電子ピアノを処分したい人必見! 処分・買取に出すコツを伝授します!

電子ピアノは、通常のピアノよりもコンパクトなため設置場所に困らないのがメリットです。また、電子ピアノならではの豊富な音色は、演奏の楽しみを広げてくれますよね。しかし、何らかの理由で電子ピアノを処分したい場合には、どのような方法があるのかわからない人もいるでしょう。そこで、今回は、電子ピアノを処分したり買取を依頼したり方法やコツについて伝授します。大切にしていた電子ピアノの処分で後悔したくない人は、ぜひ読んでみてください。

  1. 電子ピアノを処分したい! 廃棄・捨て方は?
  2. 電子ピアノを自分で処分するには?
  3. 販売業者の下取りを利用して手放す
  4. 電子ピアノは買い取ってもらえる?
  5. 電子ピアノを回収業者に引き取ってもらう方法
  6. 電子ピアノの処分・買取に関するよくある質問

記事を読み終えるころには、電子ピアノの処分にかんして疑問や不安が無くなっていることでしょう。まずは、基本を学んで業者と対等にやり取りできるようにすることが大切です。記事には、電子ピアノの処分や買取で得をするためのコツを解説していますのでじっくり読んで頭に入れてくださいね。

1.電子ピアノを処分したい! 廃棄・捨て方は?

電子ピアノを処分したり廃棄したり捨てたりしたいときとは、どのようなケースでしょうか。詳しく見てみましょう。

1-1.電子ピアノの寿命について

電子ピアノの寿命は、約10年です。電子ピアノも精密機械のひとつと考えると、妥当な年数と言えます。実際には、使用しているうちに調子が狂ったり何かしら故障をしたりなども多いです。使用頻度が高い場合は、寿命がより短くなると考えましょう。買い替えを考えている人は、寿命が来ないうちに買取依頼に出すことをおすすめします。

1-2.電子ピアノに多い故障とは?

電子ピアノに多い故障は、主に以下となります。

  • 特定の音だけ出ない
  • 音がまったく出ない
  • 音が小さ過ぎる・大き過ぎる
  • 音階がおかしい
  • 電源が入らない
  • 鍵盤が取れてしまった
  • ヘッドフォンを使用できなくなった

電子ピアノは、電源に接続して使用します。一般のピアノには見ることができない故障内容もあることが特徴です。

1-3.故障した電子ピアノは修理する?廃棄する?

故障した電子ピアノも、修理をすれば元通りに直る可能性もあります。たとえば、購入したばかりで保証期間内ならば無償修理が適用となることも多いです。修理依頼は、メーカーの修理受付窓口に連絡して指示を仰ぎましょう。反対に、保証期間を過ぎていたり寿命を迎えていたりする場合は、修理をするよりも新規購入した方が安上がりになることも多いです。修理か廃棄のいずれにしても、自分にとってメリットの大きい方法を選びましょう。

1-4.電子ピアノのごみの種類は?

電子ピアノは、粗大ごみとして扱うことになります。電子ピアノは、種類にもよりますが長さが規定を超えるため、一般のごみとして出すことは不可能なのです。電子ピアノの破損が激しかったり、リサイクルできる状態でなかったりする場合は、粗大ごみとして処分すすることも考えましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!