遺族の負担が大きい遺品整理。処分に困る物や不用品はどうすべき?

故人の葬儀後、遺品整理を行うのが慣例となっています。また、最近では核家族化が進んだことで家族と疎遠になり、一人暮らしの方の孤独死も問題になり、遺品整理という言葉は急速に広まっているのです。
遺品整理は故人の思い出や大切にしていた物と、生活用品や消耗品などの不用品に仕分けすることですが、まれにトラブルが発生しています。
遺族にとって残されて困る物、故人がほかの人に見られたくない物が発見されるケースです。家族に迷惑をかけたくない、良い思い出だけを残しておきたいなど、さまざまな思いから生前整理を始める人も増えています。
生前整理を計画している方は、この記事を参考にして始めてみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!