綺麗な部屋を維持しよう!リバウンドしない部屋の片付け方は?

綺麗(きれい)な部屋を維持するためには、部屋の掃除方法に大きなコツがあります。「部屋を片付けても、すぐに散らかった部屋にリバウンドしてしまう…」というのは片付け方に問題があるのです。片付けた部屋が少しでも綺麗(きれい)な状態を維持するためには、部屋を整理・整頓しやすい環境にすることが大切になります。片付けが苦手という場合でも、整理や掃除のコツを覚えれば誰でも簡単に整理可能です。掃除後の部屋を綺麗(きれい)な状態に保つコツについて、詳しくご紹介しましょう。

  1. なぜ部屋が散らかる?
  2. 掃除後の部屋を綺麗に保つコツは?
  3. 不要なものを捨てるのも大切!

1.なぜ部屋が散らかる?

1-1.生活が部屋を散らかる原因

部屋が散らかるというのは、生活をするうえで仕方のないことです。気を付けて生活をしていても、部屋が散らかるのを避けることはできません。では、部屋を散らかさないためには、どのようにすればよいのでしょうか?部屋を散らかさないためには“掃除や掃除をする”というのが解決策です。部屋を綺麗(きれい)な状態に保つためには、定期的な掃除や整理が必要であることを覚えておきましょう。

1-2.定期的な片付けを心がけよう

綺麗(きれい)な部屋を維持するためには、定期的な片付けが重要です。片付けの頻度に関しては、生活スタイルによって変化します。部屋を散らかさないためには、最低でも1週間に1度は部屋の掃除を行うのがポイントです。綺麗(きれい)な部屋を維持するためみ、定期的な片付け習慣を身に付けましょう。

1-3.片付けを習慣にして負担を軽減

普段の生活に片付けを取り入れることで、片付けの負担を軽減できます。“使ったものは所定の位置に戻す”“ごみは早めに分別する”など片付けを習慣づけましょう。片付けを習慣にすることで、片付けの負担が軽減し少しの掃除・整理で綺麗(きれい)な部屋に戻せます。片付けを日常に取り入れることは、綺麗(きれい)な部屋を維持やリバウンド抑制に効果的な対策といえるでしょう。

2.掃除後の部屋を綺麗に保つコツは?

掃除後すぐに部屋が散らかってしまうのは“片付け”と“整理”を混同してしまっていることが原因です。片付けと整理というのは非常に似ている言葉なのですが、片付けと整理は大きく異なります。部屋のものを収納する際には、きちんと整理して収納することでリバウンドしにくい部屋を作ることが大切です。散らからない部屋にするためのポイントについてご紹介しましょう。

2-1.使用頻度によって収納場所を分ける

部屋のものの中には使用頻度の多いものと少ないものがあります。使用頻度の高いものは取り出しやすい場所に、使用頻度の少ないものは収納など、使用頻度によって片付ける場所を分けるように工夫しましょう。

2-2.日常品の置き場所を作る

バッグ・アウター・アクセサリーなど普段使うことの多いものは、専用の置き場所を作るようにしましょう。日常品は手の届きやすい場所に配置することで、綺麗(きれい)な部屋を維持できるのです。ハンガーポールやアクセサリー収納などを利用して、帰宅後に片付けを実践しやすい環境を整えましょう。

2-3.適切なものの量を考えよう!

部屋を片付けてもすぐに散らかってしまうという原因の一つに“所持しているものの量が多い”ということがあります。ものの量が多いことは、部屋が散らかる速度を速める傾向があるのです。“適切なものの量”は部屋の広さや、個人の整理能力などによって個人差があります。部屋に適切なものの量は、収納の2割が空いている状態が最適です。適切な量よりもものが少ない分には問題ありません。しかし、ものが多い場合には、部屋が散らかりやすくなるので注意が必要です。自分の生活で必要最低限のものを見極めるのが、綺麗(きれい)な部屋が長持ちするコツといえるでしょう。

2-4.ものの固定化

片付いた部屋がリバウンドしてしまう原因の一つが、片付けたものが再び部屋に広がってしまう状況です。“ものの固定化”といっても、くぎやボンドで物理的に固定することではありません。“使ったら使った場所に片付ける”ということが、ものの固定化です。ものの置き場を必ず作ることを、部屋が散らかることを防ぐ効果があります。ものに合わせて収納棚などの収納用品を購入するのも一つの方法です。置き場所のないものには置き場所を作ることは部屋の整理方法のコツといえるでしょう。

3.不要なものを捨てるのも大切!

部屋が散らかってしまう原因は“もの”にあります。ものの量を最適化することは、片付け後にリバウンドしない部屋作り基本です。ものの量を最適化する方法やポイントについてご紹介しましょう。

3-1.あれば便利は、なくてもいい?

「なんとなくあれば便利だと思うもの」や「今は使わないけど持っているもの」などは部屋が散らかる原因になります。収納の無駄使いにもつながるため、あれば便利なものはできる限り処分するようにしましょう。

3-2.二つあるものはどちらかを捨てる

ものが二つあることは非常に便利なのですが、部屋が散らかってしまう原因になります。二つあってもどちらかしか使わないようなものは、一つに絞るように心がけましょう。

3-3.一つ買ったら一つ捨てる

買い物は生活に必要な行動なのですが、買い物は部屋にものを運ぶことなのです。何か一つ買ったら一つ捨てて、部屋にものが増えることを防止しましょう。ものを整理・処分することは、片付け後のリバウンドを防ぐ効果があります。自分に必要なものの量を把握して、部屋を最適化してみましょう!

3-4.自分ではだけでは解決できない場合もある?

部屋の状況によっては、自分だけでは部屋の掃除ができない場合もあります。自分だけでは部屋の掃除が難しい場合には、不用品の片付けを業者に依頼するのも一つの方法です。“定額パック”などを利用すればお得に部屋を片付けることもできます。自分では解決できない場合には、業者に依頼することも検討してみるのもよいでしょう。部屋を綺麗(きれい)にすることは、部屋に対する掃除の意識を高めます。綺麗(きれい)な部屋を維持するためには、部屋を徹底的に片付けるのも大切な心がけといえるでしょう。

まとめ

せっかく部屋を片付けても、すぐに散らかった部屋にリバウンドしてしまうのはよくある悩みです。短期間で散らかった部屋に戻ってしまう原因は“部屋の整理不足”にあります。部屋を綺麗(きれい)に片付けるというのは、部屋のものを移動するだけではなく“ものの処分”をする必要があるのです。
部屋にものが減ることは、

  • 片付けの負担軽減
  • 散らかった部屋へのリバウンド防止効果

などのメリットがあります。部屋のものは必要最低限に抑えることで、綺麗(きれい)な部屋を長期間維持できるのです。自分ではどうしても難しい不用品の処分は、不用品回収や不用品買い取りなどのサービスを利用することも一つの解決策になります。綺麗(きれい)で片付いた部屋を維持して快適な日常を送るためにも“部屋にあるものの整理”を始めてみましょう!

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!