電子ピアノを処分したい人必見! 処分・買取に出すコツを伝授!

電子ピアノは、通常のピアノよりもコンパクトなため設置場所に困らないのがメリットです。また、電子ピアノならではの豊富な音色は、演奏の楽しみを広げてくれますよね。しかし、何らかの理由で電子ピアノを処分したい場合には、どのような方法があるのかわからない人もいるでしょう。

そこで今回は、電子ピアノを処分したり買取を依頼したり方法やコツについて伝授します。大切にしていた電子ピアノの処分で後悔したくない人は、ぜひ読んでみてください。

  1. 電子ピアノを処分したい! 廃棄・捨て方は?
  2. 電子ピアノを自分で処分するには?
  3. 販売業者の下取りを利用して手放す
  4. 電子ピアノは買い取ってもらえる?
  5. 電子ピアノを回収業者に引き取ってもらう方法
  6. 電子ピアノの処分・買取に関するよくある質問

電子ピアノはどうやって処分するの?

記事を読み終えるころには、電子ピアノの処分に関する疑問や不安が無くなっていることでしょう。まずは、基本を学んで業者と対等にやり取りできるようにすることが大切です。記事には、電子ピアノの処分や買取で得をするためのコツを解説していますのでじっくり読んで頭に入れてくださいね。

1.電子ピアノを処分したい! 廃棄・捨て方は?

電子ピアノを処分したい! 廃棄・捨て方は?

電子ピアノを処分したり廃棄したり捨てたりしたいときとは、どのようなケースでしょうか。詳しく見てみましょう。

1-1.電子ピアノの寿命について

電子ピアノの寿命は、約10年です。電子ピアノも精密機械のひとつと考えると、妥当な年数と言えます。実際には、使用しているうちに調子が狂ったり何かしら故障をしたりなども多いです。使用頻度が高い場合は、寿命がより短くなると考えましょう。買い替えを考えている人は、寿命が来ないうちに買取依頼に出すことをおすすめします。

1-2.電子ピアノに多い故障とは?

電子ピアノに多い故障は、主に以下となります。

  • 特定の音だけ出ない
  • 音がまったく出ない
  • 音が小さ過ぎる・大き過ぎる
  • 音階がおかしい
  • 電源が入らない
  • 鍵盤が取れてしまった
  • ヘッドフォンを使用できなくなった

電子ピアノは、電源に接続して使用します。一般のピアノには見ることができない故障内容もあることが特徴です。

1-3.故障した電子ピアノは修理する?廃棄する?

故障した電子ピアノも、修理をすれば元通りに直る可能性もあります。たとえば、購入したばかりで保証期間内ならば無償修理が適用となることも多いです。修理依頼は、メーカーの修理受付窓口に連絡して指示を仰ぎましょう。反対に、保証期間を過ぎていたり寿命を迎えていたりする場合は、修理をするよりも新規購入した方が安上がりになることも多いです。修理か廃棄のいずれにしても、自分にとってメリットの大きい方法を選びましょう。

1-4.電子ピアノのごみの種類は?

電子ピアノは、粗大ごみとして扱うことになります。電子ピアノは、種類にもよりますが長さが規定を超えるため、一般のごみとして出すことは不可能なのです。電子ピアノの破損が激しかったり、リサイクルできる状態でなかったりする場合は、粗大ごみとして処分すすることも考えましょう。

電子ピアノは粗大ごみになるんですね。
はい。ただ、本当に処分すべきかどうかはしっかり考えましょう。

2.電子ピアノを自分で処分するには?

電子ピアノを自分で処分するには?

ここでは、電子ピアノを自分で捨てる場合について解説しましょう。自治体回収を利用するのが一般的です。

2-1.電子ピアノの処分で自治体回収を利用する場合

電子ピアノの処分で自治体に回収依頼をする場合は、粗大ごみとして依頼をすることになります。また、自治体によっては粗大ごみ回収とは別に、電子ピアノをリサイクルする目的で回収をしていることがあるので調べてみましょう。いずれにしても、自治体の回収を利用するときはルールを守ることが大前提となります。

2-2.電子ピアノの処分で自治体回収を利用する場合にやるべきこと

粗大ごみとして出す場合は、自分で準備を進める必要があります。まずは、自治体の粗大ごみ受付窓口に連絡しましょう。すると、回収日時と場所の指示を受けるほかにも、「粗大ごみ処理券」について説明があるはずです。「粗大ごみ処理券」は有料で、コンビニなどで購入できます。回収日時の直前に、電子ピアノに「粗大ごみ処理券」を貼り付けて出しましょう。なお、回収場所までは自分で運搬する必要があります。大きな電子ピアノを運搬するのは大変ですから、ほかの人に手伝いを依頼したり荷台を使ったりして工夫しましょう。なお、基本的に解体をする必要はありません。

