ごみ屋敷を片付ける!不用品回収方法と業者選びの5つのポイントとは?

6.もしかして私も汚部屋症候群?~片付けられない度チェック~

ごみ屋敷になる背景は、誰もが抱える心の病が影響しています。特にADHAなどの精神疾患は大人になってから発覚することも多いのです。自分でも知らず知らずのうちに、片付けられない症候群になっている可能性もあるでしょう。そこで、以下の項目を確認し、当てはまるものがないか確認してみてください。

汚部屋症候群チェックリスト

  • 寝坊や遅刻の頻度が多い
  • 集中力が続かない
  • 旅行の準備・予約や荷造りが苦手
  • 子供のころから机やカバンの中がグチャグチャ
  • 複数人での会話・集団行動が苦手
  • ものを捨てることができない
  • 忘れもの・探しものが多い
  • 片付け方がわからない
  • 予定どおりに進まないとイライラする
  • うっかりミスが多い
  • 部屋の掃除中に漫画やアルバムを見入ってしまう
  • したいことは今すぐしたい
  • 旅行や持ち歩く荷物が異常に多い
  • 財布がレシートでパンパン
  • 耳かきや爪切りが3つ以上ある
  • ものを床に置くクセがある

いかがですか?7つ以上当てはまる方は、片付けられない症候群になっている可能性があります。日頃の生活習慣を見直すところから改善していきましょう。

7.ごみ屋敷をプロに依頼!片付け業者を選ぶ5つのポイント

7-1.プロに頼んだ方がいい状態とは?

ごみ屋敷にも、自分で片付けられるレベルから、手が付けられない危険な状態までさまざまです。掃除にかけられる労力や人出の有無によっても変わってくるでしょう。ごみ屋敷の掃除を業者に依頼したほうがいい状態をご紹介します。

  • 害虫の量が多い
  • 水回りが機能していない
  • 天井までゴミがぎっしりと詰(つ)まっている
  • 金属片やガラスなど危険なものが多い
  • 認知症や病気が原因で片付けられない
  • ものを捨てることに抵抗がある
  • 忙しくて時間が取れない
  • 1軒屋まるごと・2LDK以上の広さ
  • 遠方で片付けできない
  • 急いで片付けたい
  • ごみ屋敷の遺品整理

以上のような状態は、ごみ屋敷の片づけを自分で行うには困難な状態です。業者に頼めば数時間で終わる作業も、素人が自分でやると数日かかってしまうこともあるでしょう。ごみ屋敷の掃除は、お掃除のプロに任せることが一番です。

7-2.プロに頼むメリット

ごみ屋敷の片づけをプロに頼む3つのメリットをご紹介します。

  1. 早い:数時間で片付け終了
  2. 手間がかからない:ごみの搬出までやってもらえる
  3. ごみの処分に制限がない:産業廃棄物まで処分可能

ごみ屋敷が片付けられないとお悩みのあなた!あなたのその悩みは業者に依頼すれば数時間で解決します。業者に依頼すれば、片付けからごみの運搬。不用品の回収・買い取りまで対応してくれるでしょう。夜間や休日の対応も期待できます。退去日が迫っている方や引っ越しまで時間がない方には即日対応してくれる会社もあるでしょう。家電リサイクル法で制限されている家電・産業廃棄物なども処分可能です。隣近所にばれたくない賃貸住宅の方でも安心!大家さんや管理会社に知られず、ごみ屋敷の片付けが完了します。

7-3.ごみ屋敷の片づけを依頼する業者選びのポイント

ごみ屋敷の片づけを行う業者は数が多いです。便利屋、何でも屋、不用品回収業者、ハウスクリーニング・・・一体、どこに依頼すればいいか迷ってしまいますよね。業者選びのポイントは、以下をご覧ください。

  • 見積書提示や料金形体が明解なこと
  • 産業廃棄物収集運搬許可の許可がある
  • 古物商許可
  • 見積料金が無料なところ
  • ハウスクリーニングも行う
  • 不用品の買い取りも行う会社
  • 損害保険に加入している

以上のようなポイントを抑えた会社であれば、安心して作業を任せることができるでしょう。ごみ屋敷と言えども、大切な家に変わりはありません。作業中に万が一傷や破損が起きた場合でも損害保険に入っている会社ならきちんと対応してもらえるはずです。また、料金形体が明瞭で、見積書もしっかり作成する会社は、作業後の料金トラブルに悩まされることはないでしょう。一般家庭から出るごみの回収を行う業者は、自治体の許可が必要です。産業廃棄物収集運搬許可があるかどうかは業者のホームページなどで確認できますので必ずチェックしてみましょう。片付けだけでなく、不用品の回収・買い取りを行う不用品回収業者なら、片付けに必要な作業をすべて任せられるため手間がかかりません。

7-4.ごみ屋敷の片付けを依頼するときのコツとは?

ごみ屋敷の片付け依頼するときは、なるべく車両代や人件費が料金に含まれない会社を選ぶと費用を安く抑えることができます。トラック詰め放題や定額パックプランを設けている業者も多いです。料金を抑えたい場合は、片付け業者にどこまでの作業なら安くなるか?などを相談してみましょう。信頼できる業者なら、快く教えてくれます。ごみの分別や”自分でできる作業だけやる”などで、かかる費用も異なってくるはずです。

7-5.ゴミ屋敷の片付け料金の相場について

ごみ屋敷の片づけを業者に依頼する料金相場についてご案内します。片づけを行う業者の料金には明確な基準がありません。ですから、業者により大きな幅があります。また、現場の状況により異なるでしょう。汚部屋レベル、エレベーターの有無・階数・作業する時間帯でもオプションで作業料金がかかります。

  • 1DKマンション(2tトラック1台)
    車両費15000円+人件費スタッフ3名9000円×3+処分費用10000円=160000円
  • 1戸建て(2tトラック2台)
    車両費15000×2+人件費スタッフ4名9000円×4+処分費用250000円=316000円

あくまでも1例ですが、多くの場合、ごみ屋敷の作業でかかる費用には、車両代・人件費・ごみ回収処理費用がかかります。業者によって料金形体が違うため参考程度にお考えください。実際の料金は現場を確認しきちんと見積もりを取ってもらいましょう。
車両代や人件費を別途請求しない業者を選ぶだけでも、一般的な業者より5割程度も安くなります。

まとめ

いかがでしたか?この記事ではごみ屋敷が作られる原因や片付け方法について解説しました。ごみ屋敷の実態や危険性は十分ご理解いただけたかと思います。ごみ屋敷を放っておくことで起こるデメリットは最悪人の命を奪ってしまうことにもなりかねません。今まで手を付けられなかった方はこれを機に業者に相談してみてはいかがでしょうか?ごみ屋敷が片付けば、さまざまなトラブルに見舞われることもなくなり、精神的にも落ち着いた生活を取り戻せます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!