ごみ屋敷を片付ける!不用品回収方法と業者選びの5つのポイントとは?

ごみ屋敷は近年社会問題にもなっています。家中にごみが散乱し天井まで積みあがっている状態のごみ屋敷は、片付けようと思ってもどこから手を付けていいかわかりませんよね。不用品やごみを捨てずにいると、ごみはどんどん家に溜(た)まっていきます。害虫や悪臭のせいで近隣住民から苦情が出るのも時間の問題でしょう。行政による指導が入れば強制撤去と罰金が科せられるケースもあります。罰金で済めばまだ、いいほうです。ごみ屋敷を放っておくと火災や放火の危険性もあるでしょう。ごみ屋敷でいることは、1つもいいことがないのです。そこでこの記事ではごみ屋敷を1日でも早く片付けられるよう、ごみ屋敷が作られる原因や片付け方法について解説しています。

  1. ごみ屋敷が及ぼす悪影響と原因について
  2. ごみ屋敷への対応策!周囲ができることは?
  3. ごみ屋敷は病気のサイン?片付けられない症候群について
  4. ごみ屋敷の片付け方法
  5. ごみ屋敷が招くトラブルと対処法とは?
  6. もしかして私も汚部屋症候群?~片付けられない度チェック~
  7. ごみ屋敷をプロに依頼!片付け業者を選ぶ5つのポイント

この記事では、ごみ屋敷の片づけをプロに依頼する業者の選び方についても触れています。業者選びのポイントを知ることで、業者間とのトラブルを未然に防ぐことができるのです。長年悩んでいたごみ屋敷を片付けて、心身ともに健康な生活を送りましょう。

1.ごみ屋敷が及ぼす悪影響と原因について

1-1.深刻化するごみ屋敷問題

テレビや新聞でたびたび報じられるごみ屋敷。ごみ屋敷とは、ごみが家や家の敷地内に溢(あふ)れかえった住宅のことです。ごみが溜(た)まった状態は、火災・放火の危険性や悪臭・害虫の発生などにより、周辺住民から苦情が寄せられる社会問題となっています。
2009年10月に起こったごみ屋敷の火災では、一人暮らしの住人が20年かけて溜(た)め続けたごみが原因でした。近所の住民は、長い間、悪臭と害虫に悩まされてきたと言います。昨今、こうしたごみ屋敷のトラブルが全国で多発しているのです。

1-2.急増するごみ屋敷の背景

ごみ屋敷が急増する背景には、ゴミ屋敷に住む住民それぞれが、さまざまな問題を抱えていると言います。少子高齢化・核家族が進む現代では、実家がゴミ屋敷となり片付けの問題に直面している人も多いでしょう。ごみ屋敷の住民には一人暮らしが多く、寂しさや孤独がごみを集める異常行動につながっていると言うのです。また、家族を失った・・・などショックな出来事や強いストレスを受け、片付ける気力を失う人もいます。高齢者だけではなく、仕事の忙しさや過労・人間関係のトラブルなどで、ごみを溜(た)め込む若い人たちも増えてきました。うつや統合失調症の患者も急増しています。ごみ屋敷の”片付けられない”背景には、精神的な病が大きく関係しているのです。
さらにもう一つ、ごみ屋敷の背景には、重要なポイントがあります。2001年4月に施行された家電リサイクル法の影響です。家電リサイクル法の制定により、家電や粗大ごみを捨てるには費用と手間がかかるようになりました。使わなくなったテレビや冷蔵庫を昔のように廃品回収や粗大ごみとして簡単には廃棄できなくなったです。ごみを捨てるだけでお金と手間がかかるなんて、年金暮らしの高齢者や生活するだけでやっとの人・忙しい現代人には悩ましい問題となってしましました。

1-3.ごみ屋敷を招く原因とは?

