生ゴミの臭いをシャットアウト!今日からできる簡単な方法

どの家庭でも、生ゴミは毎日でます。家族が多いと、作る食事の量も増えるため、生ゴミ処理は大変でしょう。特に、梅雨の時期や夏の時期は注意が必要です。生ゴミをきちんと処理しても臭いが残ることがあります。また、ゴミの回収日まで、生ゴミをどのように保管するかも悩むところです。しかし、生ゴミの臭いは、ちょっとした工夫で大幅に減ります。それでは、いやな生ゴミの臭いを防ぐ簡単な方法をご紹介しましょう。

  1. 生ゴミの臭いの原因
  2. ゴミ箱の生ゴミ臭を消す方法
  3. 生ゴミ臭を予防する方法

1.生ゴミの臭いの原因

1-1.生ゴミ臭はどこから?

生ゴミ臭がどこから来るのでしょうか?大根やにんじんの皮、玉ねぎのヘタなど、生ゴミになる野菜の切れ端は、最初は野菜の臭いしかしません。しかし、その野菜の切れ端も、やがていやな臭いを発生します。原因は、微生物が生ゴミを分解するときに出す悪臭です。特に、湿気や水気が多い状況、または高い温度で微生物は多く繁殖します。そのため、微生物の活動が活発になり、生ゴミ臭が出るわけです。

1-2.キッチン付近の生ゴミ臭の原因

キッチン付近では食べ物のかすが多く出ます。ですから、生ゴミ臭が発生しやすいのです。特にシンク周りは、料理中に食べ物のかすが飛び散ります。魚や肉などの生ゴミは腐敗臭が強いものです。さらに、シンクの排水口には食べ物のかすが付着し、水を流すだけでは簡単に取れません。排水溝で繁殖した細菌から悪臭が発生します。つまり、排水口のヌメリも、生ゴミ臭の原因なのです。

1-3.ゴミ箱の生ゴミ臭の原因

ゴミ箱も悪臭の原因です。ゴミ箱のふたが密閉型でないなら、生ゴミ臭がしやすいでしょう。また、ゴミ箱に生ゴミを入れるとき、処理が不十分なら、生ゴミの水分が出ます。生ゴミから出た水分がゴミ箱のふたや内側につき、いやな臭いが発生するのです。ゴミの回収は曜日が決まっているため、生ゴミをゴミ箱で数日保管する必要もあるでしょう。その数日のあいだに、微生物がどんどん繁殖して、生ゴミ臭が強烈になるのです。

2.ゴミ箱の生ゴミ臭を消す方法

2-1.市販の消臭剤を使う

消臭剤は、ホームセンターなどで簡単に手に入ります。それぞれの用途にあった消臭剤があるため、上手に選びましょう。たとえば、スプレータイプのものは、ゴミ箱にこまめに散布します。生ゴミをゴミ箱に入れたときや、ゴミ箱の臭いが気になるときにも使いましょう。また、ゴミ箱の底やふたに貼るタイプの消臭剤も便利です。数ヶ月ごとに交換してください。消臭剤の中には、芳香成分の入っているものと無臭のものがあります。芳香成分の臭いが強いと、臭いが混じって複雑な臭いにもなるため注意してください。

2-2.お金をかけずに消臭する方法

手軽でおすすめの方法は、飲んだ後のコーヒーかすの活用です。コーヒーかすは、カビないようにしっかり乾かしてください。その後、布製の袋に入れて、ゴミ箱のふたや底に貼りましょう。悪臭を吸収します。また、ゴミ箱に入っている生ゴミに直接ふりかけるのもよいでしょう。重曹も同じ方法で、生ゴミの消臭剤に使えます。

2-3.アロマオイルを使う

アロマオイルも効果的です。ゴミ箱に直接、数滴垂らしてください。また、自分でアロマオイルのスプレーを作るのもよいでしょう。自作なら経済的で作り方も簡単です。精製水と無水エタノール、好みのアロマオイルを用意してください。精製水は沸騰した水でもよいでしょう。アロマオイルは数滴垂らすだけで十分です。悪臭がするゴミ箱の近くや、ゴミ箱の中に直接スプレーしましょう。アロマオイルの中には、ティートゥリーなど殺菌効果を持つものもあります。用途や香りの好みに合わせてエッセンシャルオイルを選びましょう。

3.生ゴミ臭を予防する方法

3-1.ゴミはためず、清潔にする

ゴミをためずに定期的に捨てるのが何より大切です。ゴミの日は、家族で協力して、生ゴミを全部捨ててください。清潔さをいつも心がけましょう。生ゴミの回収日によっては、ゴミを数日保管しなければいけません。その場合も、ゴミ箱が生ゴミで汚れないようにしましょう。生ゴミの水分は極力減らしてください。生ゴミを新聞紙で包むのも効果的です。新聞紙は水分を吸収し、消臭効果もあります。

3-2.ゴミ箱の定期的な掃除

ゴミ箱は定期的に洗って掃除しましょう。ゴミ箱は、掃除しやすいものを買います。ゴミ箱の掃除には、市販の中性洗剤や重曹が効果的です。生ゴミ臭は酸性ですが、重曹はアルカリ性であるため、異臭の根元を中性にします。定期的にゴミ箱をすみずみまで洗い、よく乾かしましょう。最後に、除菌スプレーを使ってください。ゴミを処理するたびに、空になったゴミ箱を掃除しましょう。月に1度、ゴミ箱の底も含め、徹底的にゴミ箱を洗ってください。

3-3.業者に依頼する

どうしても、生ゴミ臭が消えない場合は、プロの業者に依頼しましょう。プロの業者は、強力な洗剤、専用の掃除道具や機械を使い、家やキッチンをすみずみまで徹底的に掃除します。掃除する場所や部屋の広さを伝えるなら、電話で無料見積もりをしてくれるでしょう。無料見積もりは、予算も立てやすく助かります。キッチンが汚れていて恥ずかしいと思う必要はありません。プロの業者は、今まで掃除の経験が豊富なので、心配せず気軽に相談しましょう。1度プロに徹底的な掃除を依頼し、その後こまめに掃除をすれば、快適な部屋を保つことができます。

まとめ

生ゴミ臭の原因は、微生物がゴミを分解するときに発生する異臭です。キッチンやシンク、またゴミ箱が生ゴミ臭の原因になります。

ゴミ箱の生ゴミ臭を消すために、

  • 市販の消臭剤を使う
  • コーヒーかすや重曹を使う
  • アロマオイルを使う

などの方法を試しましょう。

生ゴミ臭を予防する方法は、

  • 生ゴミをためずに捨てる
  • 定期的なゴミ箱の掃除をする
  • 業者の助けを借りる

などがあります。

生ゴミ臭の根元がわからないなら、プロに相談して徹底した掃除をお願いするのもおすすめです。家をさわやかな環境にして、快適な生活を送りましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!