ハウスダスト対策に効果的な掃除方法とは? コツやポイントをつかもう!

1.ハウスダストを防ぐ掃除方法

アレルギー性の鼻炎をやわらげるためには掃除の仕方が大きなポイントになります。
原因となっているアレルゲン物質をなくさなければなりません。
アレルゲン物質をなくすためにも、ハウスダストを防ぐ掃除方法について説明します。

1‐1.ハウスダストの発生源

効率的な掃除方法は「ハウスダストの発生源」を知ることが大切です。
ハウスダストをなくすためには発生源を把握しなければなりません。
ハウスダストのほとんどは空気中にただよっているカビやダニ・ノミの死がい、家の中にある洋服や家具のホコリ、髪の毛のフケ、ペットの抜け毛などがあります。
特に、室内で多いハウスダストは洋服から発生する繊維・綿ホコリです。
私たちは当たり前のように洋服を着ていますが、動くたびにホコリが発生しています。あなたは洋服を脱ぎちらかしてはいませんか?
脱ぎちらかしてごちゃごちゃになっているほど、アレルゲン物質がたくさん出ているのです。
洋服をきちんと整理整頓しなければなりません。
また、ハウスダストはそとから入ってきているのもあります。
ハウスダストの発生源をきちんと把握した上で掃除をしていきましょう。

1‐2.掃除機をかける前にぞうきんがけをする

アレルゲン物質を取りのぞくためには掃除が最も効果的な方法になります。
部屋を掃除するとき、掃除機をかける人が多いでしょう。
しかし、掃除機をそのままかけてしまうとホコリやダニ・ノミの死がいが空気中にまいあがってしまいます。
空気中にまいあがらないためにも掃除機をかける前に「ぞうきんがけ」をしてください。
ぞうきんがけをすることでまいあがりの防止になります。
効率的にアレルゲン物質を取りのぞけるでしょう。
学校ではぞうきんがけをした後にほうきではわくことを教わりますが、逆効果です。
できるだけ先にぞうきんがけをしてくださいね。
そして、ゆっくり掃除機をかけていきましょう。

1‐3.家具や洋服についているホコリを取りのぞく

アレルゲン物質はほとんど洋服から発生しています。
家の中に入るとき、洋服についているホコリをすべてはらってから入りましょう。
そとからアレルゲン物質が入る可能性もあるため、玄関の前でキレイにしてください。また、ダニやノミが発生しないようにタンスの中には防臭剤を入れておくと良いでしょう。
きちんと整理整頓することも大切なポイントになります。
そして、家具についているホコリもぞうきんがけでキレイにしてください。
定期的に掃除をしなければホコリがたまってしまいます。
家具の上にもたくさんたまっているのでキレイに掃除していきましょう。

2.効果的なハウスダスト対策

2‐1.空気清浄機を利用する

効果的なハウスダスト対策をするため、「空気清浄機」を利用してください。
空気清浄機だけでは不十分なので、定期的な掃除と一緒に利用することも大切なポイントになります。
定期的な掃除と空気清浄機の活用で効率的なハウスダスト対策ができるでしょう。
空気清浄機の中にはアレルゲン物質の吸収率が高いものもあります。
最近の空気清浄機は機能が優秀なのでぜひチェックしてください。
より効果をあげるため「フィルターの掃除」は必要不可欠です。
フィルターの掃除をこまめにしなければ、ホコリがすぐにつまってしまいます。思うようにアレルゲン物質が吸収できないのでフィルターはこまめに掃除してください。
エアコンにも空気清浄機能はついていますが、エアコンのフィルター掃除も大切です。

2‐2.できるだけ毎日掃除する

あなたはどのくらいの頻度で掃除をしていますか?
2日に1回や1週間に1回と少ない人も多いでしょう。
アレルゲン物質を効率的に取りのぞくためにはできるだけ毎日することが大切です。
毎日掃除をしなければすぐにホコリやダニ・ノミが発生してしまいます。
生きている限り、ホコリは部屋の中にたまってしまうものです。
そのため、掃除は毎日必要になるでしょう。
しかし、仕事や家事で忙しい場合、毎日掃除をするのは大変ですよね。
そこで、自分なりのルールをつくってください。
掃除する優先順位をつけることが大切になります。
寝室や子供部屋、家族が集まるリビングなどはできるだけ毎日掃除をしていきましょう。
1日たった数分だけでもOKです。優先順位を決めて掃除を続けてくださいね。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!