2-3.電子ピアノの処分で自治体回収を利用するメリット・デメリット

自治体回収を利用して処分するときのメリットやデメリットを確認しておきましょう。

2-3-1.メリット:

  • 回収費用が安い(数百円から千円程度)
  • 自治体なので安心して処分できる

自治体回収は、やはり回収費用が安いのが最も大きなメリットと言えるでしょう。とにかく安く回収してほしいのなら、自治体回収の利用を検討してください。

2-3-2.デメリット

  • 自分で連絡する必要がある
  • 回収日時・場所を選ぶことができない
  • 自分で集荷場所まで運搬する必要がある

自治体の回収は、基本的に指示に従って進めることになります。回収指定は平日の午前中が多いので人によってはタイミングが合わないことも多いでしょう。そのほかにも、いろいろと面倒なのがデメリットですね。

粗大ごみに出すって意外と大変なんですね。
メリットとデメリットを照らし合わせて、最適な方法を選ぶことが大事です。

3.販売業者の下取りを利用して手放す

販売業者の下取りを利用して手放す

電子ピアノの処分方法として、販売業者の下取りを利用することも考えてみましょう。具体的に解説しますね。

3-1.電子ピアノの買い替えがベターなときとは?

以下のようなときには、電子ピアノの買い替えを検討しましょう。

  • 電子ピアノの寿命が来たとき
  • 故障して修理不可能との診断を受けたとき
  • 魅力的な新製品が出てきたとき
  • 引っ越しなどで置き場所に困るとき

電子ピアノ自体に特に問題が無くても、引っ越しなどで置き場所に困るようになったときも買い替えのタイミングと考えてください。

3-2.電子ピアノの新製品が安い時期は?

電子ピアノは、コンスタントに新製品が発売になるわけではありません。しかし、最新モデルが安い時期は存在します。

  • クリスマスの直前(プレゼント需要があるため)
  • 3月(4月から習い始める人が多いため)

また、最新モデルが発表になるとひとつ前のモデルが値崩れします。最新モデルにこだわらないときは、お得ですよ。

3-3.販売業者の下取りについて理解しよう

電子ピアノを買い替えるときには、不要になった古い電子ピアノを下取りしてもらえることがあります。楽器販売店などでは、買い替え需要を見込んで下取りサービスを行っていることも多いので調べてみましょう。下取りサービスを受けることで、買い替え費用の足しになることもあります。

3-4.通販業者の下取りはどうなっている?

電子ピアノも通販で購入できる時代になりました。通販ではさまざまなコストを削減しているため、新品の電子ピアノの価格が安いことが特徴です。ただし、買い替えのときに下取りサービスを行っているところは多くありません。下取りサービスには、手間も時間も費用も掛かります。下取りサービスを行わないことで、価格を抑えているという側面があることも理解しましょう。しかし、キャンペーンなどで下取りサービスを行うことはあります。キャンペーン情報はしっかりチェックしておきましょう。

3-5.販売業者の下取りを利用する場合の手数料

販売業者による電子ピアノの下取りは、手数料が無料となることが多いです。手数料を必要とする場合でも、結局のところ新規購入のときに値引き扱いになることもあります。たとえば、手数料を支払った後に数千円程度のキャッシュバックを受けることで、新規購入の費用負担が軽くなるケースが多いのです。

3-6.販売業者の下取りを利用するメリット・デメリット

電子ピアノの処分で販売業者の下取りを利用するメリット・デメリットをまとめました。

3-6-1.メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 下取りで数千円のキャッシュバックがある(実質的な値引き)
  • 販売業者に引き取ってもらうことで心理的に安心

新しい電子ピアノへ買い替えする場合は、特にメリットが大きいですね。

3-6-2.デメリット

  • 下取りだけを利用できない
  • 同じ店で新規購入する必要がある
  • 条件によっては下取りできない電子ピアノもある

下取りは新規買い替えが条件になるため、下取りだけの利用ができません。そのほかにもさまざまな条件指定があるため、買い替えを考えていても下取り不可となる電子ピアノもあります。

3-7.電子ピアノの処分で販売業者の下取りを利用する場合の注意点

電子ピアノを新規購入する必要が無いにもかかわらず、下取りサービスを利用するために新規購入を考えることはやめましょう。新しい電子ピアノを購入しても、またすぐに不用品となってしまうだけです。販売業者の下取りは、電子ピアノの買い替えをするためのサービスとなります。今後も電子ピアノを使用する人向けのサービスだと理解しましょう。電子ピアノを買取依頼や処分するだけの場合は、ほかの方法を検討してください。

下取りなんて方法もあるんですね。
買い替えが前提となりますが、該当するのであれば積極的に利用するのもよいでしょう。

4.電子ピアノは買い取ってもらえる?

電子ピアノは買い取ってもらえる?

