これさえ押さえておけば大丈夫! 引っ越し時の粗大ごみの処分方法

4.業者に依頼するときの注意点

引っ越し時の強い味方になってくれる回収業者ですが、気を付けたいこともあります。この項目でしっかく確認しておきましょう。

4-1.所在地がハッキリしている場所に依頼する

回収業者の中には不法投棄などをしている業者がいます。こうした業者は事務所を構えずに営業していることが多く、問題が発生したときその場から素早く去るためです。そのため、こうした事務所がない業者で依頼してしまうと損害請求が難しいでしょう。
悪徳業者に引っ掛かる前に業者の所在地と固定電話番号は確認してから依頼することをおススメします。

4-2.事前確認を取る業者に依頼する

業者は依頼申し込みをきちんと行っている場所を選びましょう。
事前確認をする業者ならば自社で引き取りできないもの・できないものをしっかり提示してくれるのです。しかし、確認もせずに作業に入ろうとする業者は怪しいと思いましょう。

4-3.見積もりを出さない業者は危ない

依頼する前に気を付けたいのは、事前に見積もりをするかどうかです。
ごみの廃棄・処分を依頼したのに見積もりを出さない場合は、認可を受けずに営業している可能性があります。見積もりを取らない業者は依頼してもキャンセルすべきです。

5.引っ越しの片づけポイント

引っ越しのときは効率よく掃除や荷造りをしたいもの。ここでは、引っ越しをスムーズにするコツをご紹介します。

5-1.部屋単位で荷造りする

ダンボールにはしっかりものを詰めますが、重くなりすぎないようにするのがポイント。重いもの・軽いものを混ぜていくとバランスのよい重さになります。
また、荷造りは部屋単位で行うようにしましょう。引っ越しのとき、ダンボール箱は部屋ごとに運ばれるはず。そのため、運ばれる部屋さえ間違ってなければ開封後の作業効率も上がります。
ただし、あまりごちゃごちゃとものを入れ過ぎずに箱の中身は統一しましょう。ゴチャゴチャとさまざまなものを一緒にこん包すると破損の恐れがあります。

5-2.食器・雑貨にはクッションを作る

荷造りで一番頭を痛めるのが食器・雑貨品。これら食器類は運ぶ中で破損しないようにする工夫が必要です。
ダンボール箱の底には新聞紙を厚めに敷き、さらに食器や雑貨は緩衝材があればそれに包んで詰めておきます。その上へさらに新聞紙などでカバーしておきましょう。
運ぶときに注意を促すため、ダンボール箱の側面とてっぺんに『割れ物』と書いておきます。

6.まとめ

いかがでしたか?
この記事では引っ越し時の不用品・粗大ごみの処分方法をご紹介しました。さいごに、大事なポイントをまとめておきましょう。

  • 大量の粗大ごみは不用品回収業者に依頼するのが楽。
  • 回収業者であれば丁寧かつスピーディに対応してくれる。
  • 引っ越し前にはしっかりと準備する必要がある。
  • 見積もり・事前確認をする業者に依頼する。

引っ越しのときに大量に出てくる不用品。荷造りや部屋の明け渡しのときまでに放っておくと面倒です。早めに回収業者に依頼しておくのをおススメします。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!