自分でする引越しのやり方~スムーズに引越しをするポイントやコツ~

引越しではやらなければならないことがたくさんあります。
準備不足によって引越し当日にあわててしまう人は多いです。
スムーズにするためにも、自分でできることから事前準備をすすめていかなければなりません。
そこで、自分でする引越しのやり方や引越し作業で準備するもの、引越し作業の手順・注意点について説明します。
引越し作業を自分でやりたい人、やり方を知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 自分でする引越しのやり方
  2. 引越し作業で準備するもの
  3. 引越し作業の手順や注意点
  4. まとめ

1.自分でする引越しのやり方

一般的に、引越しは業者に依頼する人が多いでしょう。
しかし、業者に依頼する場合費用がある程度かかってしまいます。
費用節約したい人は、自分でする引越しのやり方を知らなければなりません。
引越しをする前に、正しいやり方やポイントを把握しておきましょう。

1‐1.自分でできる引越しかどうか判断が大切

自分自身で引越しをする場合は、自分でできるかどうかの判断が大切になります。
たとえば、移動する荷物の量が多い、移動距離が長いほど自分でするには限界があるでしょう。
荷物の量に合ったトラックやダンボールを準備しなければなりません。
トラック1台だけでは引越しできないケースもあります。
逆に、移動する荷物が少ない、移動距離が短い場合は自分で引越ししたほうがお得です。
引越し先との距離や荷物の量、自分の状況をしっかり踏まえたうえで判断をしてください。
自分でする引越しが無理だと思うなら、業者に依頼したほうが安心です。

1‐2.まずは荷物をダンボールにまとめる

自分でする引越しのやり方は普通と変わりません。
引越しの基本ともいえる「荷造り」は大切なポイントです。
荷造りがスムーズにできるかどうかで引越しの流れも変わるでしょう。
効率的に引越しをすすめるには、家の中にある荷物をダンボールにまとめてください。ダンボールのまとめ方は、場所によってわけると良いでしょう。
リビングならテーブル周辺にあるもの、家電類、クッション、キッチンなら食器や調理器具など別々にすることが大切です。
ダンボールにつめる際、使っていないものは処分してください。
引越しは「要るもの」と「要らないもの」にわける機会にもなります。不用品は引越しですべて処分していきましょう。

1‐3.軽トラックは用意できるかどうか

自分でする引越しで必ず大切なのが、「軽トラック」です。
業者に依頼するとき、業者がトラックを用意してくれます。
しかし、自分で引越しをするときは自分でトラックを用意しなければなりません。
1人暮らしなら普通自動車のトランクでも移動できるでしょう。
しかし、家庭用冷蔵庫や洗濯機があるなら運べる程度の軽トラックを用意しなければなりません。
自分で引越しをする前に、軽トラックが用意できるかどうか必ず確認してください。
用意できなければ業者に依頼するほかありません。
また、軽トラックをレンタルする方法もあります。レンタルする際は費用がいくらかかるのか確認が必要です。
レンタル料のほかにも、ガソリン代などが必要になるでしょう。
自分でする引越しに必要な金額の見積もりも大切なポイントになります。

2.引越し作業で用意するもの

2‐1.移動手段と人手

引越し業者にかかる費用には、作業員の数が入っています。
作業員の数が増えれば増えるほど見積もりも高くなるものです。
もし、自分で引越しをする場合、1人では運び出せない大型家具や家電製品があるでしょう。
無理に運ぼうとすればケガをする恐れがあるので要注意です。
手伝ってくれる人が確保できるかどうか、引越しする前に考えなければなりません。
引越しをする前に、友人や知人で手伝ってくれる人を探しましょう。
そして、移動手段に必要な軽トラックや台車を用意しなければなりません。
台車はダンボールを運ぶのに便利です。絶対に必要とはいえませんが、用意しておくと非常に役立ちます。

2‐2.荷物をまとめるための道具

引越し作業をするため、荷物をまとめる道具が必要になります。
荷物をまとめるために必要なのが“ダンボール”です。
荷物の量に合ったダンボールの数を用意しなければなりません。
ダンボールは地元のスーパーやホームセンターに頼んでもらうこともできます。
また、地道に友人や知人からダンボールを集めるのも良いでしょう。
たりない場合はホームセンターなどでも購入できるので用意してください。
そして、ダンボールのほかにも梱包(こんぽう)するための材料や布、テープ、ガムテープ、軍手などが必要です。
さらに、食器やガラス製品をつつむ新聞紙も必要になるでしょう。丁寧に梱包(こんぽう)しなければ移動の際に割れてしまいます。
業者に依頼すれば専用ケースに収納してくれるでしょう。
しかし、自分でする場合はすべて用意しなければなりません。
スムーズに準備ができるよう、あらかじめ引越しに必要なものをメモしておきましょう。

3.引越し作業の手順や注意点

3‐1.事前に知っておきたい引越し作業の手順

自分で引越しする場合、きちんとスケジュール計画を立てておかなければなりません。引越し当日であわてないためにも時間には余裕を持って行動しましょう。
基本的に引越し当日よりも当日まですべきことがたくさんあります。
引越し当日までにやるべきことは、荷造りから家電の仕わけ、お手伝いのお願いなどです。
最初にする荷造りは使っていないものからダンボールにつめていきましょう。
使っているものをつめてしまえば荷造りをほどかなければなりません。
家電の仕わけをするときは、要らないものを処分してください。要らない不用品はできるだけ早めに処分することが大切です。
もし、引越し当日に不用品が出た場合はすぐに対応してくれる不用品回収業者に依頼しましょう。自宅まで回収しにきてくれるので手間と時間がかかりません。
そして、引越し当日はレンタカーの手配や荷物のつめこみ、今まで住んでいた家の掃除が必要になります。
てきぱきとすすめることができるよう、手伝ってくれる人にもスケジュールを伝えておきましょう。

3‐2.手伝ってくれた人には謝礼を忘れずに

自分でする引越しには、必ず人手が必要になります。
実際、人手不足で引越しに時間と手間がかかった人は多いです。
当日あわてないためにも注意しなければなりません。
引越しの際、気をつけておきたいのが手伝ってくれた人に対する“謝礼”です。
自分の時間と労力を貸してくれたのですから、きちんとお礼をしなければなりません。感謝の気持ちとして謝礼を準備しておきましょう。
謝礼を用意しておけば、手伝ってくれた友人や知人も引越し後気分が良くなります。
今後の交流関係も良くなるに違いありません。
特に、自分でおこなう引越しは男手が必要です。男性の力は大きな力になるでしょう。

4.まとめ

自分でする引越しのやり方や引越し作業で用意するもの、引越し作業の手順・注意点について説明しました。いかがでしたでしょうか。
自分でする引越しと業者に依頼するやり方は基本的に同じです。
しかし、軽トラックの準備や人手の依頼など自分でやるべきことがたくさんあります。まずは、自分で引越しできる状況かどうか適切な判断が大切です。
できるだけ時間と労力を減らすためにも、使っていないもの、要らないものを処分しておきましょう。
荷物が増えれば増えるほど運ぶ荷物が多くなります。
効率的に引越しをするには荷物を減らすことがポイントです。
大量の不用品は業者に依頼して処分していきましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!