電子ピアノの処分で、リサイクル価値があるものは買取依頼をしましょう。ここでは、買取に有利になるコツも伝授します。

4-1.買取してもらえる電子ピアノとは?

  • 有名・人気ブランドであること
  • 人気モデルであること
  • 電子ピアノとしての機能に問題が無いこと
  • 使用感が少なくキレイな状態であること
  • 使用説明書・付属品が揃(そろ)っていること

電子ピアノは、想像以上にブランドの指名買いが多いものです。有名・人気ブランドのものが有利になるのは当然と言えます。特に人気の高い、ヤマハ・ローランド・カシオ・カワイなどの電子ピアノは高価買取をしている業者が多いです。

4-2.リサイクルショップを利用する

リサイクルショップに買取を依頼するときは、店舗に連絡を入れて買取可能かどうか相談してから持ち込みましょう。電子ピアノは大きいもののため、いきなり持ち込むと買取にならなかったときに大変です。場合によっては、リサイクルショップが引き取りに来てくれることもありますが期待し過ぎないようにしましょう。

  • メリット:買取になった場合はお金が手に入る・中古品としてリサイクルできる
  • デメリット:買取不可の場合がある・基本的には自分で持ち込む必要がある

4-3.ネットなどのリセールを利用する

ネットなどでリセールを利用する方法もあります。たとえば、インターネットオークションですね。オークションサイトに会員登録後、希望する売却価格を付けて電子ピアノを出品しましょう。落札希望者が入札をして取り引きの成立を待ちます。無事に取り引きが成立した後に、落札者からの代金の入金を確認してから引き渡しましょう。

  • メリット:売りたい金額で売ることができる・高値落札も夢ではない
  • デメリット:入金トラブルやクレームが多い・引き渡すための手間が掛かる

4-4.電子ピアノを高価買取してもらうコツ

電子ピアノを高価買取してもらうには、以下のポイントに気を付けましょう。

  • 汚れなどはキレイに掃除しておくこと
  • 使用説明書・保証書・付属品を揃(そろ)えておくこと
  • 電子ピアノを高価買取している業者に依頼すること

買取を強化していない業者に依頼すると査定金額が安いことも多いです。できるだけ高価買取している業者を探して依頼しましょう。

高価買取のポイントがわかりました。
どうせ買取に出すなら高いほうがよいですよね!

5.電子ピアノを回収業者に引き取ってもらう方法

電子ピアノを回収業者に引き取ってもらう方法

電子ピアノの処分は、不用品回収業者に依頼するのも便利です。依頼方法や料金など、知っておくべき内容を学びましょう。

5-1.業者が電子ピアノを回収するときの流れや方法

業者は、以下の流れで回収を進めていきます。

  1. 依頼者から電子ピアノ回収の依頼を受ける
  2. 作業見積もりを出して依頼者の了承を得る
  3. 依頼者の指定日時・場所で電子ピアノの回収をする
  4. 依頼者が回収費用を支払って完了

なお、電子ピアノの場合は大きさや重さがあるものが多いため、基本的に業者が引き取る形となります。

5-2.電子ピアノの回収を業者に依頼するときの料金

電子ピアノの回収料金は、1台につき数千円からとしている業者が多いです。ただし、マンションの高層階から下ろす必要があったりエレベーターを使うことができなかったりなど、特殊な環境の場合はオプション料金が必要となることもあります。また、夜間対応をしている業者でも時間外料金が必要となることもあるので注意しましょう。実際の料金にかんしては、業者に見積もりをもらって確認してください。

5-3.電子ピアノの処分を業者に依頼するメリット・デメリット

業者に電子ピアノの処分を依頼した場合のメリット・デメリットも理解しておきましょう。

5-3-1.メリット

  • 壊れていても処分してもらえる
  • 指定日時・場所に回収にきてもらえる
  • 処分のための準備をしたり運ぶ必要が無かったりするので楽

回収業者に処分を依頼することは、時間と労力の大幅な節約になりメリットが大きいのでおすすめです。

5-3-2.デメリット

  • 回収料金が数千点程度は掛かる
  • 良い業者でも営業範囲外になることがある

不用品回収は、基本的に有料です。できるだけ良心的な料金設定をしている業者をみつけて依頼することでデメリットを最小限にすることができますよ。

5-4.電子ピアノの回収を依頼する業者の選び方

業者選びの際には、以下のポイントを確認しましょう。

  • 電子ピアノの高値買取を実施している
  • 電子ピアノにかんする知識がある
  • 丁寧で親切な見積もりをしている
  • 見積料金は無料である
  • 買取にならない場合でも回収費用がリーズナブル
  • 指定日時・場所での回収が可能である
  • 問い合わせに対する回答が丁寧でわかりやすい
  • 古物商許可など免許を受けている正式な業者である

電子ピアノの処分は、業者選びによって満足度が大きく異なります。できるだけ良い業者を選ぶためにも、上記のポイントを重視してください。

5-5.コストを掛けずに回収してもらうコツは?

