遺品整理の家具の買い取り方法とは? 業者へ依頼するメリットを解説

「遺品整理」は、大切な人が使用していたものや形見などの遺品を整理することです。家族と親族で力を合わせて遺品整理をすることで、スムーズな形見分けができます。遺品整理をすすめる中で、形見にならない不用品がたくさん出てくるでしょう。不用品の処分には何かとお金がかかるものです。しかし、ソファー・本棚・テーブルなど状態のよい家具は「買い取り」に出すことができます。処分ではなく買い取りが利用できれば、費用を抑えることができるでしょう。本記事では、遺品整理の基礎知識・家具の買い取り・業者に依頼する際のポイントを説明します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理~家具の処分方法
  3. 遺品整理~業者に依頼する方法
  4. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、家具など遺品整理の処分と買い取り方法が分かります。処分費用を抑えたい方や遺品整理を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1.遺品整理の基礎知識

家具などの遺品をスムーズに整理するためには、遺品整理の基礎知識を理解することが大切です。ここでは、遺品整理の定義と問題点、最近の傾向について説明します。

1-1.遺品整理とは?

故人の残した品を整理することを「遺品整理」もしくは「遺品処分」といいます。家族が亡くなったときは、その家族が所有していたものを身内で整理し処分しなければなりません。遺品整理をせずに放置すると、ホコリなどのゴミがたまってしまいます。また、遺品整理をしながら気持ちの整理もできるのです。遺品整理は、遺品の中から形見分けに必要なものと要らないものを区別し、不用品を処分する目的があります。

1-2.いつ、誰がするのか?

基本的に、故人の家族・親族が遺品整理を行うことになります。ただし、独身者が亡くなったときは遺品整理をしてくれる家族がいないケースがあるでしょう。そんなときは、プロの遺品整理業者が引き受けることになります。また、遺品整理は「49日」がベストタイミングです。葬儀や通夜はバタバタしているので遺品整理を行う時間がなく、心の整理もできていません。しかし、ある程度時間が経過した49日であれば、親族も集まりやすく時間に余裕ができます。

1-3.遺品はどんなものがあるのか?

遺品は、遺産の物品全般を指していますが、故人が生前に使用していたものも含まれます。たとえば、生活雑貨・衣類・家具・家電製品・本など、財産価値の薄い物品も遺品の1種です。写真・手紙など思い出の品、金品・通帳印鑑などの貴重品も含まれるでしょう。ただし、骨董品(こっとうひん)・ジュエリーなどの価値があるものは、遺品ではなく「遺産」となります。遺産は相続税の対象となるので手続きをしなければなりません。

1-4.いろいろな問題点をピックアップ!

少子高齢化・核家族化を背景に、独居老人の孤独死が社会問題化しています。残された家族には遺品整理・処分が負担となるケースもあり、そのまま放置した結果「ゴミ屋敷化」する問題が増えてきているのです。家具・生活用品が大量にある場合は、ゴミ屋敷化する可能性が高まります。近隣住民とのトラブルに発展することもあり、行政も頭を悩ませているのです。
また、個人が勝手に遺品整理をすることで、親族同士のトラブルに発展するケースも起きています。遺品整理は、故人の遺品を遺族で分け合う形見分けが目的の1つでもあるため、きちんと親族に遺品整理の旨を伝えておかなければなりません。それが、トラブル回避のポイントとなります。

1-5.最近の傾向

前述したとおり、遺品整理が遺族の負担となる場合に、遺品整理業者や不用品回収業者に依頼するケースが増えています。そのため、近年は遺品整理業者・回収業者の需要が高まっているのです。業者によってサービス内容が異なるので、依頼する際は十分に気をつけて選ばなければなりません。業者選びに関しては、後ほど【3.遺品整理~業者に依頼する方法】で説明するのでぜひチェックしてくださいね。

2.遺品整理~家具の処分方法

それでは、遺品整理の際に多い家具の種類や、処分の仕方について説明します。

2-1.遺品で多い家具とは?

