もうすぐ年末大掃除! 始める前に知っておきたい大掃除のコツや計画の立て方

2.不用品の判断基準や処分方法

2‐1.不用品の判断基準は‟使用頻度”

年末の大掃除は不用品がたくさん出てくるものです。
部屋の中を年に1回リセットできる機会なので、要らないものはとことん処分しなければなりません。
しかし、「取っておいたほうが良いかも」「また使う機会がある」など、判断基準が甘くなってしまいますよね。
使っていないものを保管する必要はありません。
スムーズに大掃除をするためにも‟使用頻度”を判断基準にしてください。
いつ使ったのかわからないものはこれから先も使いません。
使用頻度が少ないものほどあなたにとっては必要のないものです。
1年以上使っていないものは処分していきましょう。
普段からよく使っているものは保管してください。
使用頻度をよく考えながら不用品を判断するとスムーズに掃除できますよ。

2‐2.不用品回収業者に依頼する

年末の大掃除で困るのが‟不用品の処分”です。
たくさん出た不用品は一体どうやって処分すれば良いのでしょうか。
不用品の量が少なければ自治体のゴミとして捨ててもOKです。
しかし、年末の大掃除は不用品の量が増えてしまいます。
そこで、ぜひおすすめしたいのが‟不用品回収業者”の利用です。
不用品回収業者は1度にたくさんの不用品を処分してくれます。
また、自治体はわざわざ自分たちで回収場所へ運ばなければなりません。
一方、不用品回収業者に依頼すれば自宅までやってきてくれます。運ぶ必要もないので効率的に処分できるのです。
特に、年末の大掃除は12月ギリギリまで慌ててしまいます。
業者の中には365日年中無休で受け付けているところもあるので本当にありがたいです。
ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

3.大掃除のコツや注意点

3‐1.年末大掃除で押さえるべきポイント

年末の大掃除におけるポイントは「普段できないところを掃除する」ことです。
普段掃除しているところは後回しにしてください。
なかなかできないところから大掃除をしなければ時間が足りなくなってしまいます。
スムーズに掃除をすすめるためにも部屋の中を1度見渡しましょう。
そして、普段掃除していないところをピックアップしてください。
たとえば、キッチンのコンロや冷蔵庫の中、換気扇のような細かいところです。
また、リビングやお風呂場、廊下の電灯や天井もチェックしてください。
天井や壁にもたくさんのホコリや汚れがついていますよ。
そして、年末だからこそ窓ガラスや網戸もしっかり掃除しなければなりません。
自分たちで掃除するのが難しい場合は、業者に依頼すると良いでしょう。

3‐2.年末の大掃除で気をつけるべきこと

年末の大掃除をすすめるとき、失敗例もたくさんあります。
たとえば、最近「IHクッキングヒーター」を利用する人が増えてきました。
IHクッキングヒーターの中には天板が割れやすいタイプもあります。
換気扇を掃除しようと天板の上に乗ってしまい、ガラスにヒビが入ったという人もいるのです。
大掃除をしていたはずなのに余計なことが増えると嫌になります。
また、2階の窓ガラスを掃除するときも十分に注意してください。
外側を掃除するときは必ず安全を確認することが大切です。
「大丈夫だから」と甘く見てはいけませんよ。大けがにつながってしまいます。
無理に掃除をしようとせず、掃除のプロに任せるのも1つの方法です。
あくまでケガをしないよう周りに気をつけて大掃除をすすめてくださいね。

4.まとめ

年末大掃除計画の立て方や不用品の判断基準・処分方法、大掃除のコツ・注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
毎年12月に慌てて掃除をする人ほど、しっかり計画を立てなければなりません。
年末の大掃除をいつから始めるのか、場所ごとに日数を決めていきましょう。
きちんと計画を立てるか立てないかで掃除のすすみ方が変わりますよ。

  • 「短期集中」で大掃除をする
  • 「長期」計画で掃除をすすめる
  • 掃除が大変なものほど早めにとりかかる
  • 不用品の判断基準は‟使用頻度”
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 普段できないところから掃除する
  • 必ず安全を確かめる

以上のポイントはチェックしてください。
不用品の処分に業者を依頼する場合、必ず‟見積もり”を確認しましょう。
見積もりに納得できる業者を選んでくださいね。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!