電気シェーバーの処分はどうする? おすすめの捨て方をご紹介します。

電気シェーバーは男性の身だしなみを整えるのに使い、女性はムダ毛処理に愛用している方もいます。1回買うと長く使う場合が多い製品でも、刃の劣化や充電不足などのトラブルも増えてくるはずです。電気シェーバーの寿命が近いサインとも受け取れ、そろそろ買い替えをと考えるきっかけとなるでしょう。新製品を購入できたとしても、古いものはどう処分すべきか、捨て方は迷いますよね。充電器や電池類も含まれており、処分は頭が痛い問題です。
最近では小型家電にかんする法律も施行され、電気シェーバーの捨て方には決まりができました。正しく回収し、適切にリサイクルすべきとの観点から、電気シェーバーをごみ扱いしないようにとされています。
やるべきことやコツを知ってさえいたら、処分が難しいと感じることはありません。今回は、小型家電リサイクル法にかんする情報や、電気シェーバーの正しい捨て方をご紹介します。

  1. 電気シェーバーを処分する前に
  2. 小型家電リサイクル法とはどのようなもの?
  3. 自分で電気シェーバーを廃棄するなら?
  4. 販売業者の下取りは利用できる?
  5. 電気シェーバーもリサイクルできるのか?
  6. 電気シェーバーの処分を回収業者に依頼する場合
  7. 電気シェーバーにかんするよくある質問
  8. まとめ

小型家電リサイクル法と聞いたら、非常にレベルの高い処理方法を求められるのではないかと、心配になることでしょう。本来は、誰もが気軽にリサイクル活動に参加できるために設けられたものですから、ポイントを知って正しい処分を行うようにしてください。この記事を読むことで、処分にかんする知識を身につけることができます。

1.電気シェーバーを処分する前に

廃棄前に覚えておきたい、電気シェーバーにかんする基礎知識からご紹介します。

1-1.電気シェーバーはどのようなものを指す?

電気シェーバーの構造は、外刃と内刃でできています。外刃を肌に押しあてて髭(ひげ)やムダ毛を持ち上げ、内刃がカットしてきれいに仕上げていくのが、電気シェーバーの特徴です。今は深剃りできるタイプもあり、より美しい仕上がりと剃り跡が残らないようになっています。

1-2.電気シェーバーはどのくらいで寿命となる?

ほかの電化製品と同じように、電気シェーバーも使えなくなる日が来ます。寿命とされるのは、3〜4年が経過したころです。使用頻度が高い場合、2年で不具合が出やすくなるでしょう。劣化が早いのは、刃の部分です。替え刃に交換して快適に使えるようになります。

1-3.電気シェーバーを買い替えのタイミングとなるのは?

刃は交換することで良好な状態に戻ります。しかし、電池の充電能力には、経年劣化が関連しているため、寿命が近づくと性能の低下を実感するでしょう。電池の持ちが悪くなり、動きが鈍くなるなど、トラブルが続発しやすくなったら買い替える時期です。劣化すると充電不良が原因で剃り残しが出て、満足な使い心地が得られません。

1-4.高機能電気シェーバーの購入がお得な時期

高機能製品が続々と登場し、よりよいものを購入したいと希望する方も増えています。買い替えのタイミングを狙う場合、安い時期を知りたいと思うことでしょう。とはいえ、飛躍的な機能向上はないため、現行機種で高機能タイプを安く買える時期がおすすめです。新機種登場直前は、現行機種のセールを行う店舗が多いため、高機能機種を購入するいいタイミングとなります。女性は、新製品情報をランキングサイトなどでチェックして購入する方も多く、比較して安いショップを選ぶのも購入費用を抑えるコツです。

1-5.電気シェーバーが壊れたら粗大ごみに出してもいい?

自治体の粗大ごみは、サイズの大きな製品を対象としており、電気シェーバーのような小さい家電は、燃えないごみとする自治体が多いです。また、小型家電リサイクル法の施行により、リサイクルボックスを公共施設などに設置し、回収を促すように推進しているところも増えています。回収した金属は貴重な資源は取り出し、再利用する方向で回収するのが目的です。従って、粗大ごみではなく、燃えないごみまたはリサイクルボックスの活用をおすすめします。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!