テレビで放映されるごみ屋敷を見て、「よくこんなに溜(た)め込んだな」と不思議に思いませんか?ごみ屋敷を招く原因にはいくつかのパターンがあります。

  • 整理整頓ができない
  • ものが捨てられない
  • ものを集めてくる
  • ごみをごみだと思わない
  • 精神的疾患を患っているため片付けられない

ごみ屋敷の住民の心理状態は複雑です。片付けようと思っているのに精神疾患のせいで整理整頓ができない。ものを集めることで安心感を覚える。ものを失うのは不安を感じる・・・といったケースが多いです。通常なら、汚れた部屋を見て悪臭や害虫に嫌悪感を抱きます。しかし、心の病が原因で、異常行動を繰り返してしまうのでしょう。女性に多い例では、”買い物依存症”です。家の中に買い物したバックや洋服が溢(あふ)れかえり、その罪悪感から自暴自棄になるケースがあります。精神的な病を抱えると片付けどころではなくなるのです。ごみ屋敷の原因は一概に特定できるものがなく、いくつもの原因が重なり蓄積された結果だと言えるでしょう。また、精神的な疾患ではなく、ただ単に不潔な環境を不快と思わない人もいます。

1-3.ごみ屋敷が及ぼす悪影響

ごみ屋敷は、精神的にも身体的にも悪影響しかありません。

  • 害虫の発生・害獣が住み着く
  • 悪臭
  • 放火や火災の危険性
  • 体調不良・アレルギーの発症
  • 山積みのごみが倒れてきてケガをする
  • イライラする・集中力が続かない
  • 疲労が取れない
  • 不眠による体調不良

ごみが溢(あふ)れかえった部屋では、精神的に落ち着くことができません。イライラ・焦り・不安感で、ごみに対しての執着が日に日に強くなり、精神的疾患が進行する傾向にあります。また、家に人を呼べなくなることで、他人との関係が希薄になり孤独感も増すでしょう。害虫や悪臭は近隣住民へ迷惑をかけてしまいます。さらに、さまざまなごみが散乱しているごみ屋敷では、いつ発火してもおかしくありません。火災が発生すれば隣近所へ燃え移る可能性があります。このままごみ屋敷を放置することは、誰かの命を奪うことにもなりかねないのです。

2.ごみ屋敷への対応策!周囲ができることとは?

2-1.ごみ屋敷に対して自治体の対応は?

東京都足立区では、全国で初めて制定した「ごみ屋敷条例」というものがあります。かつて、ごみ屋敷が社会問題として取り上げられた当初は、ごみ屋敷条例はありませんでした。不法投棄や火災の危険性・悪臭問題を引き起こしていていても、家の敷地内にあるごみは固有の財産とみなされ、自治体が勝手に処分することができなかったのです。しかし、ごみ屋敷条例ができたことで、自治体に住民への指導・勧告の権限を与え強制撤去が可能になりました。現在、大阪市でもごみを強制撤去する条例が施行されています。足立区の条例が制定された1年後、2014年に日本維新の会含む4党が「ゴミ屋敷禁止法案」を衆議院に提出しました。ゴミ屋敷に対して勧告の権利と勧告に従わない場合罰金が科せられるという法案です。ごみを強制撤去する刑事告発をする自治体もある一方で、ごみ屋敷を整理し、住民の生活支援・心のケアを重視する自治体もあります。

2-2.ごみ屋敷に対して周囲ができること

近隣にゴミ屋敷がある場合、周囲の住民にできることはあるのでしょうか?自分で片付けたいけど片付けられない住人の場合は、苦情を聞き入れ片付けることもあります。しかし残念ながら、ごみ屋敷の住人はごみをごみだと思っていません。住人本人は、ごみを「資産」、「価値があり生活に必要なもの」と主張することが多いのです。片付けると言いながら数年経過しているごみ屋敷は、全国に存在しています。ごみ屋敷の原因が住民の精神疾患を患っていると、心のケアをしなければ解決できません。ごみ屋敷に、直接苦情を言う・片付けを促す行動で、新たなトラブルを引き起こしてしまうこともあるでしょう。ごみ屋敷の住人に注意したことで、嫌がらせを受けるトラブルも後を絶ちません。ですから、近隣のごみ屋敷への指導は行政や各自治体に任せましょう。自治体によっては強制撤去することもあります。

3.ゴミ屋敷は病気のサイン?片付けられない症候群について

3-1.女性に急増する片付けられない症候群とは?

