庭木を処分する方法とは? 伐採は自分でできるの?

庭木は庭の見栄えをよくし、四季おりおりの姿を楽しませてくれます。しかし、場合によっては庭木を伐採しなくてはならないときもあるでしょう。

そこで、今回は庭木の処分の仕方をご紹介します。通常の剪定(せんてい)とどこが違うのでしょうか?また、費用の相場などもご紹介しますので、庭木の処分に困っているという方はぜひ読んでみてください。さらに、伐採した庭木の際利用法などもご紹介しましょう。これなら、庭木も無駄になることはありません。

  1. 庭木の役割と、役目を終えるとき
  2. 庭木を伐採する方法とは?
  3. 庭木を処分する際、お祓いは必要?
  4. 庭木を植える際、注意することとは?
  5. おわりに

1.庭木の役割と、役目を終えるとき

この項では、庭木の役割や役目をおえるときの事例などをご紹介します。庭木のメリットは見た目だけではないのです。

1-1.庭木の役割とは?

庭木の役割で最も大きなものは、景観をよくすることです。特に、花や実をつける樹木は季節ごとにいろいろな表情を見せてくれるでしょう。さらに、お世話の仕方がよければ食べられる果物が収穫できます。

また、庭木の配置を工夫すれば庭全体が一幅の絵画のようになるでしょう。さらに、庭木の役割は景観だけではありません。樹木には根があります。これがしっかりと地面を抑えていれば、雨が降っても土壌が流れることがありません。また、築山などを作った場合は、庭木を植えることで形が崩れにくくなります。そのうえ、日陰を作り涼しい風を呼びこんでくれるので、夏場は光熱費の節約にもなるでしょう。

1-2.庭木のお手入れ方法とは?

庭木を放っておくと、好き勝手伸びて見苦しくなります。ですから、定期的に枝や葉を刈りこんで形を整える必要があるのです。これを「剪定」といいます。庭木にとっての剪定とは、私たちが髪や爪を整えるのと一緒です。

ですから、剪定をした庭木はより元気に育つでしょう。小さな庭木ならば素人でも剪定できますが、大きな庭木や形を美しく整える必要がある庭木は造園業者に依頼するとよいですね。

1-3.庭木が役目を終えるときとは?

庭木は生きていますから、ずっと成長し続けます。大きく育つ種類の場合は、育ちすぎて庭木には不適当になる場合もあるでしょう。また、庭木の持ち主が年を取って、落ち葉や果実の処理がしきれなくなる場合もあります。さらに、道路の拡張や家の建て替えなどで庭木が邪魔になる場合もあるでしょう。

このような場合は、庭木を伐採して処分する必要があるのです。庭木の伐採とは根元から切り倒してしまうこと。根っこを残しておく場合と残しておかない場合がありますが、地面から上はなくなってしまいます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!