ガスコンロを買い替える時期とは? こんな不具合が出たら要注意です。

ガスコンロは、キッチンになくてはならない調理器具です。
しかし、一度設置すればずっと使えるというわけではありません。
定期的に交換が必要なのです。
そこで、今回はガスコンロの買い替えの時期や種類についてご説明します。
ガスコンロの寿命が近くなってくると、どのような不具合が起こりやすいのでしょうか?
また、ガスコンロの選び方や捨て方についてもご紹介します。
ガスコンロの買い替えを検討されている方やガスコンロの調子が悪くて困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. ガスコンロの寿命はどのくらい?
  2. ガスコンロの寿命が近づいたときに起こりやすい不具合とは?
  3. ガスコンロを交換する方法とは?
  4. ガスコンロの処分方法とは?
  5. おわりに

1.ガスコンロの寿命はどのくらい?

ガスコンロの寿命は使い方によって異なってきます。
毎日3回食事を作るたびにガスコンロを使っていれば、寿命は短くなるでしょう。
逆に、食事はほぼ外食でお湯を沸かすくらいしか使わなければ、寿命は長くなります。
しかし、ガスコンロを製造・販売しているメーカーによると、10年以内に1度は点検を受けてほしいということです。
つまり、10年を過ぎたガスコンロはいつ寿命をむかえてもおかしくない、ということになります。
また、ガスコンロを製造しているメーカーは、販売から10年以内のガスコンロの部品は保管しているのです。
しかし、それ以前の部品は品切れになってしまえばそれで終了になります。
ですから、10年を超えたガスコンロが故障した場合は、修理よりも買い替えを勧められることが多いでしょう。
また、複数口のガスコンロの場合、全部のガスコンロがそろって寿命をむかえるということは少ないです。
一番よく使うものだけが、不具合を起こして寿命をむかえることが多いでしょう。
この場合、壊れたガスコンロだけを取り替えることはできません。
もったいなくてもガスコンロごと交換することになります。

2.ガスコンロの寿命が近づいたときに起こりやすい不具合とは?

では、ガスコンロの寿命が近づいたときに起こりやすい不具合には、どのようなものがあるのでしょうか?
この項では、その一例をご説明します。

2-1.着火しにくい

ガスコンロの寿命が近くなると、ガスの出が悪くなりなかなか着火しにくくなります。
以前と比べて火の付きが悪くなったなと思ったら、寿命が近い場合が多いでしょう。
ただし、ガスが出る穴がゴミやこげなどでふさがっていても、着火しにくくなります。
説明書を見ながら、ガスが出る穴を掃除してみましょう。
それでも着火がしにくいようならば寿命が近づいている可能性が高いです。

2-2.火が途中で消える

ガスコンロの寿命が近くなると、ガスが安定して供給されなくなります。
その結果、炎が立ち消えてしまうことも珍しくありません。
しかし、火が消えてもガスが供給され続けることもあります。
そうなると、部屋にガスが充満して一酸化炭素中毒の危険もあるでしょう。
炎が立ち消えて、ガス警報器が鳴るようなことが一度でも起きた場合は、すぐに業者を呼んで調査してもらってください。

2-3.不完全燃焼

現在のガスコンロは、不完全燃焼が起きないように安全装置が付いています。
しかし、古くなったガスコンロはこの安全装置が作動しないこともあるのです。
ですから、不完全燃焼が起きて、ガス中毒になる可能性はゼロではありません。
コンロが不完全燃焼を起こしたら、すぐに交換しましょう。

3.ガスコンロを交換する方法とは?

では、ガスコンロを交換するにはどうしたらよいのでしょうか?
この項では、その方法をタイプ別にご紹介します。

3-1.ビルトインガスコンロの場合

システムキッチンの一部として作業台との段差のないビルトインコンロは、自分で交換できません。
必ず業者に交換してもらいましょう。
お近くのガスショップでも交換を請け負ってくれるところもありますし、住宅機器設備全般を扱う業者に依頼してもよいですね。また、ホームセンターなどでも販売から設置まで一気に請け負ってくれるところがあります。
種類の多さで比べると、住宅機器設備会社がいちばんかもしれません。
ビルトインコンロの場合は、設置できるガスコンロの大きさが決まっています。
もっと大きなガスコンロを置きたいという場合は、キッチン全体の改修工事が必要になるのです。
ですから、現在使っているガスコンロが小さいという場合は、時間に余裕を持って取り替えましょう。

3-2.ガステーブルの場合

ガステーブルとは、キッチンの台に自分で設置するタイプのガスコンロです。
賃貸住宅や古い住宅の場合は、このガステーブルタイプが多いでしょう。
自分で設置ができますので、ホームセンターなどで購入すればその日のうちに交換可能です。
ガステーブルは2口コンロが主流ですが、今は3口のものもあります。
また、ガスコンロを設置してくれるサービスもありますので、安全を第一に考える場合は業者に依頼しましょう。
交換する前にガス代の幅を測るのを忘れないようにしてください。
また、コンロを設置する際にはガス管が炎に当たらないように注意しましょう。

4.ガスコンロの処分方法とは?

ガスコンロは自治体に不燃ゴミや粗大ゴミとして、回収を依頼できます。
ビルトインコンロの場合は、古いコンロを業者が回収してくれるケースが多いでしょう。
しかし、ガステーブルの場合は自分で捨てるというケースがほとんどです。
何ゴミになるのかは、自治体によって異なります。
ですから、必ず事前に確認してからゴミ捨て場に持っていきましょう。
有料という場合は、あらかじめ指定された金融機関でお金を払って証明シールなどを張っておきます。
また、ガスコンロが壊れているかどうかは見た目だけではわからないことが多いです。
ですから、あまりにも早く出しておくと誰かが持ち去ってしまうこともあるでしょう。
別に悪いことではありませんが、気分はよくありません。
また、壊れたガスコンロが事故を起こす可能性もあります。
ですから、捨てる前に「壊れていますから使えません」と張り紙を張ったり、ゴミ収集車が来る直前に持っていったりしましょう。
めんどうくさいですが、持ち去られたガスコンロが不法投棄されれば、厄介なことになるのです。
また、ガスコンロの配達を頼んだ場合は、古いガスコンロを回収してくれることもあります。
さらに、今すぐガスコンロを処分したいという場合は、不用品回収業者を利用しましょう。
有料ですが、頼んだその日に回収に来てくれることも多いです。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回はガスコンロの交換時期やその方法についてご紹介しました。
まとめると

  1. ガスコンロは10年をめどに交換を考える。
  2. コンロがひとつだけ寿命をむかえても、ガスコンロごと交換する必要がある。
  3. ビルトインガスコンロの場合は、業者に交換を頼もう。
  4. ガスコンロは粗大ゴミか不燃ゴミとして自治体に回収を依頼できる。

ということです。
ガスコンロなどゴミとして捨てられないと思いがちですが、回収してくれます。
ただし、必ず回収日は守りましょう。
何日も前から捨てて野ざらしにしてはいけません。
また、ガスコンロはこまめに掃除をしてください。
テーブルの上だけではなくガスの噴き出し口などもつまらないように掃除をすれば、寿命はのびるでしょう。
さらに、壊れかけのガスコンロをだましだまし使ってはいけません。
不完全燃焼などが起きやすくなるうえに、ガス漏れが発生したら近隣住民にまで迷惑がかかります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!