遺族の負担が大きい遺品整理。処分に困る物や不用品はどうすべき?

故人の葬儀後、遺品整理を行うのが慣例となっています。また、最近では核家族化が進んだことで家族と疎遠になり、一人暮らしの方の孤独死も問題になり、遺品整理という言葉は急速に広まっているのです。
遺品整理は故人の思い出や大切にしていた物と、生活用品や消耗品などの不用品に仕分けすることですが、まれにトラブルが発生しています。
遺族にとって残されて困る物、故人がほかの人に見られたくない物が発見されるケースです。家族に迷惑をかけたくない、良い思い出だけを残しておきたいなど、さまざまな思いから生前整理を始める人も増えています。
生前整理を計画している方は、この記事を参考にして始めてみてください。

  1. 遺品整理と生前整理の違い
  2. 遺品で残されて困る物
  3. 片づけ・処分方法
  4. まとめ

1.遺品整理と生前整理の違い

故人の死後、物を整理するのは遺品整理。自分が死んだ後に遺族へ負担をかけないように行うのは、生前整理です。
具体的に違いを見ていきましょう。

1-1.負担が大きい遺品整理

葬儀後、悲しみに暮れている中やらなければならない遺品整理は、遺族にとって負担が大きいとされています。遺品整理は、片づけや不用品の処分だけが目的ではありません。
金銭的価値のある品・遺言・形見などを見つけ、故人の意向に沿って遺族で分け合う必要があります。遺品整理は、四十九日までに終えるのが一般的。法要を行う際に、形見分けを行うケースがほとんどです。
ただし、故人が賃貸住宅で生活していた場合、早期に明け渡さなければならないため、早めに遺品整理が行われています。

1-2.老後に備えて生前整理

生前整理は、元気なうちに行うことが多いのです。自分が死んだ後に遺族が困らないよう、不用品を思いきって処分すること。また、残してもらいたい物の意志表示をしておくタイミングでもあります。
長い人生の区切りとして、退職後に時間のゆとりができたときに行う方が増え、老後をすっきりした状態で迎えたいという気持ちの表れだといえるでしょう。
ほかの人に見られては困る物も、なるべく早く処分しておいた方が安心ですよね。

2.遺品で残されて困る物

遺品整理を経験したことはありますか?1度経験した方は、遺品整理の大変さや難しさを実感していることでしょう。
故人と同居していた場合は大切な物と処分できる物がわかりやすいメリットがあります。しかし、最近は高齢者の一人暮らしが増え、分別が難しいケースも目立っているのです。

2-1.写真・アルバム

多くの方が悩む遺品は、写真やアルバムです。きちんとアルバムに整理している場合は処分や保管もスムーズですが、整理されていない大量の写真を保管していることも珍しくありません。
高齢者の場合、生きてきた年月に比例して、写真の枚数も多くなる傾向が強いのです。写真は、故人の思い出がたくさん詰まっているため、処分には戸惑うことがあるでしょう。どれを保管し、どれを処分するか。写真の選択には誰もが迷うポイントです。

2-2.書籍

読書家だった故人の場合、大量の書籍が残されているケースもあります。中には初版本など貴重な物が見つかることもあるでしょう。古本屋に鑑定を依頼したり、図書館や資料館に寄付したりすることをおすすめします。
希少価値のある物は、オークションで売却する方法もいいでしょう。古本屋も有効な手段ですが、買い取り価格が低くなってしまうことがあります。また、処分するのも一苦労するのが書籍の特徴。数が多い場合、重くてかさばるため、運搬だけでも重労働なのです。
読書家の方は、遺族が思わぬ重労働を強いられないよう、生前に書籍を処分するようにしましょう。

2-3.衣類

衣類の中には、高級ブランドの物や高価な素材を使った物もあります。古着屋に売却できる可能性が高いので、持ち込んでみるといいでしょう。
洋服には流行(りゅうこう)があり、それぞれ好みが異なります。残しておいても困るという意見が圧倒的です。元気だったころに頻繁に着ていたお気に入りだけを残して、残りは処分するのが理想的でしょう。
キズ・シミなどがある古くなった衣類は、本当に着る物だけを残して、生前に処分しておくようにすべきです。

3.片づけ・処分方法

遺品整理で遺族が困ってしまうトラブルが増えています。終活がブームになり、トラブル回避のために生前整理を行う動きが始まりました。価値ある物とそうではない物の区別を明確にし、なるべく持ち物を減らすようにしましょう。

3-1.デジタル遺品整理

写真や動画は、デジタル遺品整理がおすすめです。撮影日順にまとめ、データ化しておくと保管しやすくなります。DVD1枚分程度にしておき、内容を明記しておくようにしてください。一目で遺族にもわかり、保管にも困ることはありません。DVDにしておけば、ほかの遺族へコピーして渡すこともできます。
現像済みの写真はバラバラにしておかず、どうしても残しておきたい物を厳選し、コンパクトなアルバムにまとめておきましょう。

3-2.趣味やコレクション

趣味で集めた物やコレクションは、好きな人にしか価値がわからないのが現実です。高価な品が含まれている・レア物などは、オークションや専門店で売却するといいでしょう。
新たな持ち主の元で、大切に保管してもらえるなら嬉(うれ)しいですよね。

3-3.リサイクルショップに売却

処分するのはもったいないと抵抗を感じる方も少なくありません。衣類・書籍・家電製品など、まだ使える品はリサイクルショップにまとめて持ち込んでみましょう。自分で運搬することができない場合は、自宅まで来てもらえるショップを選ぶと便利です。

3-4.自治体のルールに沿って

不用品は、ゴミとして自治体のルールに沿って処分するのが一般的です。処分する場合は、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミの分別をきちんと行い、決められた日に出すようにしましょう。
家族の協力がある場合は、自治体のクリーンセンターに持ち込む方法もあります。

3-5.遺品整理専門業者に依頼

遺品整理専門業者をご存じですか?高齢で一人暮らしの方は、自分だけで生前整理を行うのが難しいケースもあります。遺品整理だけではなく、生前整理のお手伝いもしてもらえますので、ぜひ活用してみてください。
不用品はゴミとして処分し、まだ使える物は買い取りしてもらえます。見積もりも出してもらえるので安心です。重たい物があっても、自宅まで来てもらえるので負担が少なくて済みます。
自分だけでは生前整理が進まない方にもおすすめです。

4.まとめ

遺品整理についてご紹介しました。

  • 遺品整理と生前整理の違い
  • 遺品で残されて困る物
  • 片づけ・処分方法

残された遺族が困ることが多い遺品整理。大切な物とそうではない物の区別が難しいことが原因です。
遺族にとって重労働である遺品整理を楽にするため、元気なうちに生前整理を行う方が増えています。なるべく物を減らし、写真はDVDにデジタル遺品として残しておくと便利です。
自分だけでは生前整理が難しい方は、遺品整理専門業者に依頼してみましょう。不用品処分・使える物の買い取りも請け負っています。自宅まで来てもらえるので、高齢者の方でも安心です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!