産業廃棄物と一般廃棄物の違いはどんなこと?

「廃棄物」とは不要になったものの総称です。
生ごみなど土に埋めておけば自然に返るものから、特殊な処理をしないと環境に有害なものまでさまざまでしょう。
廃棄物は、法律によって「産業廃棄物」と「一般廃棄物」に区別されています。
その違いはいったい何でしょうか?
そこで、今回は産業廃棄物と一般廃棄物の種類や違いについてご説明します。
今はごみ処理のルールも厳しくなり、ごみを回収できる業者でも扱えるものが限られている場合もあるでしょう。
ですから、処分を依頼する側もある程度の知識が必要なのです。

目次

  1. 廃棄物と廃棄物処理法とは?
  2. 廃棄物の種類とは?
  3. 一般廃棄物を処分するには?
  4. 一般廃棄物の回収を依頼する業者の選び方とは?
  5. 不用品回収業者に依頼する際の注意点
  6. おわりに

1.廃棄物と廃棄物処理法とは?

廃棄物とは、企業や一般家庭から出るごみの総称です。
「どうがんばっても再利用できないし、他人に売ることもできない」というものが該当します。
固体ばかりでなく、液体のごみもあるでしょう。
このような廃棄物の排出を抑え、適切な処分方法を行うことで生活の安全性や環境を守りましょう、というのが廃棄物処理法の目的です。
ですから、廃棄物処理法は廃棄物の区分や処理法を細かく定めています。
廃棄物を廃棄物処理法で定められた処分方法以外のやり方で処分した場合、罰則が課せられるのです。
また、廃棄物を許可された以外の場所に捨てると、「不法投棄」といって罪になります。
廃棄物の処分を依頼した業者が勝手に不法投棄をする場合もありますので、処分を依頼する業者もよく選ばなくてはなりません。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!