電気シェーバーの処分はどうする? おすすめの捨て方をご紹介します。

電気シェーバーは男性の身だしなみを整えるのに使い、女性はムダ毛処理に愛用している方もいます。1回買うと長く使う場合が多い製品でも、刃の劣化や充電不足などのトラブルも増えてくるはずです。電気シェーバーの寿命が近いサインとも受け取れ、そろそろ買い替えをと考えるきっかけとなるでしょう。新製品を購入できたとしても、古いものはどう処分すべきか、捨て方は迷いますよね。充電器や電池類も含まれており、処分は頭が痛い問題です。
最近では小型家電にかんする法律も施行され、電気シェーバーの捨て方には決まりができました。正しく回収し、適切にリサイクルすべきとの観点から、電気シェーバーをごみ扱いしないようにとされています。
やるべきことやコツを知ってさえいたら、処分が難しいと感じることはありません。今回は、小型家電リサイクル法にかんする情報や、電気シェーバーの正しい捨て方をご紹介します。

  1. 電気シェーバーを処分する前に
  2. 小型家電リサイクル法とはどのようなもの?
  3. 自分で電気シェーバーを廃棄するなら?
  4. 販売業者の下取りは利用できる?
  5. 電気シェーバーもリサイクルできるのか?
  6. 電気シェーバーの処分を回収業者に依頼する場合
  7. 電気シェーバーにかんするよくある質問
  8. まとめ

小型家電リサイクル法と聞いたら、非常にレベルの高い処理方法を求められるのではないかと、心配になることでしょう。本来は、誰もが気軽にリサイクル活動に参加できるために設けられたものですから、ポイントを知って正しい処分を行うようにしてください。この記事を読むことで、処分にかんする知識を身につけることができます。

1.電気シェーバーを処分する前に

廃棄前に覚えておきたい、電気シェーバーにかんする基礎知識からご紹介します。

1-1.電気シェーバーはどのようなものを指す?

電気シェーバーの構造は、外刃と内刃でできています。外刃を肌に押しあてて髭(ひげ)やムダ毛を持ち上げ、内刃がカットしてきれいに仕上げていくのが、電気シェーバーの特徴です。今は深剃りできるタイプもあり、より美しい仕上がりと剃り跡が残らないようになっています。

1-2.電気シェーバーはどのくらいで寿命となる?

ほかの電化製品と同じように、電気シェーバーも使えなくなる日が来ます。寿命とされるのは、3〜4年が経過したころです。使用頻度が高い場合、2年で不具合が出やすくなるでしょう。劣化が早いのは、刃の部分です。替え刃に交換して快適に使えるようになります。

1-3.電気シェーバーを買い替えのタイミングとなるのは?

刃は交換することで良好な状態に戻ります。しかし、電池の充電能力には、経年劣化が関連しているため、寿命が近づくと性能の低下を実感するでしょう。電池の持ちが悪くなり、動きが鈍くなるなど、トラブルが続発しやすくなったら買い替える時期です。劣化すると充電不良が原因で剃り残しが出て、満足な使い心地が得られません。

1-4.高機能電気シェーバーの購入がお得な時期

高機能製品が続々と登場し、よりよいものを購入したいと希望する方も増えています。買い替えのタイミングを狙う場合、安い時期を知りたいと思うことでしょう。とはいえ、飛躍的な機能向上はないため、現行機種で高機能タイプを安く買える時期がおすすめです。新機種登場直前は、現行機種のセールを行う店舗が多いため、高機能機種を購入するいいタイミングとなります。女性は、新製品情報をランキングサイトなどでチェックして購入する方も多く、比較して安いショップを選ぶのも購入費用を抑えるコツです。

1-5.電気シェーバーが壊れたら粗大ごみに出してもいい?

自治体の粗大ごみは、サイズの大きな製品を対象としており、電気シェーバーのような小さい家電は、燃えないごみとする自治体が多いです。また、小型家電リサイクル法の施行により、リサイクルボックスを公共施設などに設置し、回収を促すように推進しているところも増えています。回収した金属は貴重な資源は取り出し、再利用する方向で回収するのが目的です。従って、粗大ごみではなく、燃えないごみまたはリサイクルボックスの活用をおすすめします。

2.小型家電リサイクル法とはどのようなもの?

