部屋を整理整頓して、その状態をたもつ3つのコツとは!?

3.まずはものを減らそう

整理整頓が苦手な人は、「収納スペースがもっとたくさんあれば片付くに違いない」と思っている方が多いです。
実際、収納グッズをたくさん持っている方も珍しくありません。
しかし、それらのグッズを使いこなせている人はめったにいないのです。
どんなに大きな収納スペースも、入れられる荷物の量は決まっています。
ですから、収納スペースがパンパンという人は、一度中のものを見直してみてください。
不要なものがたくさん出てくるはずです。
特に、子どものものは服やおもちゃが短期間で不要になることが多いでしょう。
ですから、長期休みの前など時期を決めて持ち物を見直してください。
一度に家じゅうの不用品を処分するのは大変ですが、時期を決めてこまめに行えばゴミが大量に出ることもありません。
また、ダイレクトメールなど明らかに不要なものは、すぐにゴミ箱に捨てましょう。
雑誌や新聞は読んだらまとめて置き、資源物の日に忘れずに出すのです。
どうしてもたまってしまうという方は、電子版の雑誌や新聞に切り替えてみてください。
これならば、ゴミは一切出ません。

4.ものの住所を決める

ものは、基本的に使う場所に収納します。
子どものものは子ども部屋へ。
服などは個々の部屋のクローゼットにしまいましょう。
家族が集うリビングは、私物が散らかりがちです。
その場合は、家族の分だけかごを用意してそこに私物を入れましょう。
これならば出し入れも簡単です。
また、使う頻度が高いものほど取り出しやすい場所にしまってください。
そうすれば、片付けも簡単です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!