信頼できる遺品整理業者の選び方とトラブル回避の方法

1.遺品整理の基礎知識

1-1.遺品・遺品整理とは何か

遺品とは、故人が生前、生きていた証(あか)しです。故人が生きていたときに所有・使用していたもので、死後残されたものを遺品と言います。ただのものではなく、故人の想(おも)いや、家族の思い出が詰(つ)まった大切な品々です。遺品整理とは、故人の残した遺品を、整理することを言います。悲しみの中、故人の家族が遺品を整理することは、精神的・肉体的にも負担が大きく、社会問題になっているのです。

1-2.遺品の仕分けについて

遺品は大きく分けて2つに仕分けします。遺族にとって思い出深いものを残す「形見分け」と「処分する」ものです。形見分けとは、故人が生前愛用していたものを家族で分け合うことを言います。手紙や通帳・貴金属などは保管し、特別な品以外の家具や家電・粗大ゴミなどは処分することが多いでしょう。
遺品の仕分けを、家族が行う場合故人への想いが強く、気持ちの整理が付かないため、なかなか片付けられないのが現状です。残された遺品が膨大な場合、片付けに時間がかかるケースもあるでしょう。遺品の仕分けを行うのは、遺品整理にとって一番大切な作業ですが、非常に大変なことなのです。遺品を仕分けるときのポイントを確認してみましょう

  • 自分の生活で使えそうなものは残す
  • 世間の価値より自分が大切だと思えるものは残しておく
  • 家族の思い出が詰(つ)まった品物は、無理に処分せず残し、数年かけながらゆっくり整理する
  • 必要のない家具・家電・粗大ゴミは早めに処分

以上のポイントを意識して仕分けを行うことで、難しい遺品の仕分けもスムーズに行うことができるでしょう。明らかに必要のないもの以外で、故人や家族の思いが強いものは、無理に捨てる必要もありません。

1-3.遺品と粗大ゴミとの違いは?

遺品と粗大ゴミとの違いは、「故人や家族の思いが詰(つ)まっている」と言うところです。遺品に関しての思いは、残された人それぞれ違います。人によってはゴミに見えるものも、見る人によっては大切な宝物なのです。遺品整理は、残されたものが故人にできる最後の供養。遺産の仕分けは大変骨の折れる作業ですが、最後まで丁寧に行ってあげたいものですね。

2.急増中!遺品整理のトラブルと注意点とは?

遺品整理が抱えるトラブルや注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?確認していきましょう。

2-1.故人の意思を尊重する

遺品を整理する前に確認しておきたいこと。それは、故人の意思を確認できる「遺言状」があるかどうかです。突然亡くなり、遺言状がない場合や、相続人があなた一人なら遺品整理をあなたの判断で行っても構わないでしょう。遺言状がある場合、遺言の内容に従い相続や整理をする必要があります。また、日記やエンディングノートも故人の意思を確認できるものです。法的効力はありませんが、故人の想いを知ることができるでしょう。

2-2.親戚間のよくあるトラブル

故人が生前、美術品や価値のある遺品の場合、遺品を巡ってトラブルも絶えません。遺言状があっても揉(も)めることが多いのが相続問題です。遺言状がない場合は、相続人全員が話し合い財産分割をする必要があるでしょう。遺品整理でよくある親戚間のトラブルをご紹介します。

2-2-1.金銭トラブル

遺品整理で最も多いトラブルは金銭を巡るトラブルです。金銭がらみの問題は、どんなに仲のいい兄弟間でも起こりうるトラブルだと言います。価値の高い遺品や遺産を巡り、泥沼の戦いを繰り広げる事件も多いです。金銭トラブルを防ぐには、生前にきちんと話し合っておく必要があるでしょう。突然の死で、故人の遺言がなく意思が確認できないケースでは、相続人全員が遺品を均等に分け合うために、遺品の内容を共有しておかなければなりません。

2-2-2.誰かが勝手に遺品を整理・処分する

遺品は、故人の残した大切な財産です。どんな遺品でも、その遺品に感じる想(おも)いは人それぞれでしょう。 興味のない人にとっては価値がわからないものもあります。1人の判断で遺品を整理してしまうと、思わぬトラブルに発展してしまうことも少なくありません。特に、美術品や骨とう品・貴金属などの取り扱いには十分注意してください。

2-2-3.金銭的な負担も助け合う

残された遺品を分け合う必要があるように、残された負債も相続人全員で助け合い解決しましょう。たとえば、賃貸住宅の場合の家賃・光熱費・遺品整理に関する金銭的負担です。遺品整理の期間が長くなれば、その分の家賃や光熱費もかかります。誰が一人が負担するのではなく、相続人全員で平等に助け合いましょう。

2-3.形見分けの仕方と注意点

形見分けとは、家族や故人と親しい友人などに、思い出の一部として贈る習慣です。分ける品物に決まりはありません。形見分けは、故人が生きていたときの意思や遺言・個人と贈る相手との間柄を考慮し遺族が相談して決定します。形見分けは、断りづらいため、故人と特に親しかった人だけにしましょう。目上の方に対しては、形見分けするのは失礼にあたると言われています。しかし、目上の方から申し出がある場合は、形見分けしても構いません。

2-3-1.形見分けする時期とは?

形見分けは一般的に、葬儀を終えてから行うことが多いです。葬儀の後とはいえ、宗教により異なります。仏式の場合は、四十九日の忌明け、神式の場合は五十日祭のときがいいでしょう。

2-4.遺品整理を行う先がゴミ屋敷の場合

最近、ゴミ屋敷を巡るトラブルが増加し社会問題となっています。そんな中、ゴミ屋敷で孤独死するケースも増えてきました。ごみ屋敷は、大量のゴミを処分・整理すればいいと言うわけではありません。害虫や臭いの問題も残されています。死後、時間が経(た)って発見されたケースでは、特殊清掃が必要になることも多いです。遺品整理をする先がゴミ屋敷の場合、素人で片付けるには労力と時間・精神的負担が大きいでしょう。ゴミ屋敷の遺品整理は、遺品整理業者や不用品回収業者に依頼することをオススメします。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!