【要注意】押し買いの被害に遭わないために! 効果的な予防策を伝授!

最近、「押し買い」が大きな問題になっています。売る必要が無いものを不当に安い価格で買い取ってしまうのが押し買いです。今回は、押し買いの被害を防ぐために必要なことを詳しく解説します。まずは、自分や大切な人が被害に遭わないようにするためにも、きちんと学びましょう。記事を参考にすれば、何も怖いことはありません。押し買いの被害を予防するために、しっかり対策しましょう。

  1. 押し買いとは何?
  2. 押し買いは犯罪行為?
  3. 危険な押し買い被害について
  4. 押し買い被害に遭わないために
  5. ​押し買いにかんするよくある質問

この記事を読むことで、押し買いとは何かを理解し、被害を予防することができます。狙われやすい人のタイプや商品の傾向もわかるので役に立つでしょう。まずは、記事をじっくり読んでみてください。押し買いに対する不安や疑問が無くなり、きちんと対応できるようになりますよ。

1.押し買いとは何?

最初に、押し買いの基本を学びましょう。狙われやすい人・商品を知り、現状や問題点について考えます。

1-1.押し買いとは?

押し買いとは、物品の買い取り依頼をしていないのにもかかわらず、強引に買い取りをする行為のことです。言葉巧みに目当てのものを見つけ、数百円から千円程度の金銭を投げつけて去っていくケースもあります。本来、不用品の買い取りは、依頼者が買い取ってほしいという意思が必要です。しかし、押し買いは意思確認が無いまま・希望しないものを・不当に安く買い取っていきます。

1-2.押し買いで狙われやすい人

押し買いの被害に遭いやすいのは、以下のような人です。当てはまる人は特に注意してください。

  • ひとり暮らしの高齢者
  • ひとり暮らしの女性
  • おとなしい性格の人
  • いつも自宅にいる人(主婦など)

1-3.押し買いで狙われやすい商品

押し買いで狙われやすいのは、主に以下のようなものです。

  • 貴金属類
  • ブランド品(バッグ・財布など)
  • 着物
  • 骨董(こっとう)品
  • 絵画
  • バイク

1-4.押し買いの現状と問題点

押し買いの被害は、年々増加しています。以前は、無理やり必要の無い商品を売りつける押し売りが問題となっていました。しかし、押し買いの場合は、業者の脅迫めいた言動や態度に恐れをなしていたり、認知症などで判断能力に欠けている顧客が多かったりするため、声が上がりにくいという問題点があるのです。ひとり暮らしの高齢者など、被害に遭っても身近に相談する人がいないことも問題を大きくしている理由と言えるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!