あなたは、「片付けられない症候群」という病気をご存じでしょうか?以前では、部屋が散らかる多くの原因は、ズボラな性格・怠慢からくるものだと信じられていました。しかし、近年女性に増加する「片付けられない症候群」は、「片付けたいと思っていても、ごみを増やしてしまう・・・」、「片付け方がわからない・・」といった脳の障害が影響していると言います。部屋を片付けられない代表的な精神疾患は、ADHA(注意欠陥多動性障害)です。ADHAの特徴は、注意力や集中力が散漫で、片付けや整理整頓を集中して行うことができません。どんなに気を付けようと思っていても脳の障害のため、片付けられないのです。ADHAは女性に多く、精神疾患と気づかないまま、片付けられないことで離婚に至るケースもあります。

3-2.信じられない現状!実家がゴミ屋敷に?

全国で広がるごみ屋敷問題。自分とは無縁と思っていた人も、両親のどちらかが亡くなることで、実家がごみ屋敷になるケースも多いです。核家族化が進み、高齢者だけでは片付けることができない現状もあります。認知症や精神的な病を患っている可能性も考えられるでしょう。ものが溢(あふ)れた現代では、断捨離が注目されています。しかし、ものが少ない中生きてきた昔の人は、ものを大事にするように育てられてきました。明らかに使えないものでも大事に保管する高齢者も多いのです。ただ単に、ものを捨てることが「もったいない」と感じてしまうのでしょう。実家が散らかってきたなと感じたら、早めに改善してください。捨てることがストレスになる高齢者には、一方的に「片付ける」「捨てる」ことを押し付けると意固地になり逆効果です。「散らかった部屋では健康に、安全に暮らせないから心配」といった配慮のある伝え方をするといいでしょう。親子とはいえ、親の所有物ですから、決めつけるような行動や言い方は避けてください。また、日用品や食品を大量にストックしている心理は、年を取ったことによる不安の裏返しです。日頃から体調を気遣う連絡やコミュニケーションを忘れずに行いましょう。

3-3.ごみ屋敷が引き起こす遺品整理問題

最近、親族が孤独死した結果、突然、遺品整理問題に直面する人たちが急増しています。ご存じない方も多いですが、孤独死した部屋の片づけは、遺族が責任を持って行う必要があるのです。孤独死の現場では、ごみ屋敷状態になっていることも少なくありません。はっきり申し上げます。ごみ屋敷の遺品整理は、素人では手に負えません。悲しみやショックを抱え、故人の生きた証しである遺品を整理するだけでもツライ状況です。そんな中、床に散乱・腐敗したごみをかき集める作業に耐えられるでしょうか?

3-4.ごみ屋敷を遺品整理する方法

ごみ屋敷の遺品整理は、片付け・仕分け・不用品の処分・清掃などやることが多いです。文字にすると単純作業に見えます。ですが、悪臭立ち込めるごみ屋敷の中、ごみを掘り出しては出てくるゴキブリやハエにやる気が失われていくことは想像できるでしょう。ごみ屋敷の遺品整理は、自分たちで行わず、遺品整理業者や片付けを行う不用品回収業者の手を借りてください。
遺品整理業者は、故人のものを大切に扱う配慮もあります。ごみ屋敷を掃除しながら、残されたものを分別・整理してくれるでしょう。また、不用品の処分も行ってくれます。ごみ屋敷の遺品整理にお困りの方は、遺品整理業者や不用品回収業者に相談してみてください。

4.ごみ屋敷の片付け方法

この項ではごみ屋敷を効率的に片付ける方法をご紹介します。

4-1.ごみ屋敷の片付けに必要な道具とは?

