掃除機の買い替えはいつがベスト? 寿命や買い替えポイント教えます!

1.知っておきたい!掃除機の平均寿命

掃除機は、部屋をきれいに保つために欠くことができない家電です。

一人暮らしでも大家族でも、必ず1台はあるでしょう。

部屋全体を掃除する大きな掃除機だけではなく、ハンディタイプの掃除機も所有し、場所によって使い分けているご家庭も少なくありません。

そして、掃除機を使用する回数は、毎日、週に1度など、ライフスタイルや家族構成によってさまざまです。

掃除機はいろいろな種類がありますが、一般的に平均寿命はどのくらいなのでしょうか。

実は、掃除機は家電のなかでは寿命が短めなので注意してください。

1-1.モーターの寿命=掃除機の寿命

家庭用の掃除機は、平均して7〜8年が寿命です。

もちろん、メーカーや機種によって異なるものの、7〜8年で掃除機本体に内蔵されている「モーター」に寿命がきます。

モーターは掃除機の心臓部なので、調子がおかしいな…と感じたら、買い替えの時期が来たと思ってください。

1-2.掃除機の部品の保有期間をチェック

家電メーカーでは、製品の修理に使用する部品を保有し、いつでも対応できるようにしています。

ただし、毎年新製品が誕生するのですべての製品の部品をキープするのは不可能です。

部品の保有期間には期限があります。

自分の掃除機の修理期間はいつまでなのか?…を、メーカーに確認することをおすすめします。

1-3.使い方によって寿命は異なる

掃除機は、使用する回数や環境によって寿命は異なります。

また、お手入れの仕方によっては長持ちすることもあるのです。

ほこり・砂ぼこり・ゴミなどが多い環境で、1日に何度も使用すれば、モーターもフル回転するので寿命がくるのも早いでしょう。

さらに、掃除機は、ほこりやゴミを吸い取った後、そのままにしておくのは禁物です。

ゴミはためておかないで、こまめに捨てるように努めましょう。

時々、中性洗剤の液に浸したぞうきんで、本体をきれいに拭いてください。

また、掃除機のヘッド部分は一番汚れがついている場所です。

ローラーに絡み付いた髪の毛や糸くずなどを取り除き、重曹水にひたしてから絞った布で拭きましょう。

その後、水拭きとから拭きで仕上げます。

2.掃除機の寿命が近くなると起きる不具合

いつもどおりに掃除機を使用しているときに、「あれ、おかしいな?」と感じたことはありますか?

もし、掃除機に不具合を感じたら、いつ購入した製品か調べてください。

一般的に、「寿命」といわれている7年以上経過した製品には、以下のような不具合が起こります。

2-1.吸引力が衰えた

掃除機をかけたときに、いままでよりも吸引力が衰えたなと感じたことはありませんか?

何度かけても、ほこりやゴミを吸い取る力が落ちたときは、ヘッドのローラーが回りづらくなっていることが多いのです。

もし、ヘッドの掃除をしても吸引力が戻らない場合は、買い替えを検討したほうがよいでしょう。

2-2.モーターの故障

モーターは掃除機の心臓部です。

もし、モーターが寿命で壊れた場合は、掃除機そのものが動かなくなることもあります。

  • スイッチをオンにしたのに、掃除機が動かない。
  • 掃除機を使用していたら、突然動きが止まった。
  • 掃除機が急に止まったり、動いたりする。
  • 以前よりも使用中の音が大きくなった。
  • スイッチをオンにすると、異様な音がする。

以上のようなことがあり、購入して7〜8年が経過している掃除機なら、買い替えたほうがよいでしょう。

もちろん、部品があれば修理も可能です。

しかしながら、紙パック式の掃除機もサイクロン式掃除機の掃除機も、モーター交換は10,000円〜12,000円ほどのお金がかかります。

高価で高性能の掃除機で、購入してから数年しかたっていないのであれば、お金を払って修理したほうがいいこともあるでしょう。

しかしながら、安い掃除機の場合は、修理してもその後何年使用できるか不明です。

新しい製品に買い替えたほうがお得でしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!