家電製品を気軽に捨てられなくなったのは、小型家電リサイクル法によるリサイクル回収が関連しているからです。法律にまつわる情報をご紹介します。

2-1.小型家電リサイクル法の概要や目的とは?

2013年4月に、小型家電リサイクル法は施行されました。家電製品には、希少価値のある金属が多く含まれており、再利用して有効活用する目的があります。小型家電とされるのは、電気シェーバーを始め、携帯電話・ゲーム機器・パソコン・デジタルカメラなど96品目が対象です。詳しくは、環境省のホームページより参照してください。自治体ごとに対象品目を絞っている場合もあり、電気シェーバーが小型家電に該当するかは、お住まいの地域に確認しましょう。

2-2.電気シェーバーも小型家電リサイクル法に該当する

前述で、自治体ごとに対象品目に違いがあるとご説明しました。環境省による小型家電リサイクル法では、電気シェーバーもリサイクル回収対象品目と指定しています。違う手段で廃棄しても罰則などの規定はないけれど、リサイクルを意識した捨て方は守らなければなりません。

2-3.電気シェーバーを捨てるときの注意点

リサイクル回収を意識した捨て方は、公共施設や家電量販店などに設置された回収ボックスを利用することです。一般のごみに混ぜて捨てることは避けてください。電池類は燃えるごみに入れた場合、回収時に破裂などの恐れもあります。

3.自分で電気シェーバーを廃棄するなら?

自治体の処分費用は安く、回収ボックスの設置もあることから、選ばれる方が多いです。自分で廃棄する方法をご紹介します。

3-1.自治体の回収を利用して電気シェーバーを廃棄する

自治体の燃えないごみに該当する場合、リサイクルではなく廃棄という形になります。小型家電としてリサイクルする地域とそうではない地域があり、各自治体のやり方を事前に確認することが重要です。リサイクルを推進している地域では、回収ボックスに投入する方法で廃棄となります。

3-2.電気シェーバーを自治体の回収に出す前にやるべきことは?

まず、自治体ごとに違うごみ出しのルールを確認します。燃えないごみかリサイクル回収かをチェックし、ルールに従った方法で処分をしてください。燃えないごみの場合、指定日に規定の袋に入れて出します。

3-3.自治体で電気シェーバーを廃棄するメリット・デメリット

自治体は処分費用が安いことが、最大のメリットです。燃えないごみでもごみ袋の代金だけで、回収費用の請求はありません。回収ボックスの利用も無料です。
デメリットとなるのは、ごみ出しの日が指定されてしまうことでしょう。タイミングがずれてしまう方は、なかなか捨てられずにもどかしい思いをします。回収ボックスまで運ぶのが面倒という方は、ほかの方法で処分することを考えてください。

3-4.回収ボックスに電気シェーバーを捨てるには?

公共施設・商業施設・家電量販店など、さまざまな場所に回収ボックスは設置されています。小型家電なら気軽に処分でき、捨て方も難しくありません。

3-4-1.回収ボックスについて

小型家電リサイクル法の施行を受け、自治体ごとに回収ボックスを設置しています。詳しい設置場所が知りたい方は、自治体に問い合わせてみてください。自治体が対象品目と定めてあるものだけが回収ボックスに投入でき、電気シェーバーも含まれているなら、投入口から入れるだけで回収が完了します。回収後は、定期的に収集を行い、リサイクルされるシステムとなっているのです。

3-4-2.回収ボックスは便利でもデメリットもある

回収ボックスに入れるだけでリサイクルが完了する便利さもあり、費用負担もないのがメリットです。しかし、設置場所を探し、持ち込むのが手間だと感じる方には向きません。設置場所にも限りがあり、自宅の近くにない場合もあります。

4.販売業者の下取りは利用できる?

