生ゴミ処理機の処分方法について知りたい! ゴミとして捨てて大丈夫?

生ゴミ処理機とは、生ゴミを破砕・乾燥させてカサを減らし、有機肥料として再利用できる状態にする機械のことです。家庭菜園を行っている人や、仕事が忙しいなどの理由でゴミを出せる回数が少ない人に人気があり、パナソニックなどの有名メーカーからも発売されています。その一方で、「生ゴミ処理機が不要になったが、どうやって処分すればいいのか」と悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、生ゴミ処理機の処分方法について解説します。

  1. 生ゴミ処理機とは何か?
  2. 生ゴミ処理機の処分方法について
  3. 生ゴミ処理機を売却する方法
  4. 不用品回収業者を利用する方法
  5. 生ゴミ処理機の処分に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、生ゴミ処理機の処分に困ることはありません。生ゴミ処理機が不要になったという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.生ゴミ処理機とは何か?

前述したように、生ゴミ処理機とは生ゴミを粉砕・乾燥して体積を減らす機械です。温風で生ゴミを乾燥して砕く乾燥式が主流ですが、微生物の働きを利用して生ゴミを分解するバイオ式もあります。生ゴミ処理機を使えば、ゴミの臭いに悩まされることもなくなるでしょう。ゴミ捨てもぐっと楽になるだけでなく、家庭菜園を作っている場合は肥料を家庭で調達できるようになります。

2.生ゴミ処理機の処分方法について

この項では、生ゴミ処理機の処分方法について解説します。

2-1.ゴミとして処分する方法

生ゴミ処理機は、ゴミとして自治体に回収してもらうことができます。何ゴミになるかは自治体によって異なるので、事前に市役所のホームページなどで確認しましょう。なお、生ゴミ処理機をゴミに出す場合は、中に生ゴミなどが残っていないかどうか確認してから出してください。「同じゴミなのだから」と生ゴミを入れたままゴミに出してはいけません。

2-2.小型家電リサイクル法に沿って処分する場合

小型家電リサイクル法とは、小型家電をリサイクルすることで限りある資源を有効に使おう、という趣旨の法律です。法の実施や回収する家電の種類は自治体に任されています。ですから、自治体によっては行っていないところもありますし、回収している家電も異なるのです。ですから、まずはお住まいの自治体が、小型家電リサイクル法に沿って生ゴミ処理機を回収しているかどうか、確認しましょう。実施している場合は、回収方法を確かめ、それに沿って回収してもらうとリサイクルに役立ちます。なお、基本的に回収費用は無料です。

3.生ゴミ処理機を売却する方法

この項では、生ゴミ処理機を売却する方法について解説します。

3-1.生ゴミ処理機では中古でも需要があるのか?

生ゴミ処理機にはいろいろな種類があり、高性能なものは10万円近くするものも珍しくありません。そのため、「興味があるけれど、新品を買う余裕がない」という人に、中古の生ゴミ処理機は需要があります。ただし、どんな状態のものでも需要があるというわけではありません。新品に近い状態ほど査定額は高くなります。反対に、使い古して使用感があったり汚れが取れなかったりするものは、いくら元値が高くても需要はありません。

3-2.生ゴミ処理機を買い取ってくれる業者とは?

生ゴミ処理機を買い取ってくれる業者は、主にインターネット上で買い取りを行っています。「生ゴミ処理機・買い取り」で検索すると、すぐに何件かヒットするでしょう。買い取りの条件は業者によって異なりますが、機能に全く問題がなく、きれいな状態ならば値段がつきます。インターネット上で査定を申し込む場合は、業者によって方法が異なるので、まずはサイトに記載されている査定方法をよく確認してください。その上で査定を受けましょう。

3-3.査定額を高くする方法

生ゴミ処理機を高く買い取ってもらうためには、本体をきれいにしておくのはもちろんのこと、外箱や説明書といった付属品をすべてそろえておきましょう。そうすれば、査定額が高くなりやすいでしょう。

3-4.インターネットオークションに出す方法

インターネットオークション上でも、生ゴミ処理機は取り引きが行われています。インターネットオークションを利用する場合は、業者に査定してもらうのと同じように生ゴミ処理機をきれいにし、多方向から写真を取ってアップしましょう。また、メーカー・使用年数・状態なども詳しく記載すると、入札者も安心します。落札されたら、郵送中に壊れないようにこん包をしっかりして送りましょう。

4.不用品回収業者を利用する方法

生ゴミ処理機以外にも不用品がたくさんあり、一度に処分したいという場合は、不用品回収業者を利用しましょう。料金はかかりますが、不用品を一度に処分することができます。不用品回収業者は、インターネットを検索すればすぐに最寄りの業者が見つかるでしょう。電話やメールで依頼をすると、早ければその日のうちに見積もりを作ってくれます。その金額に納得したら、回収を依頼しましょう。なお、業者の中には買い取りも行ってくれるところがあります。この場合は、買い取り額を査定額から引いてくれるので、「できれば買い取って欲しい」というものがある場合は、査定を依頼してみましょう。

5.生ゴミ処理機の処分に関するよくある質問

Q.不用品回収業者を選ぶ際のコツなどはありますか?
A.見積もりが正確で、受け答えが丁寧な業者を選ぶといいでしょう。見積もりがいい加減だったり加算前提の業者は依頼しない方がいいですね。

Q.コンポストと生ゴミ処理機は違うのでしょうか?
A.はい。コンポストは土と混ぜて時間をかけて生ゴミをたい肥化するものです。電源を使わず、生ゴミの分解にも時間がかかります。

Q.生ゴミ処理機は、古いものでも売却できるでしょうか?
A.製造から5年以上たったものは、値段がつきにくいので早めに売却してください。

Q.リサイクルショップでは、生ゴミ処理機は売却できませんか?
A.取り扱っていないところもあるので、事前に確認してから査定を依頼しましょう。

Q.生ゴミ処理機にカビがはえている場合は、売却できませんか?
A.はい。カビがはえているものは売却は難しいでしょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は生ゴミ処理機の処分方法について解説しました。生ゴミ処理機は、実際使ってみたら使い勝手が悪かったということもあります。この場合は、できるだけ早く売却しましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!