重い荷物の上手な運び方4選!! こうすれば楽に運べます。

引っ越しや部屋の模様替えなど、重い荷物を運ぶ機会は意外と多いものです。
しかし、重い荷物を力任せに運ぼうと思ってもうまくいきません。
それどころか、腰やひざを痛めてしまうでしょう。
そこで、今回は重い荷物を体に負担をかけずに運ぶコツをご紹介します。
重い荷物には、運び方があるのです。それさえ分かっていれば、重い荷物も楽に運ぶことができるでしょう。
また、引っ越しのときに運びやすい荷物の作り方もご紹介します。
興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 最悪の場合けがをするかも!!危険な荷物の持ち方とは?
  2. 重い荷物を上手に運ぶには?
  3. 持ち運びやすい引っ越し荷物の作り方とは?
  4. おわりに

1.最悪の場合けがをするかも!!危険な荷物の持ち方とは?

重い荷物の持ち方をご紹介する前に、危険な荷物の持ち方をご紹介します。
こんな持ち方をすると腰に負担がかかり、最悪の場合けがをする恐れがあるのです。

1-1.力任せに持ち上げる

重い荷物を力任せに持ち上げると、体全体に無理な力がかかります。
荷物を持ち上げるのは、重量あげではありません。
たとえ持ち上げられても、それをどこかへ運ぶのは大変です。
さらに、無理をしようとすれば荷物を落としてしまうかもしれません。
それが足の上だったりしたら最悪でしょう。
また、持ったものを壊してしまうかもしれません。

1-2.上体を折り曲げて荷物を持ち上げようとする

低いところにある荷物を持ち上げる際、腰を折り曲げて荷物を持ち上げようとする方は少なくありません。
しかし、これではすべての負担が腰にかかります。
このような持ち方をすると、腰を痛める確率がかなり高まるでしょう。
荷物を運んだ後で「腰が痛くなった」と思うくらいならまだよいです。
最も怖いのがぎっくり腰。
これは発症した瞬間に、立てなくなることも珍しくありません。
引っ越しの最中や就業中にぎっくり腰になれば、あとあとまで大変です。

1-3.複数の荷物を一気に持ち運ぼうとする

一見するとそれほど重そうに見えないもの、というのはかなり多いのです。
また、荷物を何度も往復して運ぶのはめんどうくさいでしょう。
しかし、だからといってたくさんの荷物を一度に運ぶと、重心が上の方へ行ってしまい軽いものでもかなり運びにくくなります。また、大きな荷物に小さい荷物を載せて運ぼうとしても、総重量が重くなるほど運びにくくなるでしょう。
その結果、腰を痛めたり荷物を壊してしまったりします。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!