ごみ屋敷の片づけは、洋服に汚れや臭いが付くことから、掃除途中に買いに行くことも気が引けます。必要なものは掃除に取り掛かる前に揃(そろ)えておきましょう。

ごみ屋敷の片付けに必要な道具

  • 指定ごみ袋(可燃・不燃・プラスチック各100枚以上)
  • 手袋・マスク
  • ごみを運ぶ台車
  • 害虫に効く殺虫剤や駆除剤
  • 雑巾・バケツ
  • 汚れてもいい服
  • 洗剤・たわし
  • ごみを運搬する車

ごみ袋は自治体が指定するものを大量に用意してください。ごみの分別を行うため、可燃・不燃など種類別に必要です。ごみ屋敷では、悪臭対策のほか、ほこりやカビを吸い込まないためにマスクを着用してください。素手ではケガをする恐れがあるため手袋も必需品です。食べ物や生ごみが散乱する部屋では片付けるたびに出てくるゴキブリに精神が削られてしまいます。害虫を駆除する駆除剤も用意してください。
ごみ屋敷の片付けは、ごみ屋敷の状況にもよりますが、ワンルーム程度であれば時間はそれほどかかりません。しかし、1軒屋まるごと、ファミリータイプのマンションなどは、一人では手が付けられない状態です。家族や友人に協力してもらいましょう。

4-2.ごみ屋敷の片付け方

ごみ屋敷の掃除では、明らかにごみとわかるものからどんどんごみ袋に入れていきましょう。例としては、お弁当の空き容器やペットボトル・缶・紙くずなどです。ものを減らすとか分別するスペースが確保できないため、とにかく最初はごみの量を減らさなくてはなりません。
ある程度、ごみが片付いたら、「必要なもの」だけを残し、すべて不用品・粗大ごみとして仕分けしましょう。不用品は、家の一部分に集めてください。1年以上着ていない洋服や靴は処分します。思い出の品は、段ボールに集めて保管してください。ただし、何十年にもわたり蓄積されたごみは保存状態が最悪です。悪臭や汚れで使えないものがほとんどでしょう。虫が湧いていることもあるため、保管する際には十分注意してください。
ごみ屋敷から出るごみは一刻も早く処理する必要があります。ごみ収集日まで待つということは家の中にごみを置いておくということです。ごみは、自分で収集場所まで運ぶか、業者に依頼して処分しましょう。ごみ屋敷の片づけを収集日当日や前日に行うのもオススメです。

4-3.不用品・粗大ごみの仕分け・回収方法とは?

不用品・粗大ごみは、「自分は必要ないけどまだ使える品物」と「捨てるもの」に仕分けしていきましょう。パソコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の処分は、リサイクル品として回収してもらう必要があります。粗大ごみとして処分できないため、注意してください。指定ごみ袋に入らないごみは粗大ごみとして考えます。粗大ごみ・不用品は各自治体の定めたルールに沿って捨てなければなりません。自治体ホームページなどで処分方法を確認しましょう。

4-3-1.不用品の回収方法

不用品や粗大ごみの処分方法は、主に3つです。

  • 自治体の粗大ごみ回収で捨てる
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップに買い取ってもらう

自治体の粗大ごみ回収を利用する場合、粗大ごみ受付センターへの予約が必要です。受付可能な粗大ごみは、各自治体で異なるため、受付てもらえない品目あるでしょう。さらに1度に受付可能な個数にも制限があります。1度に大量の粗大ごみを処分したいときには不向きです。また、粗大ごみは指定された場所まで自分で運ばなければならず手間と時間がかかります。高齢者の方や忙しい人は、不用品回収業者にまとめて回収してもらいましょう。不用品に、アクセサリーやブランドバック・状態のいい家具・家電がある場合、オークションやリサイクルショップに買い取ってもらえます。使わない家具・家電も製造から3年以内の新しいものであれば買い取り・引き取りしてもらえるでしょう。手間と時間をかけられる方は、自分でオークションに出品し売る方法もあります。