家庭によって異なりますが、遺品で多い家具は日常生活で使うものばかりです。たとえば、ソファー・本棚・テーブル・イス・ベッド・収納家具などたくさんの種類があります。中でも、特に多いのがソファー・テーブル・ベッドなどの大型家具です。小さめの収納家具であれば、親族で使いたいという方が譲り受けることもありますが、大型家具は置き場所に困ります。「もらってもいいけど、部屋に入りきれない」と処分を検討するケースが多いのです。

2-2.家具の処分の仕方

主な家具の処分方法は、自治体回収・リサイクルショップ・回収業者の3点でしょう。それぞれの方法とメリット・デメリットについて説明します。

2-2-1.自治体に出す

1番に思い浮かべる処分方法が「自治体回収」でしょう。自治体で家具を処分する場合は、ほとんどが「粗大ゴミ」となります。1辺が30cm以上となる家具は粗大ゴミと思ってよいでしょう。ただし、自治体によってゴミの分類や処分ルールが異なるので、事前にホームページなどでチェックしてください。
粗大ゴミで処分する場合は、地元のスーパーマーケットなどで粗大ゴミシールを購入し貼り付けた後、回収指定場所またはゴミ処理場へ持ち込む方法が一般的でしょう。無料~500円と低費用で処分できる点がメリットですが、回収日と回収指定場所が決まっている・運搬しなければならない等がデメリットです。
また、自治体の中には事前の申し込みが必要なケースがあります。ルールに基づいて処分しなければ回収されないので注意が必要です。

2-2-2.リサイクルショップへ出す

まだ、使える状態であればリサイクルショップで売るのも選択肢の1つです。必ずしも、遺品だから処分しなければならないわけではありません。家具・家電など生活に必要なアイテムは、買い取ってもらえる可能性があります。リサイクルショップで買い取ってもらえば、費用をかけずに処分できるでしょう。ただし、店舗によっては直接持ち運ばなければならない・買い取り不可になった場合は持ち帰らなければならないというデメリットがあります。また、希望どおりの買い取り額にはならない可能性もあるでしょう。

2-2-3.業者へ依頼する

遺品整理を業者へ依頼する場合は、家具の処分を同時に利用できます。業者の中には、遺品整理と不用品の処分を同時に受けつけているところもあるのです。また、不用品の処分だけでなく、買い取りサービスを実施している業者もあります。処分と買い取りができれば、たとえ買い取り不可になっても処分してもらえるので一石二鳥です。時間と手間がかからない点が大きなメリットといえるでしょう。ただし、きちんとサービスを行わずに費用を請求する悪徳業者が存在しているため、注意しなければなりません。

3.遺品整理~業者に依頼する方法

悪徳業者に引っかからないためにも、業者に依頼する方法とポイントをしっかり押さえておきましょう。

3-1.遺品整理の業者とは?

遺品整理を業者に委託する家庭が増えてきたこともあり、遺品整理を専門とした業者の需要が上昇しています。遺品の扱い方や関連法律など専門的な知識を有したスタッフが在籍しているのが専門業者です。専門業者だからこそ、遺品を正しく整理し処分することができます。経験豊富な業者なら、よりスピーディーかつ丁寧な対応で作業を行ってくれるでしょう。

3-2.依頼するメリット

遺品整理に時間と手間をかけないことが、業者へ依頼する大きなメリットです。故人が大量の遺品を残した場合は、家族総出で片付けなければ終わらないでしょう。1日で終わるはずもなく、遺品整理に数日かかる可能性もあります。仕事をしながら遺品整理を行うのは大変ですし、遠方に住んでいる方は移動時間や費用がかかるはずです。そんなときこそ業者に依頼すれば、手間と時間をかけずに遺品整理を終わらせることができます。

