不要な植木を処分する方法は? どんな業者に依頼すればいいの?

今はマンションのベランダでもガーデニングが楽しめます。植木鉢や庭にいろいろな木々を植えて楽しんでいる方も多いでしょう。しかし、さまざまな事情で植木が不要になることもあります。そのときは、どのように処分したらよいのでしょうか?

そこで、今回は植木を処分する方法についてご紹介します。一口に植木といっても、いろいろな種類があるのです。
自分で処分できるものは、業者に依頼しなければなりません。植木の処分方法に困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 植木の種類とは?
  2. 自分で植木を処分する方法とは?
  3. 業者に依頼する方法とは?
  4. おわりに

1.植木の種類とは?

植木の処分方法をご紹介する前に、植木の種類をご紹介します。ものによっては、素人では手に負えないものもあるのです。

1-1.盆栽(ぼんさい)

植木としてはもっとも小さな部類です。海外でも人気が高く、驚くような高額で取り引きされることもあるでしょう。愛好家が多いので、元気ならば買い手がつく場合も多いです。処分もそれほど難しくありません。

1-2.観葉植物

別名「鉢植え」とも呼ばれています。インテリアとしても需要があり、一般家庭だけでなくオフィスなどにも置かれていることが多いでしょう。大きさもいろいろあり、庭木と変わらない大きさのものもあります。

1-3.庭木

庭に植えられている木々全般を指します。つつじなどの低木から桜や松などの高い木までいろいろなサイズがあるでしょう。ある程度年月が経った庭木は、高さだけでなく根も立派になっています。ですから、素人が取りのぞくのは難しいケースも多いです。また、家の方に向かって根を張っている場合は、注意して取りのぞかないと家が傷つくかもしれません。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!