【保存版】ポットの捨て方を知りたい?電気ポットの処分方法を伝授!

「不要になったポットを処分したいけど何ごみなのかわからない」とか、「新しいポットに買い替えたいから古いものを処分したい」など、ポットの捨て方について悩んでいる人もいるはずです。そこで、ポットのさまざまな処分方法を解説しました。ごみとして捨てる以外にも、販売業者の下取りを利用する方法・リセールする方法・回収業者に依頼する方法などがあります。必ず役に立つ内容ですからじっくり読んでくださいね。

  1. ポットを捨てたい・廃棄したいとき
  2. 小型家電リサイクル法とポット
  3. ポットを自分で捨てる場合に知っておくべきこと
  4. 販売業者の下取りでポットを処分しよう
  5. ポットの処分でリサイクルする場合の方法
  6. ポットの処分を回収業者に依頼する場合のコツ
  7. ポットの捨て方にかんするよくある質問に回答

この記事を読むことで、さまざまな処分方法を理解できます。それぞれの方法のメリットやデメリットを正しく理解し、廃棄するかリサイクルやリセールに回すか、しっかり考えて最適な方法で処分してください。することが大切です。

1.ポットを捨てたい・廃棄したいとき

まずは、ポットの基本を解説します。電気ポットが今人気な理由や、寿命・ごみの種類について理解してください。

1-1.ポットとは?

ポットとは、深さのある容器全般のことです。一般的には、食料品やお湯の保管を目的としたものを意味することが多いのですが、ほかにも植物の育成用のものがあります。素材も、ガラス・プラスチック・ステンレス・陶器などバラエティーが豊かです。特に、食品保存用のポットの種類はたくさんあり、調味料などの保存用のもの・お湯の保温や沸かす機能が付いたものまで多種多様となっています。

1-2.手軽な電気ポットの人気について

電気ポットは、手軽にお湯を沸かし保温できるため、特に人気が高い電化製品です。最近では、ひとり暮らしや2人暮らし用の少ない容量の電気ポットも登場してきています。火を使わず安全性も高いのが、人気の理由のひとつでしょう。デザイン性の高い製品も多く、引き出物やプレゼントとしても需要が高まっています。

1-3.ポットの寿命はどのくらい?

一般的な電気ポットの場合、寿命は約4年から5年と考えておきましょう。毎日のように使用している場合は、もっと早くなります。特に、24時間電源を入れたままにすると寿命は早くなることは確実です。突然故障する可能性もあるでしょう。寿命はあくまでも目安と考え、不具合が出たときは買い替えを考えてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!