信頼できる遺品整理業者の選び方とトラブル回避の方法

遺品整理でお悩みではないですか?高齢化が進み、核家族化した近年では、遺品整理の問題が浮き彫りになりトラブルも増加しています。遺品整理したいけど、何から始めていいかわからない、業者に依頼したいけどトラブルが怖いと言う方も多いのではないでしょうか?突然、家族を亡くし悲しみとショックで気持ちの整理がつかない・・・。このような思いを抱え故人が残した遺品に手が付けられないまま時間だけが経過している方もいるでしょう。そこでこの記事では、遺品整理の始め方と、遺品整理で急増するトラブル防止策・注意点などを解説します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 急増中!遺品整理のトラブルと注意点とは?
  3. 誰がやる?遺品整理と相続手続きについて
  4. 今注目の遺産整理士とは?
  5. 遺産整理と不用品回収について
  6. 後悔しない!遺産整理の業者選び
  7. こんなときどうする?遺品整理のよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理をする前に注意すべきことがわかり、トラブル回避につながります。遺品整理をスムーズに行うためにも必ず目を通していただきたい記事です。

1.遺品整理の基礎知識

1-1.遺品・遺品整理とは何か

遺品とは、故人が生前、生きていた証(あか)しです。故人が生きていたときに所有・使用していたもので、死後残されたものを遺品と言います。ただのものではなく、故人の想(おも)いや、家族の思い出が詰(つ)まった大切な品々です。遺品整理とは、故人の残した遺品を、整理することを言います。悲しみの中、故人の家族が遺品を整理することは、精神的・肉体的にも負担が大きく、社会問題になっているのです。

1-2.遺品の仕分けについて

遺品は大きく分けて2つに仕分けします。遺族にとって思い出深いものを残す「形見分け」と「処分する」ものです。形見分けとは、故人が生前愛用していたものを家族で分け合うことを言います。手紙や通帳・貴金属などは保管し、特別な品以外の家具や家電・粗大ゴミなどは処分することが多いでしょう。
遺品の仕分けを、家族が行う場合故人への想いが強く、気持ちの整理が付かないため、なかなか片付けられないのが現状です。残された遺品が膨大な場合、片付けに時間がかかるケースもあるでしょう。遺品の仕分けを行うのは、遺品整理にとって一番大切な作業ですが、非常に大変なことなのです。遺品を仕分けるときのポイントを確認してみましょう

  • 自分の生活で使えそうなものは残す
  • 世間の価値より自分が大切だと思えるものは残しておく
  • 家族の思い出が詰(つ)まった品物は、無理に処分せず残し、数年かけながらゆっくり整理する
  • 必要のない家具・家電・粗大ゴミは早めに処分

以上のポイントを意識して仕分けを行うことで、難しい遺品の仕分けもスムーズに行うことができるでしょう。明らかに必要のないもの以外で、故人や家族の思いが強いものは、無理に捨てる必要もありません。

1-3.遺品と粗大ゴミとの違いは?

遺品と粗大ゴミとの違いは、「故人や家族の思いが詰(つ)まっている」と言うところです。遺品に関しての思いは、残された人それぞれ違います。人によってはゴミに見えるものも、見る人によっては大切な宝物なのです。遺品整理は、残されたものが故人にできる最後の供養。遺産の仕分けは大変骨の折れる作業ですが、最後まで丁寧に行ってあげたいものですね。

2.急増中!遺品整理のトラブルと注意点とは?

遺品整理が抱えるトラブルや注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?確認していきましょう。

2-1.故人の意思を尊重する

遺品を整理する前に確認しておきたいこと。それは、故人の意思を確認できる「遺言状」があるかどうかです。突然亡くなり、遺言状がない場合や、相続人があなた一人なら遺品整理をあなたの判断で行っても構わないでしょう。遺言状がある場合、遺言の内容に従い相続や整理をする必要があります。また、日記やエンディングノートも故人の意思を確認できるものです。法的効力はありませんが、故人の想いを知ることができるでしょう。

2-2.親戚間のよくあるトラブル

故人が生前、美術品や価値のある遺品の場合、遺品を巡ってトラブルも絶えません。遺言状があっても揉(も)めることが多いのが相続問題です。遺言状がない場合は、相続人全員が話し合い財産分割をする必要があるでしょう。遺品整理でよくある親戚間のトラブルをご紹介します。

2-2-1.金銭トラブル

遺品整理で最も多いトラブルは金銭を巡るトラブルです。金銭がらみの問題は、どんなに仲のいい兄弟間でも起こりうるトラブルだと言います。価値の高い遺品や遺産を巡り、泥沼の戦いを繰り広げる事件も多いです。金銭トラブルを防ぐには、生前にきちんと話し合っておく必要があるでしょう。突然の死で、故人の遺言がなく意思が確認できないケースでは、相続人全員が遺品を均等に分け合うために、遺品の内容を共有しておかなければなりません。

