遺品整理で売れるものとは? 売るメリットや方法を詳しく教えます!

遺品整理では、大量のものの処分で困ることが多くあります。遺品の中には、中古品としての価値があるものも含まれているものです。遺品を売ることでお金になれば、ほかのものを処分するときに相殺できるなど、メリットがたくさんあります。しかし、どんなものが売れるのか・どんな方法で売ればいいのかなど、よく分からないこともあるでしょう。そこで、今回は、遺品整理で売れるものや、売る方法・メリットなど詳しく解説します。

  1. 遺品整理とは?
  2. 遺品整理で売れるものとは?
  3. 遺品整理で売れるものの買い取り方法
  4. 遺品整理で売れるものに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で売れるものについてよく分かり、買い取りを有利に進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.遺品整理とは?

最初に、遺品整理について最近の傾向を含め、詳しく解説します。

1-1.遺品とは

遺品とは、故人が生前に所有していたもののことです。私たちは、多くのものに囲まれて暮らしています。家電や家具をはじめ、洋服・本・雑貨類など、故人が暮らした証拠とも言えるでしょう。しかし、亡くなった後は、残された人にとっては多くが不用品となります。遺品をきちんと整理し、処分することも故人の供養となるのです。なお、遺品でも、現金・有価証券など財産価値があるものは、相続がかかわるため、勝手に処分しないようにしましょう。

1-2.遺品整理は誰が行うか?

遺品整理は、遺族が行うのが一般的です。遺産相続などの関係もあるため、できるだけ早く行う必要があります。また、賃貸物件に住んでいて遺族がいない場合は、貸し主が遺品整理を行うことになるでしょう。再度賃貸に出すことができずに困ってしまうからです。遺品整理を行うためには、最初に計画をきちんと立て、やるべきことや、処分するものの基準などを決めておきましょう。なお、自分たちでやるほかにも、専門業者に依頼することも可能です。効率よく作業を進めるためには、業者に依頼することも検討してください。

1-3.遺品整理に関する最近の傾向

核家族化が進み、親世代と子ども世代が別居するケースが増えました。そのため、遺品整理も離れた場所に住んでいる子どもが行うことが多くなっています。また、自分たちで行わず、すべて業者に任せてしまう例も増えていることが特徴です。仕事などで忙しく、遺品整理にかける時間がないことや、親世代とのかかわりが薄くなっていることから、今後も業者に依頼する例が増えることでしょう。

2.遺品整理で売れるものとは?

遺品整理で売れるものについて、どんなものが売れるか・売るメリット・売ってはいけないものなど、詳しく解説します。

2-1.遺品整理で出たものを売っても問題ない?

遺品整理で出たものは、相続にかかわるものではなければ売っても問題ありません。特に、形見分けをしても引き取り手がない場合は、誰も文句を言わないことでしょう。手元に残しておいても使い道がなければ困ってしまいます。売れるものは売り、中古品として新たな持ち主に活用してもらいましょう。

2-2.遺品整理ではどんなものが売れる?

遺品整理では、相続の対象にならず、中古品として再販できるものを売ることができます。たとえば、以下のようなものです。

  • 家具
  • 家電(製造月から3年以内のもの)
  • 着物
  • 骨とう品
  • 趣味のコレクション

2-3.遺品整理で出たものを売るメリットは?

遺品整理で出たものを売ることには、以下のようなメリットがあります。

  • 不用品が片づく
  • 中古品としてリサイクルできるので環境にやさしい
  • 買い取り代金で処分費用を相殺できる

2-4.売れないものや売ってはいけないものとは?

遺品の中でも、以下のものは売ることができません。ただし、売ることができなくても、処分を依頼することは可能です。

  • 傷・汚れ・臭いがひどいもの
  • 故障などで本来の機能を果たせないもの
  • 古すぎる家電
  • 使用済みの普段着や衣類
  • 写真や思い出の品など

なお、ほかの人が故人からもらい受けたものは売ってはいけません。特に、遺言などで指定されているものは、売らないでください。

3.遺品整理で売れるものの買い取り方法

遺品整理で売れるものは、業者に依頼して買い取ってもらいましょう。どこに売ることができるか・売り方・業者選びのポイントなど、詳しく解説します。

3-1.どこに売ることができる?

