ギターを処分したい人集まれ! ギターの処分方法マニュアル!

1.ギターについての基本を確認しよう

まずは、ギターについての基本を確認しておきましょう。ギターの主な種類や、中古市場について解説します。

1-1.ギターの種類を学ぼう

ギターの主な種類には、以下のようなものがあります。自分が使用しているタイプのほかにも、さまざまなものがあることを知っておきましょう。

  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • エレキアコースティックギター
  • ベースギター
  • ビザールギター
  • ビンテージギター
  • クラシックギター

中でも、アコースティックギター・エレキギター・ベースギターが基本です。また、需要が高いのも上記の3種類となります。

1-2.ギターの中古市場について

ギターは、中古市場が活発な楽器です。初心者向けのタイプから、上級者向けのもの、またコレクションマニアに人気のビンテージタイプなど、さまざまなものが流通しています。さらに、人気アーティストが使用していた現物や、同じモデルなどにも安定した人気があるものです。さらに、高価なギターでも中古品なら手が届きやすいこともあって人気が常にあることも特徴と言えます。

中古ギターって人気があるんですね。
中古ならではの掘り出し物を探している人も多いようです。

2.ギターの処分について

では、ギターの処分について解説します。自治体による処分方法と回収業者による廃棄について学んでください。

2-1.自治体による処分方法

まずは、自治体による処分方法について解説します。メリットやデメリットのほか、詳しいことを学んでください。

2-1-1.自治体による処方方法のメリットとデメリット

自治体による処分方法のメリットとデメリットについては、以下を参考にしてください。

  • メリット:気軽に処分できる・処分費用が無料もしくは数百円程度と安く済む
  • デメリット:ごみとして処分するので資源活用できない・粗大ごみの場合は手続きが面倒

ギターを燃えないごみとして扱うのか、粗大ごみとして扱うのかは、自治体によって異なります。まずは、お住まいの自治体でどのような扱いになっているのか調べてください。

2-1-2.自治体で処分できるものとできないもの

ギターは、自治体によって燃えないごみか粗大ごみか、いずれかの種類で処分できます。そのため、基本的には処分できないギターは無いと考えていいでしょう。もともと、ギターはピアノなどと違って小型であるため、処分できるケースが多いのです。ただし、ひどい汚れや危険物指定の薬品が付着しているものなど、場合によっては自治体でも引き取りが困難なこともあることも認識しておきましょう。

2-1-3.自治体によるギターの回収方法

自治体によるギターの回収方法は不用になったギターを指定日時に、指定場所に置いておくだけと、とてもシンプルです。指定日時の少し前に運ぶことで、指定日時になると、自治体が回収をしにやってきます。基本的に、回収後は何もすることがありません。なお、燃えないごみとして出す場合は、2週に1回程度の回収日があるので何も連絡をしないで出すことが可能です。しかし、粗大ごみとして出す必要がある場合は、まず自治体の粗大ごみ受付窓口に連絡をして自治体の指定日時・指定場所の指示を受ける必要があります。また、回収料金の支払いは「粗大ゴミ処理券(シール)」をコンビニなどで購入してギターに貼り付けることになりますので覚えておきましょう。

2-1-4.自治体にギターの処分を依頼した場合の料金

自治体にギターの処分を依頼した場合は、ごみの種類によって無料だったり有料だったりします。たとえば、燃えないごみ扱いができる自治体は無料で処分できても、粗大ごみ扱いとなると数百円の回収料金が必要になると考えてください。粗大ごみ扱いになった場合の回収料金は、自治体によって異なるため、粗大ごみ収集窓口に回収の依頼をしたときにきちんと確認しておきましょう。

2-2.回収業者による廃棄

ギターも、回収業者による廃棄を依頼することができます。ここでは、回収業者の廃棄について見ていきましょう。

2-2-1.回収業者による廃棄に関するメリットとデメリット

回収業者による廃棄に関するメリットやデメリットについては、主に以下のとおりとなります。

  • メリット:好きなタイミングで廃棄できる・指定日時に引き取りに来てくれる
  • デメリット:廃棄のための料金が数千円程度掛かることもある

回収業者は、依頼者からギターの廃棄の依頼があるたびに個別に対応をしてくれるので、好きなタイミングを選ぶことができるのがメリットとなります。しかし、自治体に回収を依頼するよりも料金が高くなることがデメリットですね。

2-2-2.回収業者によるギターの廃棄を依頼する方法

回収業者にギターの廃棄を依頼したい場合は、業者にインターネットや電話などで直接連絡を取ってから指定日時に回収に来てもらうことになります。もしくは、業者指定の集積所に持ち込み処分が可能な場合もあるので調べてみましょう。

2-2-3.回収業者にギターの廃棄を依頼した場合の料金

回収業者にギターの廃棄を依頼した場合は、有料となります。料金の目安については、ギター1本で数千円が必要となることが多いでしょう。ただし、料金が発生する代わりに指定日時に引き取りに来てもらうことも可能になります。忙しい人や、とにかく早く処分をしてしまいたい人は、回収業者にギターの廃棄を依頼すると便利ですよ。

ギターの処分にも色々あるんですね。
ご自身の状況に最適な処分方法を選ぶのが良いでしょう。
みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!