3-3.業者選びのポイント

たくさんの遺品整理業者から安心して依頼できるところを選ぶためには、以下のポイントに注目するとよいでしょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 遺品整理、不用品処分の実績がある
  • 不用品の処分だけでなく買い取りも行っている
  • 低費用かつ高品質なサービスが受けられる
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 口コミ・評判がいい
  • 即日対応が可能
  • 料金システムが明確になっている

不用品&粗大ゴミの片付けを行っている「ダスト.net 東京」では、家具など遺品整理の処分・買い取りサービスが利用できます。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

3-4.価格相場

遺品整理・家具など不用品の処分を行う場合は、個別で処分するよりもまとめて片付けたほうがお得です。参考として、「ダスト.net 東京」の定額パックプラン料金を以下にピックアップしてみました。

  • カゴ車おまかせパック(ちょっとした部屋向き):12,000円(税別)
  • 軽トラックおまかせパック(押し入れ~1K程度):30,000円(税別)
  • 1t平トラックおまかせパック(1K~1DK程度):50,000円(税別)
  • 2t平トラックおまかせパック(2DK~2LDK):95,000円(税別)
  • 3tトラックおまかせパック(2LDK~3DK):170,000円(税別)
  • 4tトラックおまかせパック(3LDK~4LDK):250,000円(税別)

3-5.相談窓口

遺品整理や不用品の処分・買い取りで悩みがある場合は、信用できる業者に相談してください。優良業者は、無料で相談を受けつけています。「ダスト.net 東京」では、ホームページのフォームまたは電話で無料相談ができるので、ぜひ1度お問い合わせください。

3-6.注意点

「今だけ格安で回収します!」「高価買い取りができるのはうちだけ!」という謳(うた)い文句ばかりの業者は、悪徳業者の可能性が高いので要注意です。悪徳業者と優良業者を見極めるポイントとしては、複数の業者を比較する方法があります。比較することで、どの業者の対応が悪いか、サービス内容がいいかなどが分かりやすくなるでしょう。

4.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.自治体で家具を処分する場合、解体しなければならないのか?
A.必ずではありませんが、解体しなければならない自治体もあります。また、大型家具を解体して不燃ゴミとして出す手段もあるでしょう。詳細は、お住まいの地域の処分ルールを確認してください。もし、解体する場合はケガをするおそれもあるため、十分に注意しなければなりません。

Q.どんな家具が買い取ってもらえるのか?
A.状態がよく、目立つキズや汚れがついていなければ買い取り対象になるでしょう。特に、ブランド家具・デザイナー家具といわれる人気商品は、高価買い取りが期待できます。

Q.査定額がアップするポイントとは?
A.査定前に、ホコリと汚れをキレイに掃除してください。できるだけキレイにしておいたほうが、買い取ってもらえるでしょう。また、テーブル+イスなどセット商品は、まとめて依頼したほうが高価買い取りが期待できます。

Q.ネットオークションのメリット・デメリットとは?
A.登録すれば、自分で額を決めて出品できるのがネットオークションのメリットです。買い手がすぐに見つかれば処分できるでしょう。ただし、「商品を送ったのに入金されなかった」「商品に文句をつけられた」など、取り引き相手との間でトラブルが起きています。トラブルを避けたい方は利用しないほうがよいでしょう。

Q.無料回収業者は安心?
A.不用品回収業者の中には、無料回収を行っているところがあります。無料で回収してもらえることに魅力を感じるかもしれませんが、「追加料金を請求された」などトラブルが続出しているので要注意です。無料回収業者よりも、適切な料金を支払って処分したほうが安心できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理は、遺品の量が多いと形見分けに時間がかかり、不用品の処分にも時間と手間がかかります。特に、大型家具は運搬が困難です。処分したいときは、運搬から処分まで引き受けてくれる業者への依頼をおすすめします。業者の中には、不用品の買い取りを行っているところもあるため、遺品の中で売れるものがあれば買い取ってもらえるかもしれません。そうすれば、処分費用を抑えることができるでしょう。遺品整理における家具の処分・買い取りのポイントを押さえて、上手に処分してくださいね。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!