やり方がわからなくて困っている人、必見! 遺品整理の方法

大切な人の葬儀が終わった後に待っていること。それは、遺品整理です。
故人が大事にしていたものを丁寧に分けたり処分したりする作業となります。しかし、急なことで遺品の処理ができなかったり心の準備ができていなかったりするでしょう。そうなる前に、しっかりと遺品整理について知っておく必要があります。
この記事では、遺品整理のやり方・方法についてまとめました。

目次

  1. 遺品整理のやり方
  2. 遺品整理前に確認したいこと
  3. 業者に依頼するときの注意点
  4. まとめ

1.遺品整理のやり方

故人の葬式を終えた後に待っている遺品整理。しかし、その具体的なやり方を知っている方は少ないかと思います。この項目にて確認しておきましょう。

1-1.遺産相続の手続きを行う

遺品整理を始める前に遺産相続に関する手続きを行います。法律的な手続きを踏んで始めて、故人の残した品が遺産として認められるのを知っておきましょう。
また、遺産を相続できるのは原則として身内の相続人だけです。遺産相続は法律に基づいて行いましょう。

1-2.遺品を分けていく

法律の手続きをした後、故人が残したものを整理していきます。思い出の品やまだ使える家具・家電、形見となるものを分けながら行うのがポイント。このとき、不用品などがあれば同時にまとめておきましょう。
しかし、不用品だと思っている中に貴重なもの・価値のあるものが眠っていることがあります。親族の人と相談しながら遺品を片付けていきましょう。

1-3.不用品は処分する

壊れている家具・家電や使わない消耗品は不用品として処分します。
遺品整理をしているときは、思った以上にごみが出てくるでしょう。しかし、自治体のルールに従ってごみ処分を行います。
また、遺品整理をしている中でまだ新しいものが残っていたりするもの。まだ使えそうな品物は、リサイクルショップにて買い取ってもらいましょう。

1-4.形見分けをする

遺品整理をする中で形見分けを行います。思い出の品や財産となるものを法律に基づいて整理しましょう。
形見分けは四十九日を終えた後にするのが一般的です。また、親族だけでなく故人と親しかった方に形見分けをすることもあります。親族・親しい人に送る場合は包装せずに送るのがマナーです。

1-5.貴重品は保存しておく

保険証券や預金通帳、仕事関係の書類は処分せずに保管しておきましょう。何か問題があったときでも対処するためです。
また、故人が残した日記や手紙も同じように保存しておきます。遺品や形見の中にわからないものがあったとき、手掛かりが記載されている場合が多いです。

1-6.「寄贈」という選択

故人の残した遺品を処分・形見分け以外で活用できる方法をご存じでしょうか。それは公共機関への寄贈です。
故人がたくさんの本を残していれば図書館などに寄贈を申し出ることができます。また、家具・家電なども児童・福祉施設などが引き取りを受け入れてくれる場合があるのです。
故人が慣れ親しんでいた趣味・道具などが別の形で生かされるのはうれしいもの。使わないけど捨てることができないものは、ぜひ引き取り先を探してみましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!