引越しの時こそ断捨離のチャンス!コツを掴んで身軽になろう

引越し時の断捨離、あなたはコツがわかっていますか? いざ、新居へ引越すために部屋の中を片付けようと思ったのに片付けられないという経験がある人も多いはずです。コツさえ掴(つか)めばとっても簡単な断捨離、ぜひやり方を覚えて身軽に引越ししましょう。

  1. 引越し前の断捨離のコツ
  2. 不要品の処分方法

1.引越し前の断捨離のコツ

1-1.そもそも断捨離とは何か

断捨離という言葉、最近はよく耳にするようになりました。でも、その意味を知らないという人も多いのではないでしょうか。
断捨離とは、
断・・・いらないものを断ち入ってこないようにする
捨・・・ずっと家にあるいらないものを捨てる
離・・・物に対する執着から離れる
という意味を持っており、物に対しての執着心を捨てることでいらないものを排除する、ということを指しているのです。
断捨離をすると、気持ちの整理をすることもでき普段の生活にいい影響が出やすくなると言われています。

1-2.家にあるものを分ける

断捨離をするときはまず、家にあるものを分けましょう。
「必要なもの」「いらないもの」「どちらかわからないもの」の3つに分けていきます。このときのポイントは、まず「いらないもの」をどんどん出していくことです。いらないものを出していくとおのずと必要なものが見えてきます。
また、必要だと判断したものやどちらかわからないと判断したものについては、一度休憩してから再度分けてみると、意外といらないものに変化することもあるのです。

1-3.断捨離は服から始めよう

一番簡単に捨てられるもの、それが服でしょう。
流行(りゅうこう)を追ったり、安くなっていて衝動買いしてしまったり…ということも多いもので、いざクローゼットを開いてみたらほとんど着ていない服が出てくることもあるものです。
そんな服を断捨離するときは「1年以上着ていない服」を基準としているものいらないものを分けてみましょう。仮に分けているときに「これ、かわいいんだよなぁ。いつか着るかもなぁ」と思っても1年も着ていないということはこの先も着ない可能性が高いのです。
服はトレンドもあります。流行(りゅうこう)が過ぎてしまっていたりするなら、思いきって手放しましょう。

1-4.いつか…はないと思うべし

服だけでなく、小物などを分けていたりすると「これはいつか使うかも…」と思うものが出てくることもあります。ですが、ほとんどの場合その「いつか」がくることはありません。
いつか使うかも…という理由で取っておくのはやめましょう。

2.不要品の処分方法

2-1.出せるものは少しずついつものごみとして出す

燃えるごみ、燃えないごみ、資源ごみなどは普段の回収日にできるだけ少しずつ出していきます。一度に出すとマンションなどに住んでいる場合は特に迷惑をかける可能性もあるので、出たごみを少しずつ小分けにして出していくようにしましょう。

2-2.高価なものや使えるものは売ってみる

高価な品物やまだ使える電化製品などは売ってみるのもひとつの手です。
リサイクルショップに持ち込んだり、オークションに出したりと方法はいろいろあります。自分の使いやすいほうで売ってみるといいでしょう。時にはびっくりするような値段で売れることだってあるのです。
また、欲しがっている友人がいたりするならその人に譲ってもいいでしょうし、自治体で「譲ります」という形で掲示することができる場合もありますので問い合わせてみましょう。

2-3.不要品回収業者を利用する

引越しの直前に大量のごみが出てしまった場合や、処分に困る大型のごみがある場合には不要品回収業者を利用しましょう。
自分で持ちだしたりする必要もありませんし、いろいろなごみを一度に引き取ってくれるので非常に便利です。また、業者によっては不要品を買い取ってくれる場合もありますからぜひ有効活用してみましょう。

まとめ

いかがでしたか? 引越しの前に断捨離をすれば、引越しの際、トラックのサイズを下げることができたり、新居での暮らしをスムーズに開始できたりするなど、いいことがたくさんあります。引越し業者のトラックのサイズを1サイズ下げるだけで、1万円程度変わることもあるのです。引越し時の費用を抑える効果も見込めるので、コツを掴(つか)んだ断捨離で引越し前に家の中をスッキリさせてみてはいかがでしょうか?

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!