ポットの捨て方を知りたい?電気ポットの処分方法を伝授!

3.ポットを自分で捨てる場合に知っておくべきこと

ポットを自分で捨てる場合、自治体回収を利用することになります。やるべきことやメリット・デメリットについて学びましょう。回収BOXについても解説します。

3-1.自治体回収でポットを処分する場合

自治体の回収を利用してポットの処分をする場合は、自治体によって何ごみの扱いになっているのか調べましょう。小型家電リサイクルの対象品目になっているときは、回収ボックスに入れてください。リサイクル対象品目以外の場合は、自治体が指定したごみの種類(不燃ごみもしくは粗大ごみ)として扱いましょう。

3-2.自治体回収でポットを処分する場合にやるべきこと

  • 不燃ごみの場合:不燃ごみの回収日・時間に指定の方法で集荷場所に出す
  • 粗大ごみの場合:自治体の粗大ごみ受付窓口に連絡して指示に従って出す
  • 小型リサイクル法指定品目の場合:自治体が設置した回収ボックスに入れる

基本的に、どの方法であっても自分で集荷場所もしくは回収ボックスまで運搬することになります。粗大ごみ扱いの場合だけ、回収費用が数百円程度掛かるので注意しましょう。なお、粗大ごみの回収費用は、コンビニなどで「粗大ごみリサイクル券」を購入しポットに貼り付ける方法で支払います。

3-3.自治体回収でポットを処分するときのメリット・デメリット

自治体回収でポットを処分するときのメリット・デメリットについて、それぞれ確認しておきましょう。

3-3-1.メリット

  • 回収費用が安い(粗大ごみでも数百円程度)
  • 自治体回収なので信頼できる

自治体回収は、無料もしくは数百円程度の料金でポットを回収できるのが大きなメリットと言えます。

3-3-2.デメリット

  • 自分で回収場所に運ぶ必要がある
  • 粗大ごみ指定の場合は手続きが面倒
  • 小型家電リサイクル法指定の場合は回収ボックスが近くに無いことも多い

自治体回収は、料金以外の点でデメリットが多いのも事実です。

3-4.回収BOXに捨てる方法とは?

ポットが小型家電リサイクル法の対象品目になっている場合は、自治体が設置した回収BOXに入れるだけで処分可能です。自分で回収BOXの設置場所まで持っていき、直接BOXに入れましょう。特に必要な手続きはありません。また、回収費用も無料です。ただし、自治体によっては小型家電リサイクル法の対象外となる場合もあります。対象外の場合は、回収BOXの利用はできないので注意しましょう。

4.販売業者の下取りでポットを処分しよう

買い替えのときは、下取りで処分することも検討しましょう。利用するときのメリット・デメリットなどを含め詳しく解説します。

4-1.ポットの買い替えのタイミングはいつ?

  • 破損やひどい汚れがあるとき
  • ポットの機能に不具合が出てきたとき
  • ポットの寿命を迎えたとき
  • 魅力的な新製品が出てきたとき

ポットは、修理をして使うよりも買い替えの方が安いことも多くなります。数年使用したものにかんしては、寿命が来たと考えましょう。

4-2.新機能・新製品のポットが安い時期はいつ?

ポットも次々に新機能が付き、新製品が発売になります。新生活が始まる春になると、新製品が出回ることが多いものです。そのため、最新機能のポットがほしい人は春先に購入を検討するといいでしょう。ただし、最も安くなる時期は新製品が出回る少し前の冬場です。そのほかにも、販売店の決算月やセール時期になると目玉商品として安くなることがあるのでチェックしてみましょう。なお、ひとつ前の新製品(型落ち品)は、最新のものが発売になると安くなりますよ。

4-3.販売業者の下取りにかんする基礎知識

販売店では、新製品への買い替えを促進するために古いポットの下取りサービスを行っていることがあります。新しく買い替えることを条件に、古いポットを下取りしているのです。販売店独自のサービスであるため、必ずしも全部の販売店で行っているサービスではありません。下取りサービスを利用できるかどうか、確認することが大切です。

4-4.通販業者で下取りは利用できる?

通販業者でポットの下取りを行っているところは、ほとんど存在しません。ポットにかんしては、安い価格で通販しているため、販売コストを下げるために下取りサービスなど手間の掛かることは一切していない業者も多いのです。ただし、新製品かつ高価なポットにかんしては、ごくまれに下取りサービスを行うことがあります。

4-5.販売業者の下取りに必要な手数料

販売業者の下取りは、新規購入者に向けたサービスであるため、手数料は通常掛かりません。ただし、購入する分と同じ台数まで処分可能という制限が付きます。たとえば、1台のポットを新規購入した場合は、下取りも1台だけできるといった感じですね。新規購入する台数以上のポットは、下取り不可・処分依頼も不可となることが基本となります。

4-6.販売業者の下取りにかんするメリット・デメリット

販売業者の下取りのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

4-6-1.メリット

  • 新規購入費用が安くなる
  • 処分費用が掛からない
  • 販売店で処分することで安心感がある

4-6-2.デメリット

  • 新規購入するときだけに利用できるサービスである
  • 自分で販売店にポットを持ち込む必要がある。
  • 下取りサービスを行っていない販売店では利用できない
  • 全部のポットが下取り対象とは限らない

販売店の下取りは、新規購入に対するサービスのためポットの処分だけを依頼することはできません。そのほかにも、上記のようなデメリットがあることを理解してください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!