ゴミ屋敷が出現する原因とは? 対処と片付けの方法

ゴミ屋敷とは、どういう原因で発生するのでしょうか? ニュースなどで目にするゴミ屋敷の惨状は、理解を超える異様さで「なぜ、ここまで?」と驚いてしまいます。しかし、ゴミ屋敷につながる「片付けができない」「捨てられない」という問題は身近になっており、自分の親の家や隣家がゴミ屋敷になりそうとの危機感を持つ方も多いでしょう。そこで、今回はゴミ屋敷が発生する原因を探り、対処の方法を明らかにします。

  1. ゴミ屋敷とは?
  2. ゴミ屋敷への対応
  3. ゴミ屋敷の原因とは?
  4. ゴミ屋敷の解決方法
  5. ゴミ屋敷に関するよくある質問
  6. まとめ

この記事を読めば、家がゴミ屋敷になる原因を理解し、どう対処すれば良いか適切な方法を検討することができます。片付けの着手前に、ぜひチェックしてください。

1.ゴミ屋敷とは?

1-1.どんな状態か

ゴミ屋敷とは、家の中が踏み場もないほどゴミが積もった状態を指します。部屋はゴミのせいで生活空間が狭くなり、生活動線に支障が出るうえ、疾患にもかかりやすい衛生状態です。しかし、家族が手伝おうとしても片付けられないほどゴミが大量にあるうえ、居住している本人は片付けを嫌がる場合が多く、悪化する一方という例がよく見られます。

1-2.社会問題として

ゴミをためることで不衛生になり、悪臭・ゴキブリやねずみの発生・火災などが近隣の悩みの種になります。家の中だけでなく、外部にまであふれたゴミで通行ができなくなることもあり、名古屋の小学校では通学路が変更になるという事態もありました。ゴミ屋敷のボヤ騒ぎは頻繁に起きており、隣家が燃えても賠償されないケースがほとんどです。解決できないトラブルとして問題が長期化するため、共同住宅では近隣住民がたまりかねて転出し、周辺住宅の資産価値が下落するといった被害も出ています。

1-3.背景

ゴミ屋敷の住民は、独居で60代以上が多く、近隣との付き合いがないという世帯が半数以上を占めています。また、生活を支援してくれる人が近くにいないことも多くに当てはまる共通点です。超高齢社会でひとり暮らしの高齢者が増えており、孤立した状態の人がゴミ屋敷を作り出していることがうかがわれます。

1-4.どんな困りごとがあるか

ゴミ屋敷の住民は、片付けやゴミ出しが苦手なことから、ゴミをためることが習慣化してしまった人もいます。しかし、不用品をゴミ捨て場からしばしば拾ってきたり、ペットボトルや空き瓶を集めて防壁のように築いたりと一般の人にはわからない理屈でゴミに執着する人は、近隣からの苦情を受け付けません。ペットを異常にたくさん飼う人もおり、対応は難しいものです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!