自分でする引越しのやり方~スムーズに引越しをするポイントやコツ~

引越しではやらなければならないことがたくさんあります。
準備不足によって引越し当日にあわててしまう人は多いです。
スムーズにするためにも、自分でできることから事前準備をすすめていかなければなりません。
そこで、自分でする引越しのやり方や引越し作業で準備するもの、引越し作業の手順・注意点について説明します。
引越し作業を自分でやりたい人、やり方を知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 自分でする引越しのやり方
  2. 引越し作業で準備するもの
  3. 引越し作業の手順や注意点
  4. まとめ

1.自分でする引越しのやり方

一般的に、引越しは業者に依頼する人が多いでしょう。
しかし、業者に依頼する場合費用がある程度かかってしまいます。
費用節約したい人は、自分でする引越しのやり方を知らなければなりません。
引越しをする前に、正しいやり方やポイントを把握しておきましょう。

1‐1.自分でできる引越しかどうか判断が大切

自分自身で引越しをする場合は、自分でできるかどうかの判断が大切になります。
たとえば、移動する荷物の量が多い、移動距離が長いほど自分でするには限界があるでしょう。
荷物の量に合ったトラックやダンボールを準備しなければなりません。
トラック1台だけでは引越しできないケースもあります。
逆に、移動する荷物が少ない、移動距離が短い場合は自分で引越ししたほうがお得です。
引越し先との距離や荷物の量、自分の状況をしっかり踏まえたうえで判断をしてください。
自分でする引越しが無理だと思うなら、業者に依頼したほうが安心です。

1‐2.まずは荷物をダンボールにまとめる

自分でする引越しのやり方は普通と変わりません。
引越しの基本ともいえる「荷造り」は大切なポイントです。
荷造りがスムーズにできるかどうかで引越しの流れも変わるでしょう。
効率的に引越しをすすめるには、家の中にある荷物をダンボールにまとめてください。ダンボールのまとめ方は、場所によってわけると良いでしょう。
リビングならテーブル周辺にあるもの、家電類、クッション、キッチンなら食器や調理器具など別々にすることが大切です。
ダンボールにつめる際、使っていないものは処分してください。
引越しは「要るもの」と「要らないもの」にわける機会にもなります。不用品は引越しですべて処分していきましょう。

1‐3.軽トラックは用意できるかどうか

自分でする引越しで必ず大切なのが、「軽トラック」です。
業者に依頼するとき、業者がトラックを用意してくれます。
しかし、自分で引越しをするときは自分でトラックを用意しなければなりません。
1人暮らしなら普通自動車のトランクでも移動できるでしょう。
しかし、家庭用冷蔵庫や洗濯機があるなら運べる程度の軽トラックを用意しなければなりません。
自分で引越しをする前に、軽トラックが用意できるかどうか必ず確認してください。
用意できなければ業者に依頼するほかありません。
また、軽トラックをレンタルする方法もあります。レンタルする際は費用がいくらかかるのか確認が必要です。
レンタル料のほかにも、ガソリン代などが必要になるでしょう。
自分でする引越しに必要な金額の見積もりも大切なポイントになります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!