素材によるゴミの分類が知りたい! リサイクルの必要性とは?

不用品を処分する場合、可燃・不燃・粗大・資源ゴミなど素材別に分別しなければなりません。しかし、素材ごとに分別するには、時間と手間がかかりますよね。「何ゴミになるのか分からない」「リサイクルしたほうがいいのか」など、さまざまな悩みが出てくるはずです。ハッキリ分からないまま処分すると、不法投棄などのトラブルに発展するでしょう。本記事では、ゴミの分類・素材と可燃ゴミの分類・不燃ゴミ・リサイクルが注目されるレアメタルについて説明します。

  1. ゴミの分類について
  2. 素材と可燃ゴミについて
  3. 素材と不燃ゴミについて
  4. リサイクルが注目されるレアメタルとは
  5. 素材のゴミ分類に関してよくある質問

この記事を読むことで、素材によるゴミの分類が分かります。処分で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.ゴミの分類について

ゴミの分類には、どのような種類があるのでしょうか。まずは、自治体におけるゴミの分類方法・目的・自治体ごとの違いについて説明します。

1-1.自治体におけるゴミの分類方法とは

主に、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミ・資源ゴミの4種類に分かれています。自治体のホームページや回覧板などでは、ゴミの分別方法が記載されているでしょう。それぞれの種類に当てはまるものを、以下にピックアップしてみました。

  • 可燃ゴミ:生ゴミ・紙おむつ・生理用品・ぬいぐるみなどの燃えるもの
  • 不燃ゴミ:金属・プラスチック類・割れたガラスなどの燃えないもの
  • 粗大ゴミ:大型家電・家具・扇風機・自転車・布団などの大きいゴミ
  • 資源ゴミ:カン・ビン・牛乳パックなど

1-2.ゴミ分類の目的

ゴミの分別は、再資源化・再利用するために必要な作業です。現在でも、ゴミの多くは焼却処理と埋め立て処理され、二酸化炭素・ダイオキシンなどの有害物質が発生しています。埋め立て処理も土地が限られているため、極力、ゴミの排出量を減らし、有害物質の発生を抑えていかなければなりません。そこで、注目されているのがゴミのリサイクルです。きちんと分別することで、ゴミを再資源化・再利用できます。

1-3.自治体ごとの違いについて

ゴミの分別は、国が統一ルールを設けているわけではありません。なぜ、自治体で決まっているのかというと、「廃棄物の処理および清掃に関する法律」が関係しているのです。この法律では、「市町村が分別して収集するものとした一般廃棄物の種類および分別の区分等を定めた一般廃棄物処理計画を定めること」と記載されています。自治体でゴミの分別方法が決められているため、自分が住んでいる地域のルールを確認することが大切です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!