ハウスダスト対策に効果的な掃除方法とは? コツやポイントをつかもう!

2.効果的なハウスダスト対策

2‐1.空気清浄機を利用する

効果的なハウスダスト対策をするため、「空気清浄機」を利用してください。
空気清浄機だけでは不十分なので、定期的な掃除と一緒に利用することも大切なポイントになります。
定期的な掃除と空気清浄機の活用で効率的なハウスダスト対策ができるでしょう。
空気清浄機の中にはアレルゲン物質の吸収率が高いものもあります。
最近の空気清浄機は機能が優秀なのでぜひチェックしてください。
より効果をあげるため「フィルターの掃除」は必要不可欠です。
フィルターの掃除をこまめにしなければ、ホコリがすぐにつまってしまいます。思うようにアレルゲン物質が吸収できないのでフィルターはこまめに掃除してください。
エアコンにも空気清浄機能はついていますが、エアコンのフィルター掃除も大切です。

2‐2.できるだけ毎日掃除する

あなたはどのくらいの頻度で掃除をしていますか?
2日に1回や1週間に1回と少ない人も多いでしょう。
アレルゲン物質を効率的に取りのぞくためにはできるだけ毎日することが大切です。
毎日掃除をしなければすぐにホコリやダニ・ノミが発生してしまいます。
生きている限り、ホコリは部屋の中にたまってしまうものです。
そのため、掃除は毎日必要になるでしょう。
しかし、仕事や家事で忙しい場合、毎日掃除をするのは大変ですよね。
そこで、自分なりのルールをつくってください。
掃除する優先順位をつけることが大切になります。
寝室や子供部屋、家族が集まるリビングなどはできるだけ毎日掃除をしていきましょう。
1日たった数分だけでもOKです。優先順位を決めて掃除を続けてくださいね。

3.ハウスダスト予防の注意点

3‐1.掃除するときは必ず「換気」をする

ハウスダスト予防には注意点があります。
しっかり注意を踏まえて対策をしなければ逆効果になってしまうでしょう。
必ず注意しておきたいことが掃除をするときの「換気」です。
掃除をするとき、たくさんのアレルゲン物質がまいあがってしまいます。
室内に入っているアレルゲン物質を取りのぞくためにも必ず換気をしてください。
できるだけ「晴れの日」に換気することをおすすめします。
雨の日はそとの湿気が室内に入ってしまうでしょう。
風が強い日も控えておいたほうが良いですよ。
風が強い日はそとのアレルゲンが室内に入ってしまいます。
効率的に換気するためにも天候を選んでくださいね。

3‐2.寝具類にも要注意

ハウスダスト予防の注意は「寝具類」や「洋服の素材」にも注意しなければなりません。
1日数時間すごすことになる寝室はハウスダスト対策を入念にしておきましょう。
布団やベッド・シーツなどはこまめな掃除が大切です。
ダニ・ノミがひそんでいるため、晴れの日に干しましょう。
布団を干すとき、たたき棒でたたく人もいます。
しかし、布団をたたく行為はダニ・ノミを拡散してしまうので注意してください。たたくのではなく、掃除機をかけていきましょう。
布団専用の掃除機もあるのでぜひチェックしてくださいね。
掃除機がけをすることでより効率的にハウスダスト予防ができるでしょう。
また、洋服の素材にも注意が必要です。
洋服の素材にはアレルゲン物質がつきやすいものもあります。できるだけアレルゲン物質ができにくいものを選びましょう。

4.まとめ

ハウスダストを防ぐ掃除方法や効果的なハウスダスト対策、ハウスダスト予防の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
アレルギー性鼻炎のほとんどは「アレルゲン物質」です。
アレルギー性鼻炎を改善するには、アレルゲン物質をできるだけ取りのぞかなければなりません。
自分でできる掃除をこまめにしていきましょう。

  • ハウスダストの発生源を把握する
  • 掃除機をかける前にぞうきんがけをする
  • 家具や洋服についているホコリを取りのぞく
  • 空気清浄機を利用する
  • できるだけ毎日掃除をする
  • 掃除するときは必ず「換気」をする
  • 寝具類にも注意をはらう

以上のポイントは要チェックです。
部屋の中にものがあふれすぎるとホコリやダニ・ノミが発生しやすくなります。
ものを減らすこともアレルゲン物質を取りのぞく効果的な方法です。
時間があいているときに整理整頓をしていきましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!