素材によるゴミの分類が知りたい! リサイクルの必要性とは?

不用品を処分する場合、可燃・不燃・粗大・資源ゴミなど素材別に分別しなければなりません。しかし、素材ごとに分別するには、時間と手間がかかりますよね。「何ゴミになるのか分からない」「リサイクルしたほうがいいのか」など、さまざまな悩みが出てくるはずです。ハッキリ分からないまま処分すると、不法投棄などのトラブルに発展するでしょう。本記事では、ゴミの分類・素材と可燃ゴミの分類・不燃ゴミ・リサイクルが注目されるレアメタルについて説明します。

  1. ゴミの分類について
  2. 素材と可燃ゴミについて
  3. 素材と不燃ゴミについて
  4. リサイクルが注目されるレアメタルとは
  5. 素材のゴミ分類に関してよくある質問

この記事を読むことで、素材によるゴミの分類が分かります。処分で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.ゴミの分類について

ゴミの分類には、どのような種類があるのでしょうか。まずは、自治体におけるゴミの分類方法・目的・自治体ごとの違いについて説明します。

1-1.自治体におけるゴミの分類方法とは

主に、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミ・資源ゴミの4種類に分かれています。自治体のホームページや回覧板などでは、ゴミの分別方法が記載されているでしょう。それぞれの種類に当てはまるものを、以下にピックアップしてみました。

  • 可燃ゴミ:生ゴミ・紙おむつ・生理用品・ぬいぐるみなどの燃えるもの
  • 不燃ゴミ:金属・プラスチック類・割れたガラスなどの燃えないもの
  • 粗大ゴミ:大型家電・家具・扇風機・自転車・布団などの大きいゴミ
  • 資源ゴミ:カン・ビン・牛乳パックなど

1-2.ゴミ分類の目的

ゴミの分別は、再資源化・再利用するために必要な作業です。現在でも、ゴミの多くは焼却処理と埋め立て処理され、二酸化炭素・ダイオキシンなどの有害物質が発生しています。埋め立て処理も土地が限られているため、極力、ゴミの排出量を減らし、有害物質の発生を抑えていかなければなりません。そこで、注目されているのがゴミのリサイクルです。きちんと分別することで、ゴミを再資源化・再利用できます。

1-3.自治体ごとの違いについて

ゴミの分別は、国が統一ルールを設けているわけではありません。なぜ、自治体で決まっているのかというと、「廃棄物の処理および清掃に関する法律」が関係しているのです。この法律では、「市町村が分別して収集するものとした一般廃棄物の種類および分別の区分等を定めた一般廃棄物処理計画を定めること」と記載されています。自治体でゴミの分別方法が決められているため、自分が住んでいる地域のルールを確認することが大切です。

2.素材と可燃ゴミについて

それでは、素材と可燃ゴミの関係について詳しくチェックしておきましょう。ここでは、生ゴミ・紙類・プラスチック類に分けて説明します。

2-1.生ゴミ

食品廃材・残渣(ざんさ)など水分を多く含む廃棄物のことを「生ゴミ」といいます。家で料理をする方にとっては、よく出るゴミといえるでしょう。生ゴミは燃えるゴミに分類している自治体がほとんどです。燃えるゴミの回収日にあわせて処分してください。ただし、注意してほしいのが生ゴミの水分です。水分を完全に取り除いてから処理しなければ、その水分が臭いの原因になります。きちんと水分を切ってから新聞紙で包むと、臭い対策ができるのでおすすめです。

2-2.紙類

新聞紙・ダンボール・雑誌などの紙類は燃えるゴミになりますが、自治体の中ではリサイクルを徹底しているところがあります。「資源収集日にまとめて出してください」と指示されることもあるため、自治体のルールを確認しておかなければなりません。ただし、シュレッダーにかけた紙類などは、燃えるゴミとして処分します。