買い替えと同時に処分する方は、下取りができないか気になることでしょう。販売店や通販業者による下取り状況を解説します。

4-1.販売店による電気シェーバーの下取りについて

下取りは、無料引き取りになるケースが多いです。下取りキャンペーンを実施していても、数百円に留(とど)まります。購入時に持ち込み、その場で引き取りとなるメリットがあるため、買い替え時の処分方法として便利です。

4-2.通販業者による電気シェーバーの下取りは期待できない

通販業者では、下取りを実施しているところはほとんどありません。下取りや無料引き取りをせず、販売価格そのものを抑えて売ることを重視しており、通販業者での購入では下取りを希望しても受けつけてもらえないでしょう。

4-3.販売業者や通販業者を利用するメリット・デメリット

販売業者の場合、下取りされたらわずかでも収益となります。処分も購入時にでき、一石二鳥の方法です。とはいえ、現金でのキャッシュバックよりポイント還元といった形式となる場合もあり、購入費用から相殺されるわけではないことも想定しておきましょう。
通販業者の場合、販売店より安く購入できるメリットがあり、浮いた費用で古い電気シェーバーの処分を考えられます。ただし、廃棄ルートは自分で考えなければなりません。

5.電気シェーバーもリサイクルできるのか?

高機能な電気シェーバーや人気機種の場合、リセールすることもできます。買い取りできる条件などを覚えておきましょう。

5-1.どんな電気シェーバーがリサイクルのニーズがある?

素肌に直接使う製品のため、衛生状態がいいものが好まれます。洗浄液で臭いや汚れを落とし、査定時にはきれいにして渡す方がいいでしょう。人気があるブランドは、ブラウンやパナソニックなどです。動作に問題がなく、機能が優れているものほど、中古ニーズも高くなっています。使用感がなるべくないものがいいでしょう。

5-2.電気シェーバーをリサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップでは、使用回数が少なく、汚れや破損がないものと限定されることが多いです。有名ブランド・高機能・人気機種などの条件がそろわない場合、買い取りが難しいでしょう。未使用品は買い取りが可能です。
リサイクルショップでの買い取りを希望するなら、まず査定を受けて買い取り価格の確認をします。希望に添う値段を提示され、納得できれば契約成立となって引き渡しです。リサイクルショップには持ち込むことが条件となっています。

5-3.自分で電気シェーバーをリセールする

ネットオークションやフリマアプリを活用し、自分でリセールすることもできます。自分でリセールする場合、使用状態・製造年・ブランド・機種番号などをわかりやすく表記し、中古であることを強調してください。出品者と落札者で感じ方が違う場合があり、落札者が商品の受け取り後にクレームをつけるケースもあります。自分で価格設定ができ、気軽に出品できるのがリセールするメリットではあるものの、トラブルが起こりやすいのもネットを使ったリセールのデメリットです。「中古品につき返品不可」など、トラブル回避のための文言を追加しておくといいでしょう。

6.電気シェーバーの処分を回収業者に依頼する場合

自分で捨てるのが面倒、リサイクルショップでも買い取りできないといわれたという場合、回収業者に処分してもらう方法もおすすめです。

6-1.電気シェーバーの回収方法

回収業者を選び、いくつかの業者から見積もりを出してもらうようにしてください。

  1. インターネットか電話で申し込み
  2. 無料見積もりを比較する
  3. 回収日時の希望を伝える
  4. 納得できる業者が見つかったら契約する
  5. 回収時に料金を支払う

上記のような流れで回収します。不明な点は、無料見積もりの際に確認しておきましょう。

6-2.電気シェーバーの回収料金はいくら?

電気シェーバーだけの回収なら、数千円の料金となります。回収業者はさまざまなものを扱っており、ほかにも処分したいものがあるなら、同時に処分を依頼するとお得です。

6-3.回収業者に電気シェーバーの処分を頼むメリットやデメリット

回収業者は、故障や破損がある製品でも回収でき、日時を指定できるメリットがあります。先にも述べたとおり、ほかにも処分したいものがある方には、一回で不用品の回収を依頼できて便利です。回収業者では、独自にリサイクルを実施している場合もあり、単なる不用品回収ではないこともメリットでしょう。
ただし、自分で運搬がいらない分、回収費用が発生することを念頭に置いてください。たくさん処分したいものがある方には、回収業者の定額パックなどの利用でお得になります。

6-4.どんな回収業者を選ぶべきか?

