ゴミ屋敷の遺品整理でお困りの方は必見! 簡単&確実に行う方法は?

ゴミ屋敷の遺品整理は、何から手をつければいいのか分からないほど大変なものです。遺品整理は相続や賃貸契約が絡むこともあり、できるだけ早く片づける必要があります。残された家族にとっては、故人が亡くなったことを悲しんでいる暇はないのです。しかし、どんな風に行えばいいのかよく分からないことも多いでしょう。そこで、今回は、ゴミ屋敷の遺品整理をスムーズに進めるために必要なことについて、詳しく解説します。

  1. ゴミ屋敷の遺品整理について
  2. ゴミ屋敷の遺品整理を家族で行う方法
  3. ゴミ屋敷の遺品整理を業者に頼む場合
  4. ゴミ屋敷の遺品整理でよくある質問

この記事を読むことで、ゴミ屋敷の遺品整理に必要なことが分かり、スムーズに作業を進めることができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.ゴミ屋敷の遺品整理について

最初に、ゴミ屋敷の遺品整理について、必要性や誰が行うべきかなど、詳しく解説します。

1-1.ゴミ屋敷の遺品整理を行う必要性

ゴミ屋敷問題は、年々深刻化しています。高齢や病気が理由で、ものを片づけられない・捨てられない人が増えているからです。特に、子ども世帯と離れ、ひとり暮らしをしている場合では、頼れる人もいず、状況が悪化するばかりでしょう。高齢者の孤独死が増えているのと比例して、ゴミ屋敷の遺品整理の需要が高まっているのです。ゴミ屋敷は、放置すると悪臭や害虫発生・不審火の心配など、何かとトラブルが心配になります。遺品整理は、できるだけ早く行うことが必要です。

1-2.ゴミ屋敷の遺品整理は誰が行うべきか?

ゴミ屋敷の遺品整理は、原則として遺族が行うことになります。高齢者のひとり暮らしなどで、遺族が遠くに住んでいる場合でも同様です。故人に遺族がおらず、賃貸物件の場合は、貸し主が行うこともあります。放置していては、次の借り主を探すことができません。ゴミ屋敷の遺品整理は大変な作業であるため、業者にすべて任せるケースが増えています。

1-3.ゴミ屋敷の遺品整理で大変なこと

ゴミ屋敷の遺品整理は、大変なことが多くあります。主なものにかんしては、以下をご覧ください。

  • 大量にものがありすぎる
  • 片づけ方が分からない
  • どこに何があるか分からない
  • 悪臭がひどい
  • 害虫や雑菌・カビの繁殖

2.ゴミ屋敷の遺品整理を家族で行う方法

ゴミ屋敷の遺品整理を家族で行う方法について、用意するものや方法・手順・コツなど、詳しく解説します。

2-1.遺品整理を行うときの用意するもの

遺品整理を家族で行うときは、以下のものを用意してください。

  1. ゴミ袋
  2. ダンボール箱
  3. ガムテープ
  4. 掃除機
  5. ほうき
  6. ちりとり
  7. はたき
  8. ぞうきん
  9. 住宅用洗剤
  10. バケツ
  11. フロアワイパー
  12. マスク
  13. 手袋
  14. 殺虫剤
  15. 消臭剤

2-2.ゴミ屋敷の遺品整理を家族で行う手順と方法

ゴミ屋敷の遺品整理を家族で行う手順は、以下を参考にしてください。

  • 現場を確認し、状況を確認する
  • 作業日時・時間配分・分担を決める
  • 遺品の仕分けを行う
  • 不用品やゴミを処分する
  • 最後に掃除をして完了

ゴミ屋敷の片づけは重労働であるため、できるだけ家族で分担して作業を行いましょう。作業中は、窓や扉を開放して十分に換気をし、マスク・手袋の着用をおすすめします。

2-3.遺品整理を家族で行うときのコツや注意点

遺品整理を家族で行うときは、作業計画と分担をしっかり決めておくことが大切です。遺品整理は、とりあえず手をつければいいというものではありません。無計画に始めると効率が悪く、疲労もたまります。また、状況によっては悪臭や害虫などで、気分を悪くする可能性もあるでしょう。自分たちだけでは作業の継続が困難だと感じたときは、途中からでも業者に依頼することをおすすめします。

3.ゴミ屋敷の遺品整理を業者に頼む場合

ゴミ屋敷の遺品整理は、専門業者に依頼すると効率もよく、何かと便利です。プロの業者ならではのメリットや、料金・注意点など詳しく解説します。

3-1.プロの業者ならではのメリットとは?

プロの業者にゴミ屋敷の遺品整理を依頼した場合、以下のようなメリットがあります。

  • 大量のゴミや不用品を処分してもらえる
  • 金銭価値の高いものは買い取りになることもある
  • 自分たちで作業するよりもキレイに仕上がる
  • 消毒・害虫駆除を依頼できる
  • 悲惨な現場を見ずに済む
  • 時間や労力の節約になる
  • 都合のいい日時を指定できる
  • 遺品供養をしてもらえる場合もある

3-2.業者が遺品整理を行う方法や手順

業者に遺品整理を依頼した場合、以下のような方法・手順で進めることになります。

  1. 依頼者からの依頼を受け、業者が現場視察をする
  2. 業者は、現場視察と依頼者からの要望を総合的に考え、見積もりを出す
  3. 依頼者は業者の見積もりをチェックし、問題なければ正式に契約する
  4. 依頼者の希望日時に業者がやってくる
  5. 最初に、簡単な清掃を行う(必要に応じて特殊清掃を行う場合もある)
  6. 遺品の仕分けおよび処分を進める

仕上げ清掃を終了後、依頼者と業者で確認して完了

3-3.業者に遺品整理を依頼したときの料金

業者にゴミ屋敷の遺品整理を依頼したときの料金は、家の広さや物量・汚れ具合などによって異なります。遺品整理の場合、1Kの部屋でも4~5万円程度が相場です。片づける部屋数が増えるのと比例して費用も高くなります。まずは、業者に見積もりをもらって確認しましょう。基本料金が安くても、さまざまなオプションを追加すると最終的な金額がびっくりするほど高くなることもあるので注意してください。

3-4.ゴミ屋敷の遺品整理を業者に依頼するポイントや注意点

ゴミ屋敷の遺品整理は、信頼できる業者に依頼することが何よりも大切です。ゴミ屋敷だからという理由で、とにかく片づけてくれればいいと考えるのはやめましょう。ゴミ屋敷であっても、亡くなった人が生きた証拠でもあるのです。遺品整理は、亡くなった人に対する供養でもあります。たとえば、以下のポイントをチェックし、当てはまる業者に依頼すれば安心です。

  • 遺品整理で豊富な実績がある
  • 誠実・丁寧な作業で利用者からの評判がいい
  • 遺品でも条件によっては買い取りしている
  • 特殊清掃も可能
  • 費用見積もりだけなら無料
  • リーズナブルで明確な料金システム
  • 希望の日時で作業してもらえる
  • スタッフが遺品整理士の資格を取得している
  • スタッフの教育が行き届いており、感じがいい

4.ゴミ屋敷の遺品整理でよくある質問

最後に、ゴミ屋敷の遺品整理でよくある質問に回答します。いずれも役に立つ内容ですから、参考にしてください。

Q.作業中に遺品を探してもらうことはできますか?
A.可能です。遺品の特徴とありそうな場所を業者に伝えて探してもらいましょう。ただし、確実に見つかる保証はありません。もしも見つからなかったときは、あきらめるか再度自分たちで探してください。

Q.夜間に遺品整理を依頼することは可能ですか?
A.業者によります。夜間でも依頼できるかどうか、確認してください。夜間対応に関しては、オプション料金が追加となることを承知しておきましょう。なお、夜間の作業は、騒音などで近隣に迷惑がかかる可能性があります。事前に近隣にあいさつをしておくと、トラブルを避けることができるでしょう。

Q.特殊清掃が必要なケースとは?
A.たとえば、ゴミ屋敷の中で孤独死をし、死後数日以上経過している場合などです。食べものが腐敗していたり体液がしみついていたりなど、通常の掃除では対応できないことも多くあります。きちんとした知識と準備をせずに自分たちだけ片づけると感染症などの病気にかかる心配があるので、業者に任せてください。

Q.ゴミ屋敷の遺品整理費用はクレジットカードで支払い可能ですか?
A.業者に確認してください。遺品整理の費用は、少なくとも数万円程度はかかるため、利用しやすいようにクレジットカードでの支払いができる業者が増えています。クレジットカードを利用できる業者なら、思わぬ出費でも現金を急いで用意することもなく、安心して依頼できるでしょう。

Q.依頼した翌日に作業をしてもらうことはできますか?
A.難しいでしょう。業者では、依頼者からゴミ屋敷の片づけの依頼があると、車両や人員の手配を行う必要があります。また、現地視察をする必要もあるので、業者の手が回らない可能性が高いのです。しかし、まずは、業者に相談してみましょう。翌日は無理でも、できるだけ最短で作業してくれるはずです。

まとめ

今回は、ゴミ屋敷の遺品整理について詳しく解説しました。特に、高齢者のひとり暮らしでは、ゴミや不用品をうまく捨てることができず、ゴミ屋敷になってしまうことも多くあります。ゴミ屋敷の遺品整理は、家族でも行うことができますが、作業は想像以上に手間と労力が必要になるものです。また、衛生的な問題などもあるため、できれば遺品整理の専門業者に依頼することをおすすめします。信頼できる業者に依頼することで、効率よくスッキリ片づけることができるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!