老後の住まいどうする? 最近話題の老後住み替えについて学ぼう!

近年、老後などを迎えるにあたって、住み替えを行う方が増えています。第2の人生などともいわれる老後を快適に過ごすためにも、住み替えはぜひとも成功させておきたいところですよね。そこで、今回は住み替えを行う上で絶対に知っておきたいお役立ち情報をご紹介します。

  1. 老後の住み替えとは?
  2. 老後の住み替えについて
  3. 老後の住み替えと問題点
  4. 老後の住み替え・生前整理について
  5. 老後の住み替えにまつわるQ&A

この記事を読むことで、老後の住み替えにまつわるお役立ち情報をまるごと知ることができます。住み替えるなら田舎か都会か、など知って得する情報が盛り沢山なので、ぜひともお付き合いください。

1.老後の住み替えとは?

1-1.住み替えの目的とは?

定年を迎えるころになると、子どもたちは独り立ちしていることが多くなります。かつては狭かった一軒家も持て余し気味になってしまうでしょう。また、人がいなくなると、掃除をする部屋が多くなる一方、加齢による体力の衰えで昔のように家事を行うのが大変になります。そのため、快適な老後を過ごすことを目的に、住み替えという選択を取る方が増えてきているのです。

1-2.メリット・デメリット

1-2-1.メリット

住み替えをするメリットは、住みやすさを向上できるという点です。老後となると1~2人暮らしが普通になります。広い家を1~2人で管理するのは大変です。最適な広さの家に住み替えすれば、生活の質がぐんと上がります。

1-2-2.デメリット

住み替えをするデメリットは、住みなれた家や環境から離れなくてはならないという点です。ホテルなどに泊まったことがある方はわかると思いますが、環境が違うだけで眠れなかったり気疲れしたりすることがありますよね。住み替えしてから慣れるまでは少々大変かも知れません。ですので、心機一転新しい土地に住み替えするのも手ですが、地元に住み替えるのも検討してみてください。

1-3.最近の傾向

不動産流通経営協会が発表した「高齢期における住替え意向に関する把握調査」によると、16年以上前は一戸建てにお住まいの方は、91.0%以上の方がそのまま一戸建てに住み替えていたのに対し、15年ほど前ぐらいから39.2%に減少しています。代わりに、分譲マンションに住み替える方が4.5%から35.4%に激増しました。さらに、賃貸住宅への住み替えも、4.5%から25.4%にまで増加しています。ちなみに、住み替え前が分譲マンションの場合はそのまま分譲マンションに住み替えるのが一般的です。しかし、賃貸住宅への住み替えも5.0%から17.8%にまで増えています。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!