2-3.プラスチック類

プラスチック類も紙類と同じく、自治体でゴミの分別が異なるのです。たとえば、東京都三鷹市の場合、汚れていないペットボトルのキャップ・卵のパック・プラスチックのマークがあるものは、透明・半透明の袋に入れて出します。ビニール傘・物干しハンガーなどプラスチックと金属の混合製品は、燃えないゴミに指定されているので要注意です。プラスチックでも種類によってゴミの分類が異なります。

2-4.そのほか

ほかには、皮革類・木くず・ビデオテープ・食品用トレイ・下着類・雑巾(ぞうきん)・写真・トイレカバー・レースのカーテン・ゴム類(タイヤを除く)などがあります。ただし、ゴミの出し方・収集日・指定袋などは自治体で異なるため、事前に確認しておかなければなりません。

3.素材と不燃ゴミについて

どのようなものが不燃ゴミになるのでしょうか。資源ゴミ・粗大ゴミ・そのほかの素材・リサイクルの必要性についてきちんと知ることも大切です。

3-1.資源ゴミとなる素材とは

資源ゴミとは、一般に再資源化が可能なゴミの総称です。主に、カン・ペットボトル・ビン・電池・紙類・金属塊などがあります。資源ゴミは再資源化できるものなので、正しく分別しなければなりません。また、出す時間・場所・出し方が決められています。たとえば、大量の資源ゴミを出す場合、「1回に出せる量は45リットルの袋で3袋まで」など、自治体でルールが定められているので注意してください。また、事業所から出る資源ゴミは、事業系有料ゴミ処理券を貼らなければならない自治体もあります。

3-2.粗大ゴミとなる素材とは

粗大ゴミとは、家庭から出るゴミで、大型家具・自転車・布団・家電製品などが当てはまります。自治体によって具体的な大きさが決まっていますが、目安は一辺30cm以上のものです。しかし、材質・形状によっては、小さなものでも粗大ゴミになる可能性があります。
粗大ゴミは可燃ゴミ・不燃ゴミよりも回収日が少なく、回収指定場所までの運搬が必要です。運ぶ前に、地元のスーパーなどで粗大ゴミシール(券)を購入し貼りつけなければなりません。中には、事前の申し込みが必要な自治体もあるため、ホームページなどでルールを確認してください。

3-3.そのほかの素材

家庭で不用になった食用油やせっけん・工業用油脂などはリサイクル対象のゴミです。毎月1回ほど、回収日・時間が決まっています。油を十分に冷ました後、ペットボトルの容器に入れてキャップを閉め、決められた場所へ出すことになるでしょう。また、有害性・危険性・引火性のあるもの・消火器やピアノなど処理作業に支障が出るものは、収集できない自治体がほとんどです。回収できないものも、きちんと把握しておきましょう。

3-4.リサイクルの必要性

リサイクルできるゴミを再資源化することで、ゴミの排出量を減らし、地球環境保全にもつながります。環境省の調査によると、平成27年度における1人1日当たりのゴミ排出量は939g、全体の排出量は4,398万t(東京ドーム約118杯分)と分かりました。このままゴミが増え続ければ、環境破壊がさらにすすんでしまいます。地球に住んでいる私たちは、環境を守る義務があるのです。

4.リサイクルが注目されるレアメタルとは

日常生活で使う携帯電話・スマートフォン・パソコンなどの家電には、レアメタルという貴重な資源が含まれています。限られている資源だからこそ、リサイクルが注目されているのです。それでは、レアメタルの知識を身につけていきましょう。

4-1.レアメタルとは

鉄・銅・亜鉛・アルミニウム・金・銀などの貴金属以外で、産業に利用されている非鉄金属のことを「レアメタル」といいます。日本独自の用語で、海外では「マイナーメタル」と呼ばれている希少金属です。希少金属は、産業界での流通量・使用量が少なく、希少な金属を指しています。

4-2.近年の状況

近年、レアメタルの価格が高騰(こうとう)し、供給は少数の資源国に集中している状態です。主な供給国は、中国・南アフリカが中心で、日本においてレアメタルが産出できる鉱山はありません。そのため、輸入に頼っている状態で、さらに、世界全体の消費量に対して占める割合が高いのです。次世代自動車のモーター用磁石製造に必要不可欠な素材だからこそ、日本はレアメタルの消費大国になっています。

