おしゃれな部屋にしたいならまずコレを実践!部屋作りのコツを紹介

誰もが自分の部屋を「おしゃれにしたい」と思いますよね。
部屋がおしゃれだと1人でいても快適です。
友人や彼氏が遊びに来たときにも羨ましがられるでしょう。
特に、憧れの1人暮らしを始めたばかりの人は、部屋をおしゃれにする方法を探していませんか?

  • おしゃれな部屋にしたい
  • センスがないので自信がない
  • 部屋をおしゃれにするコツとは?

そんな人たちのために、おしゃれな部屋の条件や部屋作りのコツをまとめてみたいと思います。

目次

  1. おしゃれな部屋とは?
  2. おしゃれな部屋作りのコツ
  3. ものを減らす方法
  4. まとめ

1.おしゃれな部屋とは?

「部屋をおしゃれにしたい」と思っても、いざやろうとすると「どんな部屋がおしゃれなのか…?」と疑問を持つ人も多いでしょう。
一般的に「おしゃれ」に見える部屋の条件をまとめてみました。

1-1.生活感がない

おしゃれな部屋の条件として「生活感がない」というものがその1つです。
部屋は生活をする場所。
生活感をなくすのはなかなか簡単なことではありません。
そもそも「生活感のある部屋」というものは、人がそこで暮らしている形跡が残る部屋のことです。
たとえば「テーブルの上に新聞や食器が出しっぱなし」「収納スペースが丸見え」という部屋には、生活感があります。
また、インテリアのつもりで置いているものが生活感を醸し出してしまうケースもあるのです。

1-2.自分のスタイルが反映されている

「部屋を見るとその人の性格が分かる」という人もいるでしょう。
自分なりの好みやこだわりが反映されている部屋は、誰が見てもおしゃれです。
部屋作りをする際には「こんな部屋にしたい」という希望があるはず。
たとえば、カジュアルな雰囲気、ナチュラルテイスト、モダンテイストなど、目指すものを決めておく必要があります。
イメージがないまま部屋作りをしてしまうのは危険です。
統一感がなく「おしゃれ」とは程遠い部屋になってしまう可能性もあるでしょう。

1-3.無駄なものがなく、快適

ものが多すぎて見た目が乱雑な部屋では、快適に過ごすことができません。

  • 無駄なものが多すぎてくつろぐスペースもない
  • 床やテーブルの上にものが散乱している
  • 何をどこにしまってあるのか分からない

そんな部屋で心地よく過ごすのは無理なことですよね。
一方、無駄なものがなく快適に過ごせる部屋は、おしゃれに見えやすいもの。
居心地のよい部屋を作り出すためには、どうしたらよいのでしょうか。

2.おしゃれな部屋作りのコツ

おしゃれな部屋を作り出すためには、いくつかコツが必要です。
ぜひ、あなたの部屋もおしゃれに仕上げてください。

2-1.自分が「どんな部屋にしたいのか」を考える

おしゃれな部屋作りのためには、まず部屋のスタイルを決めることが大切です。
どんな部屋にしたいかが決まれば何をするべきか分かってくるでしょう。
どんな生活を送っているのか、何を大切に考えているのか、どんなイメージが好きなのかを整理すると、部屋のスタイルが見えてきます。
たとえば、雑誌で見つけたすてきな部屋を参考にしてもよいでしょう。
問題は、自分がその部屋で居心地よく過ごすことができるか、ということ。
そして、部屋のテーマを決めていきましょう。
部屋のスタイルにはさまざまなものがあります。

  • ナチュラル
  • 和風
  • カントリー
  • モダン
  • 北欧
  • アジアン
  • クラシック

その中から、自分が目指したいスタイルを決めてください。

2-2.カラーを考える

テーマが決まったら、部屋に使うカラーを選びます。
部屋全体の70%をベーシックカラー、25%をサブカラー、5%をアクセントカラーに配分するとバランスよくなるでしょう。
色使いを統一した方が落ち着いた部屋になります。
しかし、空間にメリハリがなくなってしまいがち。
そこで、アクセントカラーを効果的に使うようにしましょう。
たとえば、クッションやラグマットなどにアクセントカラーを持ってくることでおしゃれ度が増します。

2-3.インテリアの選び方

インテリア選びは、おしゃれな部屋作りをする上で重要です。
まずは、すっきりとした広さのある部屋にするために、インテリアの高さを統一しましょう。
視線がとおるように、背の低い家具を選ぶのがポイントです。
1人暮らし用の狭い部屋であれば家具の大きさにも注意してください。
配置を考えてから家具を選ぶことをおすすめします。
サイズやカラーを選びやすくなるでしょう。
さらにおしゃれ度を増すためには、間接照明や観葉植物を使うことをおすすめします。
また、家具の配置にも注意してください。
大きめの家具は入り口の近くに配置して部屋の圧迫感をなくします。
背の低い家具は部屋の奥に持って行き、奥行きがあるように見せましょう。

2-4.生活感をなくすには「片づけ」が大切

生活感のないすっきりとした部屋を作り出すためには、毎日の「片づけ」が必要不可欠です。
出したものを片づけることでその日1日の生活感を消すことができます。
片づけをしやすい部屋には、以下のようなポイントがあるでしょう。

  • ものが少ない
  • ものの定位置が決まっている
  • 出し入れしやすい収納

3.ものを減らす方法

最後に、すっきりしていておしゃれな部屋作りをするために、ものを減らす方法について考えてみましょう。
ものが多い部屋はすぐに散らかりやすく、すっきりした印象を与えることができません。
いくら上手に収納しても、問題を解決することは難しいでしょう。
本気で「おしゃれな部屋にしたい」と思っているなら、まずはものを減らす努力をしてください。
部屋の中にあるものを「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けし、不要なものをすべて処分してしまいましょう。
捨てるのがもったいないなら、リサイクルショップやネットオークションで売る方法もあります。
処分したいものがたくさんある場合は、不用品回収業者に依頼すると便利です。
自宅まで回収に来てもらえるため、忙しい人でも安心して利用できるでしょう。
電話1本で申し込めば即日対応してくれる業者も多くなっています。

4.まとめ

おしゃれな部屋作りのコツをご紹介しました。

  • おしゃれな部屋とは?
  • おしゃれな部屋作りのコツ
  • ものを減らす方法

「おしゃれな部屋作りをしたい」「センスがないので自信がない」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!