電子ピアノの処分だけでは、数千円以上の手数料が掛かります。もしも、コストを掛けずに回収を依頼したいのならばほかに買取対象になるものが無いか考えてみてください。たとえば、製造年月日が1年以内の家電やパソコン・貴金属やブランド品などで手離してもいいものは無いか確認しましょう。ほかの不用品で買取が成立した場合は、処分費用を相殺できます。なお、当社でも家電や家具などの不用品の買取を行っていますので参考にしてください。

不用品片付けのダスト.net 東京

5-6.無料回収業者には注意しよう!

不用品回収業者の中には、不要な電子ピアノを無料で回収することを前面に出して宣伝している業者もいます。特に、営業車で巡回をしていたり訪問営業でやってきたりすることが多いです。利用者にとっては無料で回収してくれることはありがたいと言えます。しかし、無料回収業者は無許可営業をしていたり電子ピアノ以外のものを無理やり回収したりするところもあるので注意しましょう。また、無料回収のはずなのに有料回収と言われたなどトラブルも絶えません。無料回収業者を利用は業者をしっかりと見極めてからにしましょう。

回収業者なら手っ取り早く処分できそうですね。
ただ、残念ながら悪徳業者も存在しますから、依頼する際は信頼できる業者を選んでください。

6.電子ピアノの処分・買取に関するよくある質問

電子ピアノの処分・買取に関するよくある質問

最後に、電子ピアノの処分や買取に関するよくある質問を確認しておきましょう。ほかの皆さんが実際に悩んでいる内容ですから参考になりますよ。

Q.複数台の電子ピアノを同時に処分できますか?
A.電子ピアノが複数台ある場合でも問題はありません。業者に見積もりの依頼をするときに、正確な台数を伝えてください。なお、電子ピアノは1台ごとに処分料金が必要になることが多いです。場合によっては、「トラック積み放題」など業者が用意しているパックプランの方がお得になることもあります。業者に相談して、料金が最も安くなる方法を教えてもらいましょう。

Q.電子ピアノの買取価格が不満なときは売却しなくていいですか?
A.業者に電子ピアノの見積もってもらったとき、買取価格が思ったよりも安いことがあります。安いと感じても、実際には妥当な評価であることも多いです。しかし、買取価格に不満が残る場合は、無理して売却しなくて問題ありません。ほかの業者に改めて見積もってもらいましょう。ただし、買取価格の理由を聞いておくことが大切です。ほかの業者でも同じような理由で安い買取価格が付いた場合は、必要以上に買取価格にこだわるのをやめて売却を考えましょう。

Q.不用品として回収した電子ピアノは業者どのように扱うのですか?
A.故障などで使用できなくなった状態の電子ピアノであっても、金属類などの貴重な資源の宝庫です。業者で必要に応じ分解をして素材ごとに分けてからリサイクルに回すことになります。電子ピアノとしての寿命を終えても、新たな活用法を探すことになるのです。きちんとリサイクルをしてもらうためにも、無許可の不用品回収業者に引き渡さないようにしましょう。無許可の業者では不法廃棄を行うなどの法律違反を犯す可能性があるからです。

Q.電子ピアノのほかにも粗大ごみや不用品を同時に処分してもらえますか?
A.電子ピアノのほかにも、さまざまなものを同時に処分依頼できます。不用品の処分に困っている場合は、ぜひ業者に相談してください。それぞれ個別に処分依頼するよりもお得になります。不用品を手元に置いておいても何もメリットを生みません。電子ピアノの処分をほかの不用品を処分するための良い機会と考えましょう。

Q.数十年前に壊れた電子ピアノでも処分してもらえますか?
A.物置などに数十年放置してしまったような電子ピアノであっても、処分できますので安心してください。電子ピアノとしての買取価値がすでになくても、リサイクルすれば活用できる可能性が高いです。数十年も手元に置いておいたものでも、素材単位で考えれば十分に価値があります。業者に相談して処分してもらいましょう。

これで安心して処分できそうです。
今まで大事にしてきた電子ピアノですから、納得のいくように手放しましょう。

まとめ

電子ピアノ処分のまとめ

長年愛用してきた電子ピアノを処分するにしても、できるだけ後悔しないようにしたいですよね。たくさんの処分方法の中から最適な方法をみつけるためにも、記事で解説している内容は役に立ちます。買取依頼ができそうなものは、積極的に利用しましょう。もしも、買取対象にならなくてもできるだけリサイクルする方向で検討してください。単にごみとして扱ってしまえば終わりです。電子ピアノとしてまだまだ活用できる可能性は残っています。資源を大切にするという考えからも、いろいろと考えてみてくださいね。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!