もあるため、探してみる方法もおすすめです。

3-4.供養して悔いなく処分を

故人が大切にしていた人形や手紙・仏壇・神棚など、処分しにくい形見については、供養するのがおすすめです。遺品の供養は神社やお寺・葬儀会社などに依頼することができます。宅配で送る方法や直接持ち込む方法・家まで来て供養してもらう方法があるため、事前に問い合わせをして確認しておくとよいでしょう。

4.遺品整理業者について

遺品の整理を専門業者に依頼する方法もあります。業者に依頼するメリットや業者選びのポイント、注意点などをご紹介しましょう。

4-1.依頼するメリットとは?

遺品整理業者に依頼するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 手間や時間を軽減できる
  • スムーズに遺品整理ができる
  • 思い出の品や貴重品を誤って処分せずに済む
  • 大型家具なども運び出してもらえる
  • 遠方に住んでいても依頼できる

4-2.業者選びは慎重に

遺品整理業者は全国にたくさんあります。その中から安心して依頼できる業者を選ぶためには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が分かりやすく適正な価格であるか
  • 遺品を丁寧に扱ってくれるか
  • 一般廃棄物収集運搬許可証を取得しているか
  • 質問に対して明確に回答してくれるか

4-3.依頼する流れ

不用品処分や遺品整理を行っている「ダストネット東京」では、以下のような流れで依頼を受け付けています。

  1. 電話またはホームページのフォームから無料見積もりを申し込む
  2. 作業日時の決定
  3. 遺品整理作業
  4. 精算

4-4.無料見積もりを比較しよう

遺品整理の料金は業者によって異なるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して選ぶことが大切です。「ダストネット東京」では、お得な「定額パックプラン」を用意しています。部屋の大きさや遺品の量によって最適なプランを選択できるため、大変おすすめです。

4-5.悪徳業者に注意!

遺品整理業者の中には、悪質な営業をしている業者も存在しています。そのような業者に依頼して「見積もりにない高額な料金をだまし取られた」「遺品を不法投棄された」などの被害を受けた人もたくさんいるのです。見積書が細かく記載されていない・スタッフの対応が悪いなどの業者は、利用しないほうがよいでしょう。

4-6.「ダストネット東京」に相談を!

ダストネット東京」では、365日年中無休で遺品整理を受け付けています。状況によっては即日対応も可能なため、相談してみるとよいでしょう。こちらから無料相談を受け付けています。相談や質問がある場合は、ぜひ利用してみてください。

5.形見の処分に関するよくある質問

「形見の処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理はどのタイミングで行えばよいでしょうか?
A.特に決まったタイミングはありません。賃貸物件の場合は明け渡し期限がありますが、そうでない場合は気持ちの整理がついてからゆっくり遺品整理をしてもよいでしょう。一般的には、四十九日法要など親族が集まるタイミングで遺品整理をするケースが多くなっています。

Q.形見分けでよくあるトラブルとはどんなものですか?
A.「価値のある遺品を勝手に処分してしまった」「故人との関係がよくわからない人に形見分けをしてしまった」などのトラブル例が多くなっています。

Q.形見の家電を買取に出したいのですが、高価買取のポイントを教えてください。
A.正常に動作するか確認し、できるだけきれいに掃除しておきましょう。また、付属品はすべてそろえておくことも高価買取のポイントです。

Q.形見の供養は自分でもできますか?
A.ぬいぐるみや衣類などは、ゴミとして出す際に塩をふって清潔な紙に包んでから捨てるなどすれば、十分な供養になるでしょう。

Q.遺品整理業者とのトラブルはどこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターに相談窓口があるため、利用してみてください。適切なアドバイスをもらえます。

まとめ

いかがでしたか? 形見の処分方法について詳しくご紹介しました。形見には亡くなった人の思い出がつまっているため、処分することに抵抗を感じる人も多いと思います。しかし、適切な方法で処分することで、悔いなく遺品整理を終えることができるはずです。ぜひこの記事を参考にして、形見の処分方法について考えてみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!