4-3.パソコン・携帯電話に眠るレアメタルについて

レアメタルは、製品中に使用される量が少なめです。しかし、モーター用磁石の製造だけでなく、液晶テレビ・携帯電話・スマートフォン・パソコンなどのさまざまな製品に使われています。日常に不可欠な製品の製造に役立つ素材なのです。特に、パソコン・携帯電話・スマートフォンは、多くの人が利用しているでしょう。買い替え時に要らなくなったものを処分するのではなく、レアメタルを無駄にしないためのリサイクルが大切です。

4-4.リサイクルの必要性・メリット

先述したとおり、レアメタルは日本で産出できない希少な資源です。生産地域の情勢・日本の政策などが供給に大きな影響を与える可能性があります。市場価格が急激に変動するリスクもあるため、安定供給の確保に限界があるのです。だからこそ、レアメタルのリサイクルが大きなポイントとなります。リサイクルを徹底することで、希少な資源が再利用できるのです。

4-5.パソコンリサイクル専門業者のリサイクルへの取り組み

パソコンに含まれている貴重な資源を無駄にしないため、リサイクルを徹底している専門業者もあります。たとえば、回収したパソコンをメンテナンスして再販売、リユース品として販売できないものは部品をリサイクルするなどです。貴重な資源を再利用するために、パソコンリサイクル専門業者を利用するのも選択肢の1つでしょう。

5.素材のゴミ分類に関してよくある質問

素材のゴミ分類に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.小型家電は、自治体で回収してもらえるのか?
A.「小型家電リサイクル法」に力を入れている自治体では、小型家電回収ボックスが設置されています。小型家電回収ボックスに投函(とうかん)できるサイズであれば、無料で処分可能です。しかし、投函できないサイズのものは別の方法で処分しなければなりません。小型家電回収ボックスの有無に関しては、「小型家電リサイクル回収ポータルサイト」で確認してください。

Q.ゴミの分別で地域差があるのはなぜか?
A.主な理由は、焼却設備と人口です。プラスチックなどを燃えるゴミとして扱っている自治体では、有害ガスを発生させない最新式の焼却設備を使用しています。一方、細かく分別しなければならない自治体では、焼却設備の処理能力が低い傾向があるのです。また、人口が多い都市部ではゴミの量も多くなるため、業者・職員によるリサイクル処理が難しく、分別が大まかになっています。

Q.分別せずにゴミを捨てたらどうなるのか?
A.分別せずにゴミを処分すれば、有害ガスを発生させるおそれがあります。また、透明袋に入れる場合、中身が分かるので回収されないケースもあるでしょう。リサイクルできるものができなくなるため、ルールに従ってきちんと処分してください。

Q.集団回収とは?
A.地域の団体による自主的な資源リサイクル運動のことです。町会・自治体が主体で、各家庭から出る新聞紙・雑誌・ダンボール・古布などを集め回収業者へ引き渡します。集団回収は、地域住民が協力して資源を分類するため、適切なリサイクルができるのです。

Q.粗大ゴミをまとめて処分したい
A.「粗大ゴミの量が多い」「分別が面倒」と思っている方は、不用品回収業者に依頼してください。回収業者に依頼すれば、スタッフが自宅にやってきてくれます。分別・運搬の必要がないため、手間と時間がかかりません。また、「ダストネット東京」では、不用品の買い取りも行っています。買い取ってもらえる品があれば、処分費用が節約できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? ゴミの分別は、自治体ごとに細かいルールが定められています。ゴミの分別だけでなく、出し方・収集日と時間・注意点などルールが異なるので注意しなければなりません。掲示板や回覧板・ホームページなどで自治体のルールを確認しましょう。分からない場合は、窓口や電話で確認するとよいですよ。ただし、不用品が大量にある場合は分別が大変でしょう。そんなときは、不用品回収業者を利用するのも選択肢の1つです。費用節約のためにも、買い取りを行っている業者を選びましょう。きちんと知識を身につけておけば、スムーズに処分できます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!