ゴミ屋敷の掃除に困ったら!効率的に片付けるには業者への依頼も必要

「ゴミ屋敷を掃除したいが何から手をつけたらよいのか分からない」「業者に依頼すべきか?」とお悩みではありませんか? 自分が住んでいる家や実家がゴミ屋敷になってしまった場合、放置しておくのは危険です。ゴミ屋敷を放置することで生じるさまざまな問題を理解し、早めに対処する必要があります。この記事では、ゴミ屋敷を片付ける難しさや自分で掃除する方法・業者に依頼するメリットなどをご紹介しましょう。

  1. ゴミ屋敷を掃除する前に知っておきたいこと
  2. ゴミ屋敷を自分で掃除するには?
  3. ゴミ屋敷の掃除をプロに依頼する場合
  4. ゴミ屋敷の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、ゴミ屋敷が抱える問題点や掃除する前にやるべきこと・業者に依頼した場合の費用相場などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ゴミ屋敷を掃除する前に知っておきたいこと

まずは、ゴミ屋敷の問題点や片付ける難しさ・掃除前にやるべきことなどをまとめました。

1-1.ゴミ屋敷はさまざまな問題を引き起こす

ゴミ屋敷を放置することで発生する問題には、さまざまなものがあります。不衛生な環境で暮らす住民本人の健康状態だけでなく、近隣住民にも悪臭や害虫などの被害をもたらすことになってしまうのです。また、自然発火による火災が起こる危険性や、不法投棄のゴミ捨て場になる可能性も少なくありません。家の中からあふれ出たゴミが道路をふさぎ、行政を巻き込む大きな問題になるケースも珍しくないのです。

1-2.片付けには大変な労力と時間が必要

ゴミ屋敷を片付けるには、大変な労力と時間が必要です。ゴミ屋敷とはその名のとおり、家がゴミであふれている状態のことをいいます。すべてのゴミを分別し、処分する作業・ゴミがなくなった部屋を掃除する作業・発生した害虫を駆除する作業などが必要になるため、とても一人でできるものではないでしょう。場合によっては業者への依頼も検討する必要があります。

1-3.掃除前にやるべきこと3つ

ゴミ屋敷を掃除する前に、以下の3つのことをやっておくべきです。少しでもスムーズに片付けができるよう、参考にしてください。

  • 掃除道具をそろえておく
  • ゴミの処分方法を確認しておく
  • 片付けのスケジュールを立てておく

1-4.一人で片付けようとしない

ゴミ屋敷を一人で片付けようとすると何日もかかってしまいます。特に、ゴミの分別作業には想像以上の時間がかかり、途中で挫折してしまう人も多いでしょう。できれば家族や友人に手伝いを依頼すべきです。「ゴミ屋敷になってしまった家を見られたくない」という場合は、業者へ依頼するのも1つの方法として覚えておきましょう。

2.ゴミ屋敷を自分で掃除するには?

ゴミ屋敷を自分で掃除する場合の手順やコツ・ポイントなどをご紹介しましょう。

2-1.掃除に必要な道具は?

ゴミ屋敷の片付けをする前に、以下の掃除道具をそろえておきましょう。

  • ゴミ袋
  • ぞうきん
  • バケツ
  • モップ
  • 洗剤
  • 掃除機
  • ガムテープ
  • 軍手
  • マスク
  • ゴーグル
  • 長靴
  • ゴミを運ぶ台車

2-2.片付けの4ステップを紹介

ゴミ屋敷を片付ける際の手順を4つのステップに分けてまとめました。

2-2-1.まずは害虫の駆除を

片付けを開始する前に、まず害虫を駆除しましょう。片付けている途中で害虫が出てくると集中できません。片付けの前日に市販の殺虫剤を部屋にまいておくのがおすすめです。ゴミ屋敷には大量の害虫が発生していることが予想されるため、規定量より多めの量を使用してもいいでしょう。

2-2-2.入り口に近い場所からゴミを捨てていく

片付けの手順としては、入り口に近い場所から手をつけていきましょう。奥の部屋から片付け始めると、玄関付近にゴミがたまって搬出するのが難しくなります。まずは明らかにゴミと思われるものから捨てていき、捨てるべきか迷ったものはひとまずそのままにしておいてください。明らかなゴミを捨てるだけでも、ゴミの分量を大幅に減らすことができるはずです。その後の片付けがしやすくなるでしょう。

2-2-3.捨てるものと残すものを仕分けする

明らかなゴミを捨てた後は、残ったものを捨てるものと捨てないものに仕分けしていきましょう。基本は、「本当に必要なもの以外は捨てる」ことです。貴重品や生活に最低限必要なものだけを残し、後のものは捨てるつもりで片付けていきましょう。「いつか使うかもしれない」「もったいない」という理由で残しておかず、今の自分に必要のないものはすべて処分してください。

2-2-4.ゴミを搬出し、清掃する

捨てるものをすべて部屋から運び出した後は、清掃作業です。掃除機でホコリを取り除いた後、ぞうきんと洗剤で拭き掃除もしてください。生ゴミから出た浸出液などが残っていると害虫が発生する原因になります。強力な洗剤を使って念入りに拭き掃除をしましょう。

2-3.床が見えるようにするのがポイント

ゴミ屋敷の片付けでは、まず「床が見えるようにすること」を意識しましょう。床がゴミで埋まっていると身動きが取りにくい上に、どこから手をつけたらよいのか分からず途方に暮れてしまいがちです。床に散乱したゴミを片付けて床を見えるようにすることで片付け作業がしやすくなり、達成感も得られます。その後のモチベーションにもつながるでしょう。

2-4.すべて捨てるのが難しければ、残しておくものの量を決める

ゴミ屋敷の片付けは、家の中にあるほとんどすべてのものを捨てるつもりで行うべきです。しかし、中には捨てたくないもの・捨てられないものもあると思います。無理にすべて捨てようとすると逆に作業が進まなくなる場合もあるでしょう。「この収納スペースに入る分は残してもよい」などのように、取っておくものの量をあらかじめ決めておくのがおすすめです。

3.ゴミ屋敷の掃除をプロに依頼する場合

ゴミ屋敷の掃除をプロに依頼すべきケースや費用相場・業者の選び方などをご紹介しましょう。

3-1.こんなときは業者へ依頼を

ゴミ屋敷の掃除を自力でやるかプロに依頼すべきか迷ったときは、以下の判断基準を参考にしてください。1つでも当てはまるものがあれば業者へ依頼することをおすすめします。

  • 3DK以上の広さがある
  • 水回りが使える状態でない
  • 足の踏み場がない
  • ゴミが家の外にもあふれている
  • 短時間で掃除しなければならない

3-2.短時間で効率的に掃除できる

プロに依頼することで、ゴミ屋敷の片付けを短時間で効率的に済ませられます。ゴミ屋敷の片付けに必要な知識を豊富に持っているため、数時間~1日程度で完了する場合がほとんどです。急いで片付けをしなければならない場合なども安心でしょう。

3-3.人に知られることなく片付けができる

親族や近隣住民にゴミ屋敷だということを知られることなく片付けができる点もメリットでしょう。専門業者は依頼者の秘密やプライバシーを厳守してくれます。運び出されたゴミはその日のうちに処分するなど、周囲に気付かれることなく片付けてもらうことが可能です。

3-4.1DKで5万~12万円前後が相場

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼した場合の費用相場は、1DKで5万~12万円前後が相場です。もちろん、ゴミの量や部屋の広さによって費用も変わってくるため、必ず事前に見積もりを取りましょう。また、料金体系は業者によっても異なります。できれば複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して選ぶのがおすすめです。

3-5.買取サービスも利用して費用を抑えるのがおすすめ

費用を少しでも抑えるには、ゴミ屋敷の片付けと同時に、不用品の買取サービスを行っている業者に依頼するのがよいでしょう。状態のよい不用品があれば買取してくれるため、全体にかかる費用を節約できます。ダストネット東京は、不用品の回収や粗大ゴミの片付け・ハウスクリーニングから不用品の買取まで行っている業者です。ぜひチェックしてみるとよいでしょう。

3-6.安心して依頼できる業者を選ぶには?

ゴミ屋敷の掃除を安心して依頼できる業者を選ぶために、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 料金体系が明確か
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか
  • 不用品の買取も行っているか
  • スピーディーで丁寧な対応か

4.ゴミ屋敷の掃除に関するよくある質問

「ゴミ屋敷を掃除したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ゴミ屋敷になってしまう原因にはどのようなものがありますか?
A.ものを捨てられない・不要なものも買い込んでしまう・忙しくて片付けをする時間がない・片付けの方法が分からないなど、さまざまな原因が考えられるでしょう。特に、高齢者は「もったいない精神」が強いこと・片付けるための体力と判断力が低下していることなども原因になります。

Q.女性がゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するのは恥ずかしいのですが、どうすればよいでしょうか?
A.女性スタッフが在籍している業者も多いため、利用するのがおすすめです。女性の利用者でも相談しやすいでしょう。

Q.  掃除後、またゴミ屋敷化してしまわないか心配です。リバウンドしないためのコツを教えてください。
A.「1つものが増えたら1つ減らす」「ものの定位置を決め、出したら元に戻す習慣をつける」「収納場所を増やさない」など、自分なりのルールを作るとよいでしょう。

Q.ゴミの分別は自治体によって異なるのですか?
A.はい。ゴミ処理施設の能力や人口によって自治体ごとにゴミの分別方法が決められています。事前に自治体のホームページなどを確認しておきましょう。

Q.不用品を高価買取してもらうためのポイントを教えてください。
A.きれいに掃除をし、できるだけ付属品をそろえておきましょう。複数の不用品をまとめて買取に出すこと・早めに買取に出すことも高価買取のポイントになります。

まとめ

ゴミ屋敷を放置する問題点や効率的に片付ける方法・業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介しました。ゴミ屋敷を一人で片付けるには、大変な労力と時間が必要です。誰にも手伝ってもらえない場合や、手がつけられないほどの状態になっている場合などは、業者に依頼することも検討しましょう。ぜひこの記事を参考に、ゴミ屋敷の悩みを解決してください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!