2-2-2.誰かが勝手に遺品を整理・処分する

遺品は、故人の残した大切な財産です。どんな遺品でも、その遺品に感じる想(おも)いは人それぞれでしょう。 興味のない人にとっては価値がわからないものもあります。1人の判断で遺品を整理してしまうと、思わぬトラブルに発展してしまうことも少なくありません。特に、美術品や骨とう品・貴金属などの取り扱いには十分注意してください。

2-2-3.金銭的な負担も助け合う

残された遺品を分け合う必要があるように、残された負債も相続人全員で助け合い解決しましょう。たとえば、賃貸住宅の場合の家賃・光熱費・遺品整理に関する金銭的負担です。遺品整理の期間が長くなれば、その分の家賃や光熱費もかかります。誰が一人が負担するのではなく、相続人全員で平等に助け合いましょう。

2-3.形見分けの仕方と注意点

形見分けとは、家族や故人と親しい友人などに、思い出の一部として贈る習慣です。分ける品物に決まりはありません。形見分けは、故人が生きていたときの意思や遺言・個人と贈る相手との間柄を考慮し遺族が相談して決定します。形見分けは、断りづらいため、故人と特に親しかった人だけにしましょう。目上の方に対しては、形見分けするのは失礼にあたると言われています。しかし、目上の方から申し出がある場合は、形見分けしても構いません。

2-3-1.形見分けする時期とは?

形見分けは一般的に、葬儀を終えてから行うことが多いです。葬儀の後とはいえ、宗教により異なります。仏式の場合は、四十九日の忌明け、神式の場合は五十日祭のときがいいでしょう。

2-4.遺品整理を行う先がゴミ屋敷の場合

最近、ゴミ屋敷を巡るトラブルが増加し社会問題となっています。そんな中、ゴミ屋敷で孤独死するケースも増えてきました。ごみ屋敷は、大量のゴミを処分・整理すればいいと言うわけではありません。害虫や臭いの問題も残されています。死後、時間が経(た)って発見されたケースでは、特殊清掃が必要になることも多いです。遺品整理をする先がゴミ屋敷の場合、素人で片付けるには労力と時間・精神的負担が大きいでしょう。ゴミ屋敷の遺品整理は、遺品整理業者や不用品回収業者に依頼することをオススメします。

3.誰がやる?遺品整理と相続手続きについて

遺品整理は、相続手続きの一部だと言うことはご存じでしょうか?この項では、遺品整理をする際の相続手続きについてお話しします。遺品整理する前に必ず知っておきたいことです。

3-1.遺産整理の法律手続き

故人が遺言書を残し、遺言書に封がしてあった場合は、相続人でも勝手に開けてはいけません。家庭裁判所に行き、正式な遺言書であることを確認してもらう必要があります。また、民法で定められている法律を無視して、遺産整理を行うと思わぬ事態に巻き込まれる可能性があるでしょう。
相続には3通りの方法があります。1つ目は、すべての財産には一切手を付けず、相続そのものがなかったことにする相続放棄です。2つ目は、相続放棄とは反対にすべての相続をそのまま故人と同じ立場で引き継ぐ単純承認と言うもの。3つ目は、限定承認と言って、プラスの財産から借金や負の相続を引いたものだけ相続する方法です。相続は、3か月以内に、どの方法で相続するか決定し手続きしなければなりません。

3-1-1.相続を放棄したい場合は注意!

相続放棄を考えている方が遺品整理を行うと、 民法の第921条1号で定められた法律により、相続放棄を否定される場合があります。法律では、相続放棄する者は、故人の財産を処分する権利がないと考えられているためです。権利のない者が、故人の財産を整理・処分する行為をすると、相続を放棄したとは認められません。とはいえ、事情によっては急いで遺品整理を行わなくてはいけないこともあるでしょう。相続を放棄したい場合の遺品整理では、作業内容や作業していい範囲を素人が判断するには非常に難しいです。もしあなたが遺品整理をする場合、相続人になることも覚悟しておく必要があるでしょう。

3-1-2.相続手続き前に遺品整理したい

故人が亡くなった場所が賃貸住宅の場合、相続手続き前に早急に片付けしなければならないケースも多いです。どうしても遺品整理を先行しなければいけない場合は専門家に相談してより良い方法を選ぶ必要があります。自己判断は後のトラブルを招きかねません。

3-2.遺品整理は誰がやるべきか?

遺品整理は、故人と近い親族が行うのが一般的です。もちろん、不用品回収業者や遺品整理業へ依頼しても構いません。しかし、長く疎遠の親族や、親の離婚で音信不通の家族が亡くなった場合の遺品整理は義務ではないため断ってもいいでしょう。

3-3.どこに相談したらいい?遺品整理の相談窓口は?

遺品整理をする上で困ったこと・悩んでいることがある場合は、法律家に相談しましょう。弁護士・司法書士が相談に乗ってくれます。法律事務所の中には、遺産整理の専門相談窓口を設けているところもあるでしょう。国の機関では、お住まいの地域の自治体や福祉課が対応してくれます。また、遺品整理のプロである、遺品整理士へ相談する方法もオススメです。

4.今注目!遺品整理のプロ、遺産整理士とは?

遺品を家族に変わって、丁寧に仕分けし、整理する業者が、遺品整理業者です。 家族が思い思いに引き出しやタンスからものを出し、ゴミ屋敷状態になることも少なくありません。 そんなとき、プロに依頼すれば遺品をスムーズ片付けることができるのです。
高齢者の孤立・核家族の進行により、孤立死が増加する近年では、遺品整理業への需要が年々高まっています。もともと不用品回収や便利屋・何でも屋などを営んでいた業者が、遺品整理業に新規参入するケースも多いです。一方、遺品整理に関するトラブルも増加し、遺品整理業界の法整備が必要だとの声も多く上がっています。そんな社会情勢を受け、紹介の健全化を図り作られた資格が、遺品整理士です。

4-1.遺品整理士ってどんな資格?

遺品整理士とは、一般社団法人「遺品整理士協会」の運営する民間資格です。遺品整理を遺族に変わって行う遺品整理のプロ。遺品の取り扱いや遺品整理にかかわる法規制の知識、遺品や遺族に対しての心の配慮などを身につけています。最近急増する遺品整理のトラブルを防止するために作られた資格です。遺品をただ片付けるだけではなく、故人の想(おも)いや遺族の気持ちを整理するきっかけにもなっています。

4-2.遺品整理士の必要性とは?

遺品整理の現場では、身寄りがなく孤独死したケース、遺族が遺品整理できない、特殊清掃が必要なケースなどさまざまな事情を抱えています。そんな現場では、故人の遺品を法令に基づいて整理・処分する遺品整理士の必要性を感じずにはいられません。故人や遺族の心に寄り添い、遺品の取り扱いには細心の注意を払う。ときには、供養の方法や遺品整理に関する法規制の助言も行ってくれます。

5.遺産整理と不用品回収について

この項では、遺品整理と不用品回収についてご紹介します。買い取り・引き取りでリサイクルできるものやデジタル遺産についてもご案内しましょう。

5-1.処分したい遺品は不用品回収が便利

遺品と言えども、残された家電・家具は一般的な中古品と何ら変わりはありません。遺品整理を請け負う業者では、不用品回収と買い取りを行う会社も増えています。状態のいい家具や家電は、遺品整理の際に買い取り査定してもらうのもいいでしょう。また、自分で遺品整理する場合、大型家具や家電の処分に困ってしまう人も多いです。廃品回収業者が回っていた昔とは違い、最近は家具家電の処分に費用がかかるようになりました。遺品整理は自分で行っても、家具・家電不用品の処分だけは不用品回収業者を利用する方法もオススメです。

5-2.遺品は買い取ってもらえる?

状態もよく、製造年月日が新しい家電・本などは買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。故人が収集していたコレクションや絵画・貴金属なども売却できます。価値のあるものや、コンプリートしている場合はまとめて売れば高値が付くことも多いです。

5-3.デジタル遺産について

インターネットは今や、なくてはならないツールです。 デジタル遺産とは、故人が残したパソコンのデータや電子書籍・画像・ブログ・SNSのアカウントなどを指します。高齢者もパソコンやタブレット・スマートフォンを使う時代ですから、パソコンの中やインターネット上にデータを残したまま亡くなるケースが問題となっているのです。パソコンを処分する際には、データが悪用されないためにも、フォーマットを忘れずに行いましょう。SNSやブログなどインターネット上のデジタル遺産を探す方法は、故人のスマートフォンやパソコンの、アプリ・お気に入り・履歴から確認してください。クレジットカードの明細から探す方法も有力です。

6.遺産整理の業者選び

遺品整理業を行う業者は、不用品回収業者と便利屋・特殊清掃業者などです。この項では、遺品整理業者に依頼するメリットと業者選びのポイントについて解説していきます。

6-1.遺品整理をプロに依頼するメリット

何らかの事情で遺品整理を行うことができない場合、遺品整理のすべてを依頼できます。また、遺品の仕分けは行うけど、大型家具・家電の処分だけ依頼したい、清掃まで行ってほしいなど、さまざまな要望にも応えてくれるでしょう。遺品整理を業者に依頼する一番のメリットは、負担が軽減され、早く片付くことです。

  • 遠方に住んでいる場合も依頼できる
  • 遺品の量が多い・ゴミ屋敷などの場合
  • 親族ではないのに片付けなければいけない
  • 気持ちの整理が付かず、片付けられない

以上のような理由がある場合、遺品整理をプロに依頼するメリットは大きいでしょう。遺品整理を無理に自分で行うと、思いもよらない費用がかかることもあります。プロに依頼すれば、安全に労力と時間をかけずに結果的に費用も安く済むことも多いでしょう。

6-2.遺品整理業者を選ぶポイントとは?

信頼できる遺品整理業者を見分けるポイントをご紹介します。遺品整理業が不用品の買い取りを行う場合、古物商の許認可が必要です。遺品整理業者のホームページなどで確認してみましょう。また、電話だけで料金を決めるような業者は選ばず、必ず現場を確認し見積もりを取ってもらいます。見積書の内容は細かく書かれた文字までよく確認してください。業者への支払いは後払いすること。業者への要望や作業内容の希望は、見積もり作成事に依頼してください。作業開始後の要望には追加料金がかかる場合があります。疑問や要望について快く対応してくれる業者かも確認しましょう。また、遺品に対して配慮があるかどうかも遺品回収業者を選ぶ重要なポイントです。大切な遺品を荒く扱われてしまうことは、故人も遺族も望んではいないでしょう。個人が残した遺品を大切に扱う業者を選びましょう。

6-3.遺品整理にかかる料金の相場は?

遺品処理を業者に依頼する際にかかる、料金の相場をご案内しましょう。遺品処分にかかる費用には、遺品処分費や運搬費・作業費が含まれています。作業するスタッフの人数によっても料金が変わるでしょう。
一般的な料金相場は、1LDKで30000円~120000円です。3LDKでは、120000~680000円ほどかかります。ただし、遺品の量や部屋の状況・エレベーターの有無・階数でも異なるでしょう。ゴミ屋敷や孤独死などの場合は、清掃料金なども追加されます。東京や大阪など土地によっても相場が変わるでしょう。買い取りできる品物があれば、遺品回収費用と相殺できます。

7.こんなときどうする?遺品整理のよくある質問

7-1.遺品整理業者が行う業務はどのようなものがありますか?

遺品整理業者によりさまざまですが、遺品の整理作業・リサイクル品の買い取り・不用品の引き取り・ゴミ処理・個人情報の処理・パソコンのデータ消去・特殊清掃などです。希望する作業を行っているか業者に直接確認してみましょう。

7-2.仏壇の処分はどうしたらいい?

仏壇の処分は、お寺・仏具店に引き取ってもらう方法と不用品回収業者に処分を依頼する方法があります。遺品整理業者が処分してくれる場合もあるため業者に伝えてみましょう。

7-3.ゴミ屋敷の場合部屋の臭いや害虫はどうすればいい?

手が付けられないほど汚れている部屋やゴミ屋敷を素人が掃除するのは困難です。
遺品整理を依頼する業者の中には、特殊掃除やハウスクリーニングを行う会社もあります。ゴミ屋敷の場合は、害虫駆除の殺菌消毒などを行必要があるでしょう。特殊清掃業者やハウスクリーニングを行う遺品整理業者に依頼することをオススメします。

7-4.現場にはいけないけど、遺品の一部を形見分けしたい場合は?

遺品整理業者によっては、事前に打ち合わせた内容の遺品を運搬してくれるサービスがあります。打ち合わせた内容のものを、遺品整理業者が勝手に処分することはありません。現場に駆けつけられない場合も対応してもらえるでしょう。ただし、見積もり・打ち合わせ時に入念な確認が必要です。

7-5.生前整理って何ですか?

生前整理とは、生きているうちに持ち物や遺産を整理し、自分の死後、残された家族が遺品をスムーズに整理できるよう整えておくことです。形見分けの内容や自分の意思を、死んだ後反映できるようエンディングノートに書いておくのもいいでしょう。生前整理をしておくと、遺品整理にかかる費用や労力を軽減できます。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、遺品整理の始め方と基礎知識、遺品整理を業者に依頼するポイントなどをご紹介しました。高齢化・核家族化した近年の遺品整理では、自分で作業できないケースも増えています。遺品整理は無理して自分で行わず信頼できる遺品整理業者に依頼しましょう。高齢者がいるご家庭では、遺品整理をトラブルなくスムーズに行うためにも、日頃から死後の処分方法について家族で話し合っておくことも大切です。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!