ガスコンロを買い替える時期とは? こんな不具合が出たら要注意です。

ガスコンロは、キッチンになくてはならない調理器具です。
しかし、一度設置すればずっと使えるというわけではありません。
定期的に交換が必要なのです。
そこで、今回はガスコンロの買い替えの時期や種類についてご説明します。
ガスコンロの寿命が近くなってくると、どのような不具合が起こりやすいのでしょうか?
また、ガスコンロの選び方や捨て方についてもご紹介します。
ガスコンロの買い替えを検討されている方やガスコンロの調子が悪くて困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. ガスコンロの寿命はどのくらい?
  2. ガスコンロの寿命が近づいたときに起こりやすい不具合とは?
  3. ガスコンロを交換する方法とは?
  4. ガスコンロの処分方法とは?
  5. おわりに

1.ガスコンロの寿命はどのくらい?

ガスコンロの寿命は使い方によって異なってきます。
毎日3回食事を作るたびにガスコンロを使っていれば、寿命は短くなるでしょう。
逆に、食事はほぼ外食でお湯を沸かすくらいしか使わなければ、寿命は長くなります。
しかし、ガスコンロを製造・販売しているメーカーによると、10年以内に1度は点検を受けてほしいということです。
つまり、10年を過ぎたガスコンロはいつ寿命をむかえてもおかしくない、ということになります。
また、ガスコンロを製造しているメーカーは、販売から10年以内のガスコンロの部品は保管しているのです。
しかし、それ以前の部品は品切れになってしまえばそれで終了になります。
ですから、10年を超えたガスコンロが故障した場合は、修理よりも買い替えを勧められることが多いでしょう。
また、複数口のガスコンロの場合、全部のガスコンロがそろって寿命をむかえるということは少ないです。
一番よく使うものだけが、不具合を起こして寿命をむかえることが多いでしょう。
この場合、壊れたガスコンロだけを取り替えることはできません。
もったいなくてもガスコンロごと交換することになります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!