小型家電リサイクル法に従い、買い取りやリサイクルを実施している業者を選びましょう。リサイクルにあたり、古物商や産業廃棄物収集運搬業の許可番号が付与されているかも、きちんと確認してください。希望日に来てもらえるかもポイントです。料金体系が明確で、丁寧な接客を心がけているかも、無料見積もりや電話での対応でわかります。気持ちのいい取り引きにするためにも、必ずチェックしてください。

6-5.回収費用を抑えるコツとは?

回収業者では、価値あるものや中古ニーズがあるものは買い取りできる場合があります。電気シェーバーのほかに処分を希望するものがあるなら、買い取り査定を受けてみましょう。処分費用から買い取り金額を差し引き、回収料金を安くすることができます。電気シェーバー1点だけの回収を依頼するより、ほかのものと一緒に見積もりを受けることが、回収費用を抑えるコツです。

6-6.無料を強調する業者には注意

街頭を巡回する無料回収者には注意してください。リサイクルには、古物商や産業廃棄物収集運搬業の許可が必要だと述べました。廃品回収者は無許可営業が多く、料金もいい加減な業者が多いです。無料と強調しながら、実際は法外な料金を要求される被害も出ています。トラブル回避のため、なるべくかかわらないようにしてください。

7.電気シェーバーにかんするよくある質問

売れる電気シェーバーのポイントや、廃棄方法についてはさまざまな疑問が出てくると思います。よくある質問を集めました。リセールや処分の参考にしてください。

7-1.女性用電気シェーバーで人気があるのは?

ムダ毛処理に使われることが多いのが、女性用電気シェーバーです。人気ランキングによく登場するものは、パナソニックの「フェリエ」「サラシェ」「ソイエ」、ブラウンの「光美容器」などがあります。中古でも人気があるシリーズです。

7-2.電気シェーバーを誤った方法で捨てるとどうなる?

自治体から正しい捨て方を求められるのが、小型家電リサイクル法の対象品目です。電気シェーバーも同じく、リサイクル回収が望まれるため、誤った処分をした場合は処罰を受ける可能性があります。家電製品を燃えるごみなどに混入するのは危険です。爆発や引火といった事故も起きます。ルールを守って捨ててください。

7-3.電気シェーバーをなるべく高く買い取ってもらうためのヒントは?

購入時の付属品や保証書があると有利です。リサイクルショップやリセール時には、すべてがそろっているものが選ばれます。細かな汚れは洗浄液できれいに掃除をし、新品に近い状態で売るといいでしょう。

7-4.回収業者は電気シェーバー1つでも頼める?

回収業者では、小さなものでも、1つだけの回収でも受けています。破損して捨てにくいというものでも対応でき、付属品がなくても大丈夫です。気軽に弊社までご相談ください。

7-5.回収当日にほかに捨てたいものが出てきても対応できる?

対応可能な場合もあります。なるべく事前にお知らせください。大型製品などが追加となった場合、トラックの積載量などを考慮し、調整して伺うことができます。追加の処分品を含め、改めて見積もりを出すことになり、回収料金の再計算が必要です。

8.まとめ

いかがでしたか? 電気シェーバーの寿命は、3〜4年が目安です。燃えないごみとなる自治体もある一方、小型家電リサイクル法の対象品目にあたる電気シェーバーは、リサイクル回収が求められます。公共施設などに設置されている回収ボックスを利用し、リサイクルを積極的に行いましょう。有名ブランドや高機能な電気シェーバーは、リサイクルショップやネットでのリセールでも売ることができます。捨て方に困るものでも、価値とニーズがあるなら再販が可能です。破損・付属品がないで買い取りができない、回収ボックスまで持ち込むのが手間という方は、回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか? ほかにも捨てたいのがある場合は、まとめてお得に処分することができます。電気シェーバー1つでも、希望日時に回収できて便利です。無料見積もりなどを利用し、気軽にご相談ください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!