花粉の季節は掃除方法を見直そう!掃除のコツと持ち込まないポイント

「鼻水やくしゃみが止まらない」
風邪のような症状が続き、なぜ回復しないのか悩んだ経験はありませんか?実は、花粉症だったという方も多いのです。目のかゆみが発生することで花粉症に気づくこともあります。
花粉症は外出時だけの問題ではありません。衣類に付着したまま自宅に持ち込み、部屋の中でも辛(つら)い症状に悩まされることもあるのです。室内も花粉対策を行うことが重要でしょう。
室内の掃除は、掃除機を使うのが一般的です。花粉症の辛(つら)い症状を緩和するためには、ポイントを抑えた掃除方法を取り入れ、対策を整えましょう。
花粉症についてご紹介します。

  1. 花粉が侵入するプロセス
  2. 部位別のお掃除ポイント
  3. 花粉を室内に持ち込まないためのポイント
  4. まとめ

1.花粉が侵入するプロセス

花粉は空気中に浮遊し、さまざまな経路から侵入してきます。どこから入ってくるのかがわかると、花粉症対策も整えやすくなるでしょう。

1-1.衣類に付着する

最も侵入しやすい経路は、衣類。外出時に浮遊している花粉が自然と衣類に付着し、そのまま帰宅してしまって部屋中に花粉をばら撒(ま)いてしまうのです。
寒い時期に重宝するウールなどは花粉が付着しやすく、反対にナイロンなど表面がつるつるした衣類は付着しにくいとされています。静電気が発生しやすい素材は着用しないようにしてください。
外出時に花粉が付着してしまうのは避けられないこと。コート類は自宅に入る前に脱ぎ、軽く払ってから持ち込むようにするといいですね。

1-2.窓から侵入する

現在はパッシブ住宅など24時間自動換気システムを取り入れている家もあります。しかし、換気システムがない家では風邪やウイルスが停滞したり、臭いがこもってしまったりするのを防ぐために換気をすることも多いはずです。
花粉が多く飛散する季節は、換気している窓から侵入してしまいます。花粉飛散量が少なめの早朝や深夜に換気を行っても、完全に防ぐことは難しいのです。

1-3.洗濯物に付着する

花粉が多く飛散する季節は、洗濯物を干す場所にも配慮が必要です。外に干してしまうと花粉が付着し、そのまま室内に持ち込んでしまいます。
部屋干しに変える・取り込むときに軽く払う・花粉量が少ない夜間に干すなど、なるべく花粉がつかないよう工夫することが大切です。
布団も同様で、外に干すと花粉が付着してしまい、就寝時にも辛(つら)い症状に悩まされることもあるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!