引越し時の家具処分をお得で手軽にするには? 買い取りのポイントも!

4.引越し時の家具処分を回収業者に依頼する方法

回収業者に依頼する方法についてご紹介します。

4-1.回収業者について

メリットやデメリット・流れ・料金についてまとめてみました。

4-1-1.メリットとデメリット

最大のメリットは、自分で処分する手間が不要という点です。自治体のゴミ回収などを利用すると、自分で仕分けして指定の日時に回収場所まで持って行かなければなりません。しかし、業者に依頼すれば自分の希望日時に自宅まで回収に来てもらえるのです。引越し前の忙しいときに、手間をかけず自分のタイミングで処分できるのは大変便利でしょう。また、回収と買い取りを同時に行っている業者であれば、どんな家具でもまとめて処分できます。買い取ってもらえなかったものの処分方法を、再び検討する必要もないのです。その反面、デメリットとしては、悪質な業者も存在するという点があります。業者選びを慎重に行わないとトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、十分注意してください。

4-1-2.流れ

不用品の回収と買い取りを行っている「ダストネット東京」では、ホームページの「無料見積もりフォーム」から申し込みが可能です。見積もり内容に納得できたら、回収の希望日時で予約してください。出張見積もり後、正式な申し込みとなり回収作業を開始します。作業完了後に支払い、という流れです。

4-1-3.料金

回収や買い取りの料金は、業者によって異なります。同じ家具でも業者によって全く違う回収料金がかかる場合もあるのです。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較しておくことをおすすめします。そうすることで、相場を知ることができるでしょう。

4-2.業者の選び方

回収業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ている
  • 無料見積もりを受け付けている
  • 料金体系が明確である
  • スタッフの対応が丁寧でスムーズである

4-3.注意点

許可を持たずに違法な営業をしている悪徳業者も存在しています。そのような業者を見極めるためにも、以下のような業者は利用しないようにしてください。

  • 事務所の所在地を明記していない
  • 領収書の発行を拒否する
  • 見積書に不明確な項目が多い
  • 固定電話ではなく携帯電話の番号を明記している

このような業者は、後から高額な追加料金を請求したり回収品を不法投棄したりする可能性もあります。トラブルに巻き込まれないため十分注意しましょう。

5.引越し時の家具処分にかんするよくある質問

「引越し時の家具処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

5-1.どのような家具が粗大ゴミに分類されますか?

A.粗大ゴミの分類については、各自治体によって違いがあります。一般的には「一番長い部分が30cmを超えるもの」を粗大ゴミとして分類する自治体が多いでしょう。

5-2.引越しにあたってテレビを処分したいのですがどうすればよいですか?

A.テレビは家電リサイクル法の対象品目になるため、自治体の粗大ゴミとして捨てることはできません。「ダストネット東京」では、テレビを含む家電リサイクル法対象品目の回収も受け付けているため、ぜひご利用ください。

5-3.家具を処分しないまま引越しをするとどうなりますか?

A.一般的には、最初に入居したときの状態にしてから新居に引越しをしなければ違約金が発生します。引越し作業後に退居立ち会いが行われ、室内の状況はしっかりとチェックされるため、家具を残していくことは不可能です。

5-4.不要な家具を寄付することもできますか?

A.福祉施設やNPO団体などに寄付して有効活用してもらうこともできます。ただし、寄付を募っているかどうか、どのような寄付を希望しているか、事前にしっかり確認してください。

5-5.引越しまでの日数がなく、家具の処分を急いでいます。どうすればすぐに処分できますか?

A.「ダストネット東京」では、可能な限り即日対応も受け付けています。まずは、相談してみてください。

まとめ

いかがでしたか? 引越し時の家具処分について、方法やそれぞれのメリット・注意点などをまとめてご紹介しました。引越し時には大量の不用品が発生します。引越しを機にまとめて家具などを処分したいという人も多いでしょう。できるだけ手間とお金をかけずに家具を処分できる方法を知るために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。そして、スムーズに引越し作業をすすめましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!