5.ごみ屋敷が招くトラブルと対処法について

ごみ屋敷が招くトラブルについて解説します。

5-1.ごみ屋敷のよくあるトラブル

ごみ屋敷の主なトラブルは、周辺住民との確執や、ごみ屋敷の火災・異臭騒ぎなど多々あります。中でも怖いのが火災です。漏電やコンセントに溜(た)まったほこりが原因で引火した火は、あっという間に燃え広がります。普通の家より燃えるものが多いごみ屋敷では消火も困難です。住民は避難経路も塞がれているため、逃げ遅れる可能性も高いでしょう。また、ごみ屋敷を片付けようとする場合、片付け業者と消費者との間でトラブルが絶えません。料金が見積金額と違う、サービス内容が依頼したものと違うなどのほか、回収してもらった粗大ごみが不法投棄されるケースもあるのです。

5-2.ごみ屋敷が招くトラブルの対処法とは?

ごみ屋敷の招くトラブルは、「片付けること」と「住人の心のケア」で解決します。逆に言うと、この2つを行わない限り、ごみ屋敷トラブルを防ぐことはできないでしょう。ごみ屋敷の住人が素直に片付けてくれるとも限りません。自ら交渉するのは、住人の心を逆なでしてしまう可能性もあるでしょう。ごみ屋敷問題を抱えたら、必ず自治体へ相談してください。実家や家族の家がごみ屋敷になったときは、ごみ屋敷の住人の心理状態を理解することから始めましょう。精神疾患を患っている場合は、専門のカウンセリングを受けるなど病気の治療を優先してください。

6.もしかして私も汚部屋症候群?~片付けられない度チェック~

ごみ屋敷になる背景は、誰もが抱える心の病が影響しています。特にADHAなどの精神疾患は大人になってから発覚することも多いのです。自分でも知らず知らずのうちに、片付けられない症候群になっている可能性もあるでしょう。そこで、以下の項目を確認し、当てはまるものがないか確認してみてください。

汚部屋症候群チェックリスト

  • 寝坊や遅刻の頻度が多い
  • 集中力が続かない
  • 旅行の準備・予約や荷造りが苦手
  • 子供のころから机やカバンの中がグチャグチャ
  • 複数人での会話・集団行動が苦手
  • ものを捨てることができない
  • 忘れもの・探しものが多い
  • 片付け方がわからない
  • 予定どおりに進まないとイライラする
  • うっかりミスが多い
  • 部屋の掃除中に漫画やアルバムを見入ってしまう
  • したいことは今すぐしたい
  • 旅行や持ち歩く荷物が異常に多い
  • 財布がレシートでパンパン
  • 耳かきや爪切りが3つ以上ある
  • ものを床に置くクセがある

いかがですか?7つ以上当てはまる方は、片付けられない症候群になっている可能性があります。日頃の生活習慣を見直すところから改善していきましょう。

7.ごみ屋敷をプロに依頼!片付け業者を選ぶ5つのポイント

7-1.プロに頼んだ方がいい状態とは?

ごみ屋敷にも、自分で片付けられるレベルから、手が付けられない危険な状態までさまざまです。掃除にかけられる労力や人出の有無によっても変わってくるでしょう。ごみ屋敷の掃除を業者に依頼したほうがいい状態をご紹介します。

  • 害虫の量が多い
  • 水回りが機能していない
  • 天井までゴミがぎっしりと詰(つ)まっている
  • 金属片やガラスなど危険なものが多い
  • 認知症や病気が原因で片付けられない
  • ものを捨てることに抵抗がある
  • 忙しくて時間が取れない
  • 1軒屋まるごと・2LDK以上の広さ
  • 遠方で片付けできない
  • 急いで片付けたい
  • ごみ屋敷の遺品整理

以上のような状態は、ごみ屋敷の片づけを自分で行うには困難な状態です。業者に頼めば数時間で終わる作業も、素人が自分でやると数日かかってしまうこともあるでしょう。ごみ屋敷の掃除は、お掃除のプロに任せることが一番です。

7-2.プロに頼むメリット

ごみ屋敷の片づけをプロに頼む3つのメリットをご紹介します。

  1. 早い:数時間で片付け終了
  2. 手間がかからない:ごみの搬出までやってもらえる
  3. ごみの処分に制限がない:産業廃棄物まで処分可能

ごみ屋敷が片付けられないとお悩みのあなた!あなたのその悩みは業者に依頼すれば数時間で解決します。業者に依頼すれば、片付けからごみの運搬。不用品の回収・買い取りまで対応してくれるでしょう。夜間や休日の対応も期待できます。退去日が迫っている方や引っ越しまで時間がない方には即日対応してくれる会社もあるでしょう。家電リサイクル法で制限されている家電・産業廃棄物なども処分可能です。隣近所にばれたくない賃貸住宅の方でも安心!大家さんや管理会社に知られず、ごみ屋敷の片付けが完了します。

7-3.ごみ屋敷の片づけを依頼する業者選びのポイント

ごみ屋敷の片づけを行う業者は数が多いです。便利屋、何でも屋、不用品回収業者、ハウスクリーニング・・・一体、どこに依頼すればいいか迷ってしまいますよね。業者選びのポイントは、以下をご覧ください。

  • 見積書提示や料金形体が明解なこと
  • 産業廃棄物収集運搬許可の許可がある
  • 古物商許可
  • 見積料金が無料なところ
  • ハウスクリーニングも行う
  • 不用品の買い取りも行う会社
  • 損害保険に加入している

以上のようなポイントを抑えた会社であれば、安心して作業を任せることができるでしょう。ごみ屋敷と言えども、大切な家に変わりはありません。作業中に万が一傷や破損が起きた場合でも損害保険に入っている会社ならきちんと対応してもらえるはずです。また、料金形体が明瞭で、見積書もしっかり作成する会社は、作業後の料金トラブルに悩まされることはないでしょう。一般家庭から出るごみの回収を行う業者は、自治体の許可が必要です。産業廃棄物収集運搬許可があるかどうかは業者のホームページなどで確認できますので必ずチェックしてみましょう。片付けだけでなく、不用品の回収・買い取りを行う不用品回収業者なら、片付けに必要な作業をすべて任せられるため手間がかかりません。

7-4.ごみ屋敷の片付けを依頼するときのコツとは?

ごみ屋敷の片付け依頼するときは、なるべく車両代や人件費が料金に含まれない会社を選ぶと費用を安く抑えることができます。トラック詰め放題や定額パックプランを設けている業者も多いです。料金を抑えたい場合は、片付け業者にどこまでの作業なら安くなるか?などを相談してみましょう。信頼できる業者なら、快く教えてくれます。ごみの分別や”自分でできる作業だけやる”などで、かかる費用も異なってくるはずです。

7-5.ゴミ屋敷の片付け料金の相場について

ごみ屋敷の片づけを業者に依頼する料金相場についてご案内します。片づけを行う業者の料金には明確な基準がありません。ですから、業者により大きな幅があります。また、現場の状況により異なるでしょう。汚部屋レベル、エレベーターの有無・階数・作業する時間帯でもオプションで作業料金がかかります。

  • 1DKマンション(2tトラック1台)
    車両費15000円+人件費スタッフ3名9000円×3+処分費用10000円=160000円
  • 1戸建て(2tトラック2台)
    車両費15000×2+人件費スタッフ4名9000円×4+処分費用250000円=316000円

あくまでも1例ですが、多くの場合、ごみ屋敷の作業でかかる費用には、車両代・人件費・ごみ回収処理費用がかかります。業者によって料金形体が違うため参考程度にお考えください。実際の料金は現場を確認しきちんと見積もりを取ってもらいましょう。
車両代や人件費を別途請求しない業者を選ぶだけでも、一般的な業者より5割程度も安くなります。

まとめ

いかがでしたか?この記事ではごみ屋敷が作られる原因や片付け方法について解説しました。ごみ屋敷の実態や危険性は十分ご理解いただけたかと思います。ごみ屋敷を放っておくことで起こるデメリットは最悪人の命を奪ってしまうことにもなりかねません。今まで手を付けられなかった方はこれを機に業者に相談してみてはいかがでしょうか?ごみ屋敷が片付けば、さまざまなトラブルに見舞われることもなくなり、精神的にも落ち着いた生活を取り戻せます。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!