【保存版】ポットの捨て方を知りたい?電気ポットの処分方法を伝授!

6.ポットの処分を回収業者に依頼する場合のコツ

ポットの処分は、回収業者に依頼するととても便利です。回収方法や料金・メリットやデメリットなど詳しく解説します。

6-1.業者による回収方法を理解しよう

不要になったポットの回収にかんしては、主に業者が直接回収する方法が主流です。ポットは小さいものであるため、業者によっては宅配便で送付できるところもあります。しかし、対応している業者は少ないと考えてください。業者が直接回収する場合は、ほかの不用品を同時に回収依頼するとお得な場合もあるので検討しましょう。

6-2.ポットの回収料金はいくら必要?

業者がポットを回収する場合は、1台に付き数千円程度の回収料金が必要です。ポットは小さなものですが、業者が回収に来るためには人員も車両も手配しています。そのため、場合によっては数千円でも安いと言わざるを得ません。料金設定については、業者によっても設定が異なるため、具体的な料金については見積もりをもらって確認してください。

6-3.業者にポットの回収を依頼するメリット・デメリット

業者にポットの回収を依頼する場合は、メリットとデメリットの両方を理解しておくことも大切です。

6-3-1.メリット

  • 希望日時・場所に回収しにきてくれる(自分で運ぶ手間が無い)
  • 壊れたポットでも回収可能
  • 状態のいいポットは買い取りもしてもらえる
  • ポット以外の不用品も同時に回収してもらえる

特に忙しい人や、子育てなどで手が離せない人には、希望日時・場所での回収が可能な点が大きなメリットと言えます。

6-3-2.デメリット

  • 回収費用を支払う必要がある
  • ポットひとつだけの場合は割高に感じることもある
  • 夜間や休日は対応できない業者もある

業者に依頼する場合は、基本的に回収料金の支払いを伴います。できるだけ安くて使い勝手の良いプランを用意している業者に依頼することでデメリットを軽減しましょう。

6-4.回収業者の選び方を学ぼう

良い業者を選ぶためのポイントを確認しておきましょう。

  • ポットを含む不用品回収で豊富な実績を持っている
  • 回収料金が割安で明確である
  • 回収見積もりが無料で迅速である
  • 希望した日時と場所を指定して回収できる
  • 質問や問い合わせの対応が親切
  • 信頼できる不用品回収業者である(古物証許可などを取得している)

なお、当社でもポットの回収のご相談に乗っています。明確でリーズナブルな料金システムにも定評がありますからぜひ参考にしてください。

ダストネット東京

6-5.無料回収業者はこんな点に注意しよう

ポットを無料で回収できたらうれしいですよね。しかし、住宅街を営業車で巡回していたり電話勧誘をして来たりする業者には注意してください。ポットひとつだからと気軽に声を掛けることはやめましょう。中には、無許可の回収業者もいるほか、ポット以外のものを無理やり回収しようとすることもあります。何かとトラブルの原因になるので、利用しないでください。

7.ポットの捨て方にかんするよくある質問に回答

ポットの捨て方でよくある質問に回答します。実際に処分するときに不安を残さないためにもそれぞれ確認しておきましょう。

7-1.電気ポットの付属品を無くしてしまっても売ることはできますか?

市販品を追加購入することで対応できる場合は、売ることもできます。ただし、査定金額は低くなることは否定できません。なお、付属品が無いことで電気ポットとしての機能が十分に果たせない場合(内ぶたなど)は、売ることができない場合もあります。

7-2.ポットを捨てるときは中の水あかをキレイにするべきでしょうか?

長年使っているポットには、水あかが溜(た)まっていることがあります。処分する場合は、完全にキレイにしなくても大丈夫です。水あかは、こびり付いてしまうとなかなか落とすことができません。経年変化により変色が起きている場合もあるでしょう。処分前には、できる範囲でキレイにするだけで十分です。

7-3.破損したポットを捨てるときに気を付けることは?

ポットは、金属やガラスが使われているものも多くあります。破損したものを捨てるときにケガをしないように、新聞紙やガムテープなどを使って破損部分を保護してください。また、処分するときには「破損あり」などと書いた紙を貼っておくと親切です。

7-4.故障したポットは業者で回収後、どのように処分するのですか?

故障したポットは、業者で分解後に素材ごとに分別(ぶんべつ)してリサイクルに回します。ポットには、希少金属が使用されているため、リサイクル価値があるのです。また、人気メーカーのものは、修理用部品を取ることもあります。いずれにしても、信頼できる業者で回収したポットはきちんとリサイクルするので安心してください。

7-5.複数台のポットを処分したい場合は1台ごとに回収費用が必要ですか?

不要になったポットを複数台処分したい場合は、処分方法によって回収費用が異なります。粗大ごみ扱いの場合は、1台ごとに費用が必要なので台数分の料金を支払ってください。回収業者に依頼する場合は、お得なプランを適用できないか相談しましょう。場合によっては、詰め放題などのパックプランを利用した方がお得になることがあります。

まとめ

今回は、ポットの捨て方や処分についてあらゆる方法を詳しく解説しました。自治体によって、不燃ごみ・粗大ごみ・小型家電リサイクル法指定品目ごみなど、さまざまな扱いがあることが理解できたはずです。しかし、まだ十分に使用できるものは積極的にリサイクルを考えてみましょう。状態が良く人気ブランドのものはリサイクルショップやネットオークションなどでのリセールも考えてみてください。なお、ポットは回収業者に依頼すると何かと便利です。ポット1台だけでなく、いい機会として家中の不用品を一気に処分するのも良い方法と言えます。いずれにしても、使わないものをいつまでも持っていては仕方がありません。速やかに処分してしまいましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!