遺品整理で出たものは、以下のようなところで売ることができます。

  • リサイクルショップ
  • ネットオークション
  • 不用品回収業者

3-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでは、不用品でも中古品として使うことができるものを買い取ってもらえます。業者の店頭に持ち込んで、買い取り可能か査定を受けましょう。可能との結果が出た場合は、その場で引き渡し、代金を受け取ってください。なお、リサイクルショップでは基本的に不用品の処分を取り扱っていないため、買い取り不可の場合は持ち帰ることになります。

  • メリット:持ち込みと同時に買い取りしてもらえる
  • デメリット:買い取り不可の場合でも処分を依頼できない・買い取り価格が安い

3-3.ネットオークションで売る

ネットオークションで売ることも可能です。オークションサイトに登録し、出品手続きをして落札を待ちましょう。無事に落札されると取り引きが成立します。後は、落札者との間で入金・発送などを進めましょう。

  • メリット:思わぬ高額落札の可能性がある・本当に欲しい人の手に渡る
  • デメリット:必ず売れるとは限らない・個人トラブルが多い(入金トラブル・商品クレームなど)

3-4.不用品回収業者に買い取ってもらう

不用品回収業者では、再販価値があるものを買い取り・再販できないものを処分してもらえます。指定日時・場所に、業者が回収しに来てくれるので便利です。まずは、業者に連絡して、回収見積もりをもらいましょう。見積もりに問題がなければ、正式に依頼してください。

  • メリット:日時と場所を指定して回収してもらえる・不用品の処分も依頼できる
  • デメリット:物量や内容によっては処分費用が高い

3-5.業者選びのポイント

遺品整理の買い取りは、以下の条件を満たす業者に依頼するといいでしょう。

  • 遺品整理で豊富な実績を誇る
  • できるだけ高額で買い取りしている
  • 買い取り不可の場合は処分だけでも依頼できる
  • 見積もりは無料
  • 処分費用がリーズナブル
  • 指定の日時・場所にて依頼できる
  • スタッフの対応が迅速で丁寧
  • スタッフが遺品整理士を取得している
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可などを取得している

3-6.買い取りを依頼するときの注意点

遺品の買い取りを依頼するときは、悪質な業者に注意してください。電話勧誘や訪問営業で、「遺品を高額で買い取りしている」などと言ってくる業者と契約しないようにしましょう。さまざまな理由をつけて買い取り不可と言われたり、依頼していないものを安価で無理やり買い取ったりします。古物商許可などを取得していない不法業者であることも多く、何かとトラブルが多いので気をつけましょう。

4.遺品整理で売れるものに関するよくある質問

最後に、遺品整理で売れるものに関するよくある質問に回答します。それぞれ役に立つので参考にしてください。

Q.遺品は「形見分け」をするべきでしょうか?
A.形見分けは、遺品を遺族で分け合うことで故人をしのぶ風習です。しかし、最近ではもらっても使わない・形見分けをする人がいないなどの理由で、行わないことも多くなりました。もしも、遺族から形見分けについて意見があった場合は、後からトラブルが起きるのを防ぐために話し合って決めてください。

Q.遺品を売った後に取り返すことはできますか?
A.まずは、業者に連絡し、返品ができるかどうか確認しましょう。売った直後なら、買い戻しによって取り戻すことができる場合があります。しかし、1回業者の手に渡ったものは、必ず取り戻すことができる保証はありません。手離していいものかどうか、よく考えてから売りましょう。

Q.遺品の査定金額が安くて不満なのですが?
A.業者に査定理由を説明してもらいましょう。業者でも、何らかの理由があって出しているからです。査定理由を聞いても納得できない場合は、取り引きを中止し、ほかの業者に改めて依頼することも検討してください。ほかの業者の査定でも同様の結果が出る場合は、相場であると納得することも必要です。

Q.遺品の仕分けや片づけも依頼できますか?
A.依頼可能です。業者に、見積もりをもらうときに、大体の物量と部屋の広さを伝えて見積もりをもらいましょう。遺品整理士を取得している業者に依頼すれば、丁寧に仕分けしてくれます。遺品の捜索も依頼できることがあるので、業者に相談してみてください。

Q.業者に売った遺品はどのように処分するのですか?
A.業者では、再販可能と判断した遺品は、簡単なクリーニング・調整をしてから、中古品として販売します。まだ十分に使えるものならば、中古でも構わないという人が買うのです。家具や家電などは、特に活発に取り引きが行われています。いずれにしても、本当に欲しがっている人の元で使ってもらえるので安心してください。

まとめ

今回は、遺品整理で売れるものについて詳しく解説しました。遺品整理では、想像以上にたくさんのものを処分する必要があります。中には、中古品として再利用できるものもたくさん含まれているものです。遺品整理は、故人の供養のひとつでもあることを考えれば、残されたものを有効活用することは大きな意味があると言えるでしょう。また、遺品整理で出たものを売ることで、ほかのものを処分する費用と相殺できるという点でも大きなメリットがあります。信頼できる業者に依頼し、売れるものは売ってしまいましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!