【保存版】ポットの捨て方を知りたい?電気ポットの処分方法を伝授!

4.販売業者の下取りでポットを処分しよう

買い替えのときは、下取りで処分することも検討しましょう。利用するときのメリット・デメリットなどを含め詳しく解説します。

4-1.ポットの買い替えのタイミングはいつ?

  • 破損やひどい汚れがあるとき
  • ポットの機能に不具合が出てきたとき
  • ポットの寿命を迎えたとき
  • 魅力的な新製品が出てきたとき

ポットは、修理をして使うよりも買い替えの方が安いことも多くなります。数年使用したものにかんしては、寿命が来たと考えましょう。

4-2.新機能・新製品のポットが安い時期はいつ?

ポットも次々に新機能が付き、新製品が発売になります。新生活が始まる春になると、新製品が出回ることが多いものです。そのため、最新機能のポットがほしい人は春先に購入を検討するといいでしょう。ただし、最も安くなる時期は新製品が出回る少し前の冬場です。そのほかにも、販売店の決算月やセール時期になると目玉商品として安くなることがあるのでチェックしてみましょう。なお、ひとつ前の新製品(型落ち品)は、最新のものが発売になると安くなりますよ。

4-3.販売業者の下取りにかんする基礎知識

販売店では、新製品への買い替えを促進するために古いポットの下取りサービスを行っていることがあります。新しく買い替えることを条件に、古いポットを下取りしているのです。販売店独自のサービスであるため、必ずしも全部の販売店で行っているサービスではありません。下取りサービスを利用できるかどうか、確認することが大切です。

4-4.通販業者で下取りは利用できる?

通販業者でポットの下取りを行っているところは、ほとんど存在しません。ポットにかんしては、安い価格で通販しているため、販売コストを下げるために下取りサービスなど手間の掛かることは一切していない業者も多いのです。ただし、新製品かつ高価なポットにかんしては、ごくまれに下取りサービスを行うことがあります。

4-5.販売業者の下取りに必要な手数料

販売業者の下取りは、新規購入者に向けたサービスであるため、手数料は通常掛かりません。ただし、購入する分と同じ台数まで処分可能という制限が付きます。たとえば、1台のポットを新規購入した場合は、下取りも1台だけできるといった感じですね。新規購入する台数以上のポットは、下取り不可・処分依頼も不可となることが基本となります。

4-6.販売業者の下取りにかんするメリット・デメリット

販売業者の下取りのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

4-6-1.メリット

  • 新規購入費用が安くなる
  • 処分費用が掛からない
  • 販売店で処分することで安心感がある

4-6-2.デメリット

  • 新規購入するときだけに利用できるサービスである
  • 自分で販売店にポットを持ち込む必要がある。
  • 下取りサービスを行っていない販売店では利用できない
  • 全部のポットが下取り対象とは限らない

販売店の下取りは、新規購入に対するサービスのためポットの処分だけを依頼することはできません。そのほかにも、上記のようなデメリットがあることを理解してください。

5.ポットの処分でリサイクルする場合の方法

ポットを処分する場合、まだ十分に使用できるものはリサイクルすることを考えましょう。リサイクルショップやネットオークションを利用する方法を解説します。

5-1.リサイクルできるポットについて

不用品のポットであっても、リサイクル可能なものがあります。たとえば、人気ブランド(タイガー・象印・ティファールなど)や、キレイで使用感が少ないものですね。自分が中古品として購入してもいいと思える条件が、そのままリサイクル可能なポットの条件となります。

5-2.リサイクルショップに売ろう

不要になったポットをリサイクルショップに持ち込むと、買い取ってくれることがあります。ポットの高値買い取りを実行しているところを探して依頼してみましょう。状態によっては、数百円から数千円程度で売ることも可能です。

  • メリット:中古品としてリサイクルできる・お金を手に入れることができる
  • デメリット:買い取り不可となることもある・買い取り不可でも処分を依頼できない

5-3.ネットなどでリセールしよう

人気ブランドかつ新品に近いものは、ネットオークションの利用も考えてみてください。ネットオークションサイトに会員登録をしてポットを出品し、ほしい人からの落札を待ちましょう。ポットの外観画像を数枚添付するなど、できるだけ状態を詳しく載せるのがコツです。

  • メリット:想定以上の高値落札も可能・探している人の手に渡すことができる
  • デメリット:個人間取り引きのため、クレームや入金